女性の人生をアロマでデザインする*アロマライフデザイナー* 横田 真由美

神戸・六甲・夙川発

愛される女性の人生のつくりかたをアロマセラピーでデザインする

アロマライフデザイナー・フェイシャルセラピスト美の伝道師

神戸六甲の
サロンオーナーとビューティースクールを運営をしています。

    

テーマ:
今日は誕生日です。

だんだんと年齢も重ねると誕生日を

迎える気持ちも、

人生をかみしめる気持ちになります。


人との出逢いや御縁にも素直に感謝することも
出来るようになってきました。






私の人生は

半分は生きてはいない人生でした。



町医者の家で三姉妹の長女には

人生の選択肢は2つしかありません。



働くか結婚するか


どちらかです。もちろん医者の世界で。




家族や親戚にも同じ業界の世界というのは不思議なもので、

選択肢があることすら

私は、大学にいくまで知りませんでした。





小さな頃は家の考えにひたすら反発し、

私は「できない」子供を常に演じていました。



妹は真面目だったので、わたしは

「できない」


ということで、生きる道をさがしていたのかもしれません。




でも、

「できない」を演じていても何にも得はないんです。


怒られたり、いつも比べられて、できないことを

フォーカスされていきます。



なんで、私はできないんだろう、

できない私は必要ないのかな



いつも一人でいることに安心して

誰とも関わりも持ちたくなく、日々無関心で

何かを感じることを自分で閉ざしていました。



家の外に出ても、小さな町なので歩いているだけで

近所の方から

いつも有り難うございますとか、

なにかしら声をかけられて

子供ながらにとても嫌でした。




とにかく反発し、嫌だと思いながら

一日が早く過ぎてほしい、

早く夜になって、朝になって、早く時間が過ぎれば

良いのに。




色んな旅にも連れていってもらったけれど

心がなければ

あまり感動もないもので、今思い返しても

二十歳以前の記憶はあんまりありません。




家族は愛情もあったとは思いますし

仕事も多忙で大変だったとは思うので、



今となっては

小さな頃の自分も頑張ったねと、

声をかけれるのだけれど

当時は本当に何もかも嫌でした。




大学にも本来は受験しなくても良いのに、

わざわざ進学したいという

ワガママで、単なる反発だったのですが、



たまたま本当に偶然にも、

拾ってくれる大学があって

現在は廃校になったのだけれど

アットホームであたたかいところでした。



大学にはかなり面白い先生がいて

文化人類学の

曽野綾子さんの息子さんでもある

三浦太郎先生が、ゼミ旅行にいく生徒を募集していて

何故か日本を出てみたくて、全く面識もなかったのに、

ゼミに入ることになって、トルコに14日ほど旅をしました。




人生を変えたのは本当にこの旅だと思います。



トルコには、小さな子供でも働いて日本人に

物を売ったり、治安も良くない場所もあります。


でも、みんな明るい笑顔に人懐こい声をかけてくれて

何千年も前から存在する場所でもあり、歴史も感じます。


夜明け前にはコーランの声もして

異国には私を知る人は誰もいない



私は自分で『自分を信じる』しか

生きる道はなく、

自己肯定のみだけがいきる道なんだ

と、思えばおもうほど


世界は実は明るくて、きっと何かを感じれば

生きていることも喜びになるのかもしれない。




とても単純なことが、静かに

そして


新しく自分の中に感情として溢れてきて



人間の力とはすごいもので、、


帰国してからは、本を初めて読んだり、勉強というものを

初めてすることになり



ほとんどFだった成績がAかBになり!

