これからのキャリア&ビジネス書

元アマゾンのバイヤーで、現在は人気メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。「ラジオNIKKEI」でも活躍中の土井英司が、これからのキャリア&読むべきビジネス書を指南。


テーマ:

 

こんにちは、土井英司です。

 

昨日は、湯田温泉でとある交流会に参加しました。

 

「出版のコンサルタントです」と自己紹介したところ、「ああ、コンサルタント。仕入れタダのビジネスですね」と飲食店経営者に言われました。

 

ちょっとムッとしたので、「本当に良い情報は、仕入れタダじゃないですよ」と

反論しておきました(笑)。

 

土井は9月、ヨーロッパ諸都市に視察旅行に行ってきましたが、使った金額の合計は100万円を超えています。

 

ニューヨークに一年間滞在した時の費用に至っては、1000万円です。それだけのお金を投資して、世界最先端のビジネストレンドを伝えています。これに、日々読むビジネス書(こちらは金額換算で毎年150万円くらいでしょうか)、人との交際費が加算されます。セミナー、コンサルティングを一年間続けて、やっと回収できる程度です。

 

目指しているのは、ビジネス情報を通じて、長期的に日本の生産性に貢献すること。そのためには、いろんなところで仕入れた情報が人を呼び、人を通じてさらに質の高い情報が手に入る、という正のスパイラルを実現すること、これが大事だと思っています。

ちなみに、その飲食店経営者のお店を拝見しましたが、世界のトレンドからはほど遠いお店でした。「あなたこそ、食材を仕入れるだけじゃなくて、情報を仕入れたらどうですか」と毒を吐きたくなった夜でした(笑)。

 

ここまで付き合ってくださったみなさま、心から感謝いたします。
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

 

ポケモンGOによる交通事故、そして前回書いた神宮外苑の火災事故…。これら2つは、じつはデザインの問題だと思っています。

 

先日、メキシコシティに行って、「死者の日」の聖地ミスキックに行ったのですが、道中、ずっとタクシーが「ガタガタ」言うのです。

 

というのは、メキシコシティの民家のあるところは、歩行者を守るために必ず段差があるからです。

もし車が猛スピードで突っ込んでいったら、車がこすれて大変なことになるのは運転手。そして必ずスピードダウンするので、歩行者は守られることになります。

 

これは何もメキシコに限ったことではありません。フランスの郊外でもそうでした。

 

土井はフランス旅行の際、「モネの家」を見るためにパリ郊外のジヴェルニーにレンタカーで行ったのですが、パリ郊外の村には、必ず例の段差があり、スピード制限も厳しく守られています。

日本では、「なぜか」スピードの乗りそうな道路に速度計測器が付いていたり、取り締まったりしているのですが、フランスでは、大きな道路から民家のある小さな道路に移るタイミングで速度計測器が現れるのです。もちろん、村人や子どもを守るためです。

意味のない道路を作ったり、オリンピック会場や組織運営に過剰な予算を付けるぐらいなら、ぜひ道路に安全対策を施していただきたい。

 

それが、世界に冠たる首都東京が、2020年までにやるべきことだと思っています。

メキシコシティのタクシー運転手に、「日本はこういう段差がないから、この1カ月で2件、子どもが轢かれる事故があったんだよ」と伝えたところ、「信じられない」と言って悲しい顔をされました。

今の東京は、ただでさえ人口が減少する日本にあって、将来の稼ぎ手をないがしろにする、「ダメな街」です。


世界最高のインフラを誇り、それゆえに今でも世界最大の都市である東京。インフラの輸出は、これからのメインビジネスになるはずです。観光ビジネスのことを考えても、このままで良いわけがありません。

 

ただアスファルトを盛るだけで解決できること。ぜひ関係の皆様にはご検討いただきたいと思っています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。

 

ダイエット本を書かなければいかない、という切羽詰まった気持ちが、ブログの連続執筆につながっています。いわゆる逃避行動です(笑)。

 

今日のお話は、「人は自分の気分にあったものを創作する」というテーマでお伝えします。

 

10月31日、土井はメキシコシティからバスで1時間ほどの距離にある、テオティワカンに行ってきました。紀元前2世紀頃に建造されたメキシコ最大の宗教都市国家とされ、今も「太陽のピラミッド」や「月のピラミッド」などの遺跡がしっかりと残っています。

 

なかでも、「太陽のピラミッド」は、高さ65m。もともとは4層だったものを修復のミスで今は5層になっていますが、とにかく高い。ただでさえも空気が薄いのに、急な階段をハアハア言いながら登ってきました。

 

ちょうど着いたのが午前10時頃だったのですが、太陽がピラミッドの真上に上って、後光が差している状況。とても崇高な気分になりました。一説には、この角度も計算されていたもののようで、人間は神のためにここまでするんだなと、いろんな神殿を見る度に思います。

 

ここまで過剰なものを創り出してしまう原動力は何なのか。それが「畏怖」にせよ、「尊敬」にせよ、はたまた「権威の誇示」にせよ、共通するものは一つです。自分の気持ちが鎮まるところまで表現した、ということです。

 

昨日ご紹介したフリーダ・カーロの場合であれば、それは心の傷を癒やすためでしたし、テオティワカン族で言えば、神を畏れる気持ちを鎮めるためだったと考えられます。つまり、人間は「人は自分の気分にあったものを、気持ちが鎮まるところまで創作する」のです。

 

そう考えれば、作品を見て、創作者たちの「気分」を理解することができる。

 

アーティストに毀誉褒貶の激しい人が多いのは、やっぱり偶然じゃないんですね。

 

ちょうど書いて気分が鎮まったので、ダイエット本の執筆に戻ることにします(笑)。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

大好評だったTSUTAYAオンラインの特集記事

(なんと前回の特集はTOLのビジネス特集史上最高売上だったそうです)、

続編がアップされました!ぜひご覧ください。


TSUTAYAオンライン

ビジネス書のカリスマ書評家土井英司氏が語る!

ぶれるなビジネス
マン

魂に火をつける読破必須の価値ある本はこれだ!実践編

http://shop.tsutaya.co.jp/book/tokusyu/business/2nd/?ko=peade20120301

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

震災の影響で、メルマガ「ビジネスブックマラソン」が届かない!

というご連絡をたくさんいただいています。


毎日配信しているのですが、どうやら震災時にまぐまぐさんのほうで

トラブルがあったらしく、スパムメールフォルダに入ってしまうケースがあるそうです。


ご登録されている方は、ぜひチェックしてみてください。


最近紹介した『土の文明史 』はとくにおすすめですよ!


今後ともよろしくお願いいたします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。


土井の新刊、『20代で人生の年収は9割決まる』、

発売を記念して、リアル書店でも特典CDがもらえる

スペシャルキャンペーンを始めました!


数に限りがありますので、ご確認の上

ご購入ください!


なお、CDの内容は、自分ブランディングの極意を、

土井が実際の生徒さんに向けて説いたもの。


ご希望の方は、お急ぎください!


リブロ 池袋本店

紀伊國屋書店 新宿本店

丸善 丸の内本店

三省堂書店 名古屋高島屋店

ブックファースト 渋谷店

有隣堂 アトレ目黒店

ブックファースト 五反田店

有隣堂 アトレ恵比寿店

有隣堂 横浜駅西口店

文教堂書店 渋谷店

啓文堂書店 渋谷店

有隣堂 ルミネ町田店

さわや書店 フェザン店

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。


今日は、いつもご愛読頂いているみなさまに、
特別なご案内がございます。


以前から申し上げておりました、
土井の3年ぶりの新刊が、今週16日にいよいよ発売となります。


タイトルは、『20代で人生の年収は9割決まる 』。

数多くの成功者、ビジネス書から学んだ理想的な20代の過ごし方、
そこで身につけるべきビジネスセンスについて、土井がまとめました。

ちなみに、まだ予約段階なので、「どんな内容ですか?」と聞かれ
ることが多いのですが、たとえばこんな感じ。

「たくさん魚を釣ってこい」と言われたら、
「大きい池・小さい池」どっちを選ぶ?

イラスト入りでキャリアを考えるための基本コンセプトを提示し、
入社~35歳までのキャリア戦略を述べた内容です。

タイトルのせいか、「20代じゃなきゃダメ?」という質問もたくさん
受けるのですが、実際には35歳まで使える内容です。

キャリア戦略から仕事の心構え、さらには転職ノウハウ、自分の強
みの見つけ方まで、幅広く論じています。

入社から35歳までを5つのフェーズで切っているのですが、これに
それぞれ、6冊ずつおすすめ本のガイドも載っています。

計30冊のおすすめ書リストも入っているのでとってもお得な一冊です。


若手ビジネスパーソンのバイブルにして欲しいと思って作りました。 ぜひ一読いただけると幸いです!


