こんにちは^^

インテリアフラワー&ボックスデザイナーの松本 真寿美です~ハート

大阪 神戸でシルクフラワー&カルトナージュサロン エレガントプレイスを主宰しています。

 

今日はカルトナージュのお悩み事についていきます。

 

紙の目を見てますか?

 

 

こちらは随分前に作った3段丸箱

こちらのジュイの布がお気に入りで 一気に3段作りましたよ~

 

カーブのある箱を作る時 カートン(厚紙)を曲げなければなりません。

あの分厚い紙を曲げるのです!

まだ1mmカートンならいいのですが

2mm以上になるとかなり厳しいですね!

 

そこでカーブさせるにあたって 大切なことがあります。

 

 

紙には目があって 紙の目の方向はカーブさせにくく硬いです。

それに垂直な方向はカーブさせやすいのです。

分からない時は手で触ってみて下さい。

カーブしにくい方向とカーブさせやすい方向がありますよ。

 

これを無視してカーブさせにくい方向でカーブさせると

反りが出て来て 箱をとても組み立てにくいです!

更には クラフトテープを貼っても外れてくる場合もあります。

組み立てた箱が崩壊ってなことになっては大変!

 

カートンのカーブしやすい方向でカーブさせて

ラウンドにするのが一番いいのです。

これは作っているとよくわかることですね。

ストレスなく作業が出来るので 是非紙の目を確認しましょう~

 

先日ご紹介しましたハートボックスもそうですね。

 

 

こちらは2mmカートンを使用しているので 

カーブさせるのにちょっとした作業をしていただいています。

カーブさせて作る箱は可愛いくて 作りたい生徒様が多いです。

いきなりカーブの作品を作ると 大変過ぎてカルトナージュが嫌になったという方もいらしゃいました。

カーブの作品は直線のボックスに慣れてからがいいですよ。

 

まずは紙の目を意識して 作品を作ってみて下さいね~♪

 

 

 

 

 

カルトナージュ情報満載の

ブログランキングに参加しています♪
よろしければ応援クリックお願いします^^

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ

 

こちらも応援クリックお願いします^^

 

カルトナージュランキング

 

インスタグラムはこちら☆ 

フォロー大歓迎です♡

 

 

ブーケ26月のレッスンスケジュールはこちらから

ブーケ27月のレッスンスケジュールはこちら

 

にほんブログ村テーマ ハンドメイドのある暮らし。へ
ハンドメイドのある暮らし。

 

 

お問合せ

AD