東大名誉教授でもあり、

国際美学哲学センター長でもあった

故今道 友信先生の哲学で

Aをもらえたのは本当に嬉しかった。




そして、

なんと大学院まで進学することになって、、

人生とは出会いで変わるものなんだなあと

不思議に思います。






私は、女性として生誕し

自分を自分で認められなくて、

当然世間にも受け入れられずに

社会からも認められないという

立場や心も実体験から理解できるし、


女性が生きやすい社会に

することを実現していきたい!と、


切に願い



大学院では、女性修道会の創始者について研究し、



就職してからは美容の世界で女性の美について

アロマセラピーでは、女性らしさや

人生に寄り添えるアロマセラピーについて

そして出産にもアロマセラピーを寄り添わせて


より女性にとっての生きやすい社会を

創ることが夢です。



どうやっても認めてもらえなかった

かつての自分が居たことを知っているから

できることもある。









女性らしい働き方や生き方、夢の叶え方


人生には出逢いで変わるものがあり、

出逢いが人生を変えます。



日々、よき出会いに恵まれていることを、


誕生日に

本当に感謝いたします。



まだまだ、私の考える社会には遠く

私の力もまだまだ小さいです。



応援をもらえる自分になれているのかについても

自問しながら、日々精進ですね。



でも、楽しみながら

私の失った20年はもう何千倍以上のギフトになって

戻ってきました。




これからの人生は

自分の経験を

社会に還元していきます!




いつも本当にありがとうございます!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
昨日は久しぶりに芦屋カフェ活という

交流会に参加いたしました。



新年でもあり、主催の永里さんにはコンサルをお願いしていたお世話になっている方ということと、、

講師のママントレ代表須澤 美佳さんが友人でもあるのでしっかりお話を聞いてきました。


カフェ活はこれから起業したいと考えている方や

起業もしくは経営しながら迷ったり方向性や打開したいなと考える方には


異業種や視点の違う見方を知ることで、新しい観点が生まれるような

交流会です。



起業にまつわる失敗談や

女性の働き方や時間の使い方、人生のライフサイクルなど



それぞれに仕事のあり方はあると思うけれど、、、


女性にとっての仕事の在り方は男性の仕事とは大きく違っていて


もし結婚出産を望んでいれば、キャリアをある程度犠牲にせざるを得なくなって

いるという現実はあります。


結婚してもバリバリ定年まで勤め上げる人や会社を大きくさせる人もいますが





大多数の方は、時間の使い方や、子供を産むか産まないか、何人育てるか


女性だけが時間的な負担や労力を担わなければならないという


社会的な責任があるのではないかという幻想に惑わされます。




ほんとにそれって現実?


と私は思います。




仕事も経営も人生もすべて同じで


生き方だと思うのですよね。



結婚して子供を産んで主婦の人生


結婚せずに仕事のみで生きる



結婚して子供を産んで仕事をして主婦も楽しんで、会社を大きくする。




ある意味男性よりは人生の幅が広く、

何よりも経験値が高める環境があるのが女性の人生なのです。




経営というのはこの頃のビジネスは短期型ですけれども、

経験値の差が大きく経営には左右される事柄です。



メンタル面や事業計画などもはじめてよりは何回も経験することで


できることも視野も広がります。



女性にとって人間を育てる、子育てするということはどんな事業よりも


誰も変わりのない必要な時間で、そして人材を社会に送り出せるという必要な仕事です。



孟母三遷というように


何事も環境、そして母の力は強し。




別に仕事をしないで子育てしておくべき、とは思いません。


今はネットもあるし在宅でも十分仕事はできますしね。


子育てもいつまでもあるわけではなく、ある一定の時間だけが親としての

役割があるのかなと思うと


自分で何かできる力を高めておくことは必要なこと。



子育て期に学びを深めて、子供が巣立ってからでも起業なり会社の規模を

大きくすることはいつでもできます。



何か焦ってやりはじめることほど、失敗するものです。


人生をどう生きるかというのは、会社経営にも通じるわけで


この頃は「想い」をいかに持つかという時代になったのかな、、、


なんて思います。




今年はセラピストさんとの時間を大切にしていきたいな。


セラピスト向けセミナーとして
養成講座もどんどんはじまりますので、ぜひ学びの時間にしてみてくださいね。











イベント

里山サロンを2月オープン予定です。
代替療法の道場としてやホリステイックヒィーリングサロンにしますよ!