この新刊の発売を記念して、12月13日(月)~12月17日(金)まで、
実質4日間、発売記念キャンペーンを行います。

◆アマゾンキャンペーンページ
『20代で人生の年収は9割決まる』
http://eliesbook.co.jp/20dai.html


今回は、日替わり特典ということで、
4日間なんと毎日もらえる特典が変わるという仕掛けです。


特典は、いずれも自信作ぞろいです。
とくに第3弾、第4弾は、出版関係者、普段エリエスを
ご愛顧くださっているみなさまなら「ビビッ!」と来るはずです。


ぜひ、このチャンスをお見逃しなく!


みなさまのご応募、お待ちしております!
いつもありがとうございます!


◆今すぐクリック!『20代で人生の年収は9割決まる』
アマゾンキャンペーンページ
http://eliesbook.co.jp/20dai.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、土井英司です。


今日は、ボランティアで出版がらみの某協会さんの取材を受けます。

(編集プロダクションのための業界団体だそうです)

出版業界にとって役立つ話ができれば、ということで特別に受けることにしました。


でも、ボランティアなのに、依頼書に

「エリエス・ブックス・コンサルサルティング」はひどい…。


うちは「エリエス・ブック・コンサルティング」なんですけど…。


最近は、ネットの影響か、出版関係者でも誤字脱字が著しく、

せっかく献本いただいても、「土居英二様」(正しくは土井英司です)、

などといった間違った宛名で届くことがしばしばあり、本当に興ざめです。


過去、一番ひどかったのは、出版社から来た手紙で、

「土司様」というやつ。(もはや原型をとどめていない…)


これで反応しないと、後から電話でプッシュされますから、

知らないというのは怖いことです。


「土司さん、送ったんですけど見てもらえましたか!?」

「あ、僕は土井ですけど」


みなさんも、宛名書きには十分気をつけましょう!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

『Me2.0』、紀伊國屋の在庫も厳しくなってきました。

以下が、現在在庫潤沢な店舗です。5月7日15時現在


新宿本店 潤沢

梅田本店 3冊

新宿南店 潤沢

福岡本店 潤沢

札幌本店 3冊

横浜店 2冊

渋谷店 潤沢

玉川高島屋店 潤沢

新潟店 潤沢

さいたま新都心店 潤沢

前橋店 潤沢

流山おおたかの森店 潤沢

ららぽーと横浜店 5冊

横浜みなとみらい店 1冊

ららぽーと豊洲店 潤沢

国分寺店 4冊

長崎店 1冊

久留米店 1冊

熊本光の森店 1冊

熊本はません店 3冊

大分店 1冊

ゆめタウン博多店 2冊

名古屋名鉄店 5冊

名古屋空港店 2冊

富山店 4冊

福井店 2冊

クレド岡山店 2冊

ゆめタウン広島店 2冊

高松店 3冊

丸亀店 2冊

本町店 潤沢

神戸店 1冊

川西店 1冊

堺北花田店 潤沢

大津店 4冊

大手町ビル店 潤沢

宇都宮店 3冊

浦和店 3冊

北千住マルイ店 潤沢

川越店 1冊

笹塚店 4冊

弘前店 2冊

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

『Me2.0』、紀伊國屋書店の在庫をチェックしてみたところ、

在庫があるのは以下の店舗です(5月5日8時30分現在)。

(6冊以上は「潤沢」の表記とさせていただきます)


新宿本店 潤沢

梅田本店 5冊

新宿南店 潤沢

福岡本店 潤沢

札幌本店 3冊

横浜店 4冊

渋谷店 潤沢

玉川高島屋店 潤沢

新潟店 潤沢

さいたま新都心店 潤沢

前橋店 潤沢

流山おおたかの森店 潤沢

ららぽーと横浜店 5冊

横浜みなとみらい店 1冊

ららぽーと豊洲店 潤沢

国分寺店 4冊

長崎店 1冊

久留米店 1冊

熊本光の森店 1冊

熊本はません店 3冊

大分店 1冊

ゆめタウン博多店 2冊

名古屋名鉄店 5冊

名古屋空港店 3冊

富山店 4冊

福井店 2冊

クレド岡山店 2冊

ゆめタウン広島店 2冊

高松店 3冊

丸亀店 2冊

徳島店 1冊

本町店 潤沢

神戸店 2冊

川西店 1冊

堺北花田店 潤沢

大津店 4冊

大手町ビル店 潤沢

宇都宮店 3冊

浦和店 3冊

北千住マルイ店 潤沢

川越店 1冊

笹塚店 5冊

弘前店 2冊

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)