法人・個人事業主の方にはどんなETCカードが

おすすめなんでしょうか?

日本には、有料道路というものが、
実に沢山ありますね。

まぁ、道の安全や、道路の維持管理をしてもらうために
料金を払っているということですから、

それには感謝しなければいけませんけれど、

頻繁に使うとなると、
かなり、かなり、
バカにできない料金になりますよね。


しかも、従業員は、
「経費だから」ということで、

それをあまり気にしないかもしれませんが、

それを管理する側にとっては、
かなりおおきな問題になり得ますね。


例えば、ETCカードが無いと、
第一、割引が効きません。


現金支払いでは、基本的に
ETC割引が効かないのですね。


だから、割引の適用を受けるためにも、

法人、企業、
あるいは、個人事業主の方にとっては、
特にETCカードが必要となります。

でも、ほとんどの場合、

クレジットカードのおまけについてくる程度の
ETCカードなので、

クレジットカードの審査に通らなければ、
ETCカードを作成できません。


しかも、

クレジットカード付帯のETCカードの場合、
大元のクレジットカードの期限が切れていると、

ETCカードがゲートを通ることができず、
ゲートが開かずに、
後続車に追突される、ということも有りえます。


このように、

クレジットカードに付帯のETCカードって、

色々とワナがあるんですよね。

クレジットカードの審査に通るには、
こちらの年収やら、
家族構成やら、

個人的なあれこれあれこれを
沢山聞かれて、

それを白状しないといけません。


もちろん、答えなくてもいいですが、

答えなかったら、

カードは発行してくれませんね。


しかも、

立ち上げたばかりの法人の場合、

クレジットカードをかなりの確率で

発行してくれないんですよね。


となると、
それに付随していうETCカードも
発行してくれないということになり、


会社の大事な大事な現金を、
建て替えであっても、いきなり
使わないといけません。


それに、年会費がやたらに高いカードもあります。


年会費が高くても、
高い年会費にみあうサービスを
得られるなんてのは、

稀なんですよね。


クレジットカード会社が儲かっているのは、

そういうところにあります。


しかも、カードが無かったら、
誰が、一体どこでいくら使ったか、というのを、

いちいち書き留めて、管理していかなけれなりません。


ETCカードとして、
月一でまとめて、
リストになってくれれば、

それほど便利なことはありません。

ただ、マイレージの登録についてなど、

気をつけなければいけないこともあるので、

そのあたりを、このブログにて解説していきたいと思います。


是非ご期待くださいね。

AD