アロマセラピー講座


アロマライフデザインメニュー
アロマライフデザイン
アロマ空間デザイン


セラピスト向けセミナー

**日本マタニティセラピスト協会認定本部講座**
1月18日 神戸・岡本開催(全4時間) マタニティセルフケアアドバイザー体験講座 ⇒お申し込みはこちらから
1月22日神戸明石・2月5日大阪開催(全4時間)マタニティセルフケアアドバイザー講座 ⇒お申し込みはこちらから



お問い合わせ
お問い合わせはこちらから
講演依頼や執筆依頼、セミナー、プライベートカウンセリング&セラピストのための個別カウンセリングも受け付けております



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事初めの本日は

お仕事というものではありませんが、、

新卒での就職先としてアロマセラピストに

なりたい!という方のご相談を受けておりました。






学生さんなので、華やかな雰囲気や

なんとなく憧れているだけなのかなとも

思いきや、、



中学生の頃からアロマセラピーについては

知っていて、誰かのための癒しをしてみたい

というイメージでお話ししてくれました。



なんて真摯で素直な想いなんだろう!!


そしてアロマセラピーを選んでいるということにもかなり驚きましたし、嬉しくもありました。



そういえば私がアロマセラピーという言葉に出会ったのも

15年ほど前のことですし、

アロマセラピーという言葉が日本でも

知られるようになったり、

店頭でも簡単に手に取れるようになっているわけですものね。

中学生ぐらいからアロマセラピーというものは身近にはあるよねそりゃ。




そして、もう世間では新卒としてアロマセラピーという選択肢がありなのかなと思うと

仕事としてもこれからは手に職として

益々求められていくのでしょうかね。



とはいえ、、


アロマセラピー、エステ、ネイル、など色々ありますが美容業界



特に、人に触れる仕事というものは

華やかに見えるかもしれませんが、ごくごく

地味でとんでもなく根性のいる仕事です。



基本的には受動的な仕事ですし、技術はすぐには身に付きません。



お客様や
クライアントさんの心をどうやって受け止めていくかということ

小さな機微を感じる事が出来なければ

仕事にすらなりません。



トリートメントをして疲れているところなどを

触れることで感じて、

流していけたり、

解せたり、

身体からの見えないメッセージを本人の言葉から以外でも読み取らなくてはいけません。




いつも不思議そうに

サロンのお客様から

「どうして凝りがわかるんですか?」

と聞かれます。





『みえるから』

というと不可思議な答えなのですが


触れる経験を積み重ねることで、感じる事ができる手になったから

というのが正しいと思います。



身体や心の凝りや不調は

筋肉や皮膚の動きや流れが滞っていたり

必ず歪みとなって現れていて


触れなくてもわかることもありますし、

触れることで心まで読めるときもあります。



セラピストは想像力

ともいえるので、いかにクライアントさんに

寄り添えるかも必要な要素かな



これからアロマセラピーを入り口に

セラピストになりたいという学生さんの支援ができること
本当に新年の最初に

熱い熱い想いやお話が聞けまして

じんわり火が灯るような感じで
心があたたかくなりました!




私のサロンでは、さすがに残念ながら
まだまだ新卒を雇える余力はないので、講座としてお伝えしながら就職先をご紹介していく形になりますが、、、

私なりに新卒生を受け入れていくこともひとつの目標にしよう。


来週からアロマセラピー検定に向けて講座を開講していきますので

私もまた学びな時間になりそうです!





イベント

里山サロンを2月オープン予定です。
代替療法の道場としてやホリステイックヒィーリングサロンにしますよ!



アロマセラピー講座


アロマライフデザインメニュー
アロマライフデザイン
アロマ空間デザイン


セラピスト向けセミナー

**日本マタニティセラピスト協会認定本部講座**
1月18日 神戸・岡本開催(全4時間) マタニティセルフケアアドバイザー体験講座 ⇒お申し込みはこちらから
1月22日神戸明石・2月5日大阪開催(全4時間)マタニティセルフケアアドバイザー講座 ⇒お申し込みはこちらから



お問い合わせ
お問い合わせはこちらから
講演依頼や執筆依頼、セミナー、プライベートカウンセリング&セラピストのための個別カウンセリングも受け付けております



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。