これからのキャリア&ビジネス書

元アマゾンのカリスマバイヤーで、現在は人気メルマガ「ビジネスブックマラソン」編集長。NHKラジオ「入門ビジネス英語」の連載や「ラジオNIKKEI」でも活躍中の土井英司が、これからのキャリア&読むべきビジネス書を指南。


テーマ:

こんにちは、土井英司です。
新年、あけましておめでとうございます。

新年一発目の記事は、「バカの言うことを聞いてはいけない」
というお話をしたいと思います。

ここで言うバカとは、一体誰のことか。

それは、ズバリ「自分」です。

本当は何も知らないのに、知っていると思い込む、
優れた他人のやり方より自分のやり方が正しいと思う、
今までのやり方を改めようとしない…。

学習は、いかに自分が愚かかを知ることから始まると考えています。

では、一体誰の言うことを聞けばいいのか。

まずは、「優れた他人」。

これは愚かな自分には理解できないので、客観的な成果から判断します。
(決して生理的な好き嫌いで判断してはいけません)
ただし、優れた他人の言うことには、客観的なものと主観的なものがあるので、
なるべく客観的な情報から学ぶようにします。

そして次に学ぶべきは、「愚かな他人」です。
愚かな他人は、何をすべきでないかを教えてくれるので、
優れた他人の思い込みに比べると、よっぽどためになるのです。

ということで、優先順位をつけると、

1.優れた他人
2.愚かな他人
3.愚かな自分

の順に話を聞くべきなのですが、残念ながら人間はこの真逆をやってしまいます。

自分のやり方に従い、周囲の友人に参考意見を聞き、
優れた人の意見は後回しにする。

これを逆転させるだけで、人生は好転できると考えています。

もちろん、何をしたいか(夢・理念・志)は自分しか知らないのですが、
逆に言えば、これ以外は他人から聞くのが良い。

今年もたくさん読書をして、たくさん人の話を聞きましょう。

みなさんにとって、2016年が良い年になりますように!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

土井英司の公式ブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります