August 20, 2012 19:43:38

輝ける皇妃エリザベート展レポ♪

テーマ:美しい人

みなさま、ご無沙汰しております(最近、ブログでの挨拶がこれ←ばかり(笑))


今年の夏も暑かったですね。。お盆を過ぎて、朝夕が少し涼しいでしょうか。


さて、8月8日から20日まで、日本橋三越本店で開催されていた、輝ける皇妃エリザベート展 


に行ってまいりましたので、備忘録の意味も込めてレポです♪。


レポされても、もう終わってて行けないよ~(涙)、とお嘆きの皆様、ご安心ください(笑)。


冬に横浜でも下記の日程で開催されます。

2013年 1月2日~1月23日
横浜そごう美術館 にて開催


今回の展覧会は、ウィーンからの出展はほとんどなく、バートイシュルや他のオーストリア地方都市に所蔵されているもの、そして個人蔵のものが多かったため、


ホーフブルグ宮殿にあるシシィミュージアムやシェーンブルン宮殿の展示物とかぶる、ということは

ありません。

そういう意味では、すでにウィーンで色々とご覧になった方も見飽きることはないと思います。


ただ、全体的に絢爛豪華というよりは、シシィが日常で使っていたものも多く、どちらかというと

濃いエリザベートファン向け、かもしれません(笑)。



私が印象に残ったものをいくつか取り上げてレポしてみます。

(展示物の写真は掲載出来ないのでご容赦ください汗


あ、でもせっかくですから、購入した作品集の本は写真を掲載しておきますね(笑)。



表表紙♪


ハプスブルグ帝国の美に魅せられて


裏表紙♪


ハプスブルグ帝国の美に魅せられて


展示品について。。。まずは、

今回の目玉、ロゼット&フィッシュマイスターが作成した8角の星の髪飾り。キラキラ


こちらは現在もハプスブルグ家の末裔に大事に引き継がれている品です。


ダイヤのカットも少し時代を感じさせる、オールドカットとローズカットが施されており、


その渋い輝きが、星の尖ったフォルムとマッチしていて、言葉では表しにくいのですが、


フランスやイタリア、イギリスの宝飾品とも違う、オーストリアっぽい雰囲気が表れています。


ロゼット&フィッシュマイスター製の髪飾りは8角で、ケッヒャート製のものは10角なのは有名


ですが、私は、8角の方が星の尖りの鋭さがより美しく、ダイヤの感じとも合っていて気に入っています。



次に、エリザベートのモノグラム、「E]がついた銀製のベルトです。


52cmという細さで作られたこのベルトは、デザインの段階からエリザベートが深く関わったとされ、


気に入ってよく身につけたと言われています。


私はこれを見たとき、あまりに重厚な作りのベルトに、決して自らが太ることを許さなかった


エリザベートの深い決意のようなものを感じて、少し物悲しくなりました(苦笑)。


こんなに、身を縛る鎖のようなものを付けなくても、もう十分過ぎるほどに美しいのに。。


美しくあることが何よりも重要だと感じていた孤独な彼女の心が垣間見える気がしました。



最後は、結婚式で使われた金細工の素晴らしい髪飾りと、シルクに銀で刺繍が施された花嫁衣裳から作られたマントです。


この金細工の髪飾りは一見の価値があります!


糸のように細く作られた金を花の形に仕上げており、これを髪に挿したら歩くたびに美しく揺れて、


それはそれは美しかったことでしょう。


また、本物の銀を使った刺繍が施された花嫁衣裳は、その輝きが素晴らしく、これらは


現代ではなかなかお目にかかることの出来ない逸品です。




他にも、エリザベートのエキセントリックな美意識を反映した、ハエの首飾りや髪飾り(笑)、


彼女のトレードマークとも言われた扇、そして信じられないほど細い作りの靴や手袋など、


エリザベートの生きた時代をリアルに感じることのできる展覧会だと思います。



個人的には、ハンガリー風のジャケットがとてもエキゾチックで美しく、


現代でも着られそうなデザインを、少し真似してみたくなりました(笑)。



お土産も、売り切れが続出するほど盛況でした。

私もいくつかゲット音譜


8角の髪飾りのレプリカ(実はブローチ兼ペンダントトップです)も、お約束としてゲット(笑)。



ハプスブルグ帝国の美に魅せられて






シシィの顔が美しかったのと、懐中時計っぽい作りがツボだったのと、


なにより、開けると中が鏡になっていたのが気に入って、手持ち鏡の代用として求めた、


シシィのソーイングセット↓。旅行のときにはソーイングセットとしても活躍しそうです。


(これは会期終盤には完売してました(涙))。

ハプスブルグ帝国の美に魅せられて


そして、シシィ展に関係ないけど(笑)置かれていて惹かれてしまった、


マリーアントワネットの名前が入った、扇とハイヒールが美しいポーチ♪。


ハプスブルグ帝国の美に魅せられて




王冠が美しいポーチも♪
ハプスブルグ帝国の美に魅せられて


あ。。。

お土産物好きなのがわかっちゃったかしら(笑)・・・



はい、存分に楽しみましたべーっだ!



また、オーストリア関連の展覧会がありましたら、こちらでご紹介いたしますね!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!!合格








PR

[PR]気になるキーワード