2005-04-01 17:02:56

月配列

テーマ:タイピング
「歴史」内でさらっと触れたものの今私が愛用している「月配列」についての解説が曖昧なので、もう一度どういった配列なのかをしつこいほどに押し付けようかと思います。

現在多くの人に使われている配列であるqwertyとjisかなですが、それぞれやはり長所と短所があります。
qwertyは、歴史の中でも触れたように、三段に収まっていて(一番上の数字の段を使わない)、指の動く範囲が狭いので楽に打てます。また、主に使うキーが少ないので、指や頭で覚えるのが比較的簡単だといえるでしょう。あと一つ利点として挙げられるのは、英語によって打つので、英字との切り替えでは他のカナ系配列に勝るといえるでしょう。数字も一緒に打てるのもそうですかね。
その反面、かな文字一つ押すのに二打かかる(たとえば「き」を「k,i」とするなど)ものがあるので打鍵数が㌧でしまうこと、また日本語用に考えられた配列ではないため、多少(ホームポジションでは)無理な運指も出てきます。なのでタイピングをやる人はよく聞くことになる「最適化」なるものが生まれるわけです。
一方jisかなは、一つ文字を打つと一つのカナが出てくるため、英字系配列に比べて打鍵数が㌧でもなく減ります。
しかし、最上段を使う(数字、記号を犠牲にしてまで!)ので指がありえないほど忙しく動きます。また配列自体も、よく使う文字が遠くに(個人的には、「ー」が一番端にあるのがめちゃくちゃ大変でした)あったりシフトを多用したり、何か考えてこの配列が出来たのかどうか疑問です。
まあ配列に一長一短というのはつき物ですが、それがうまく解決されたのがこの「月配列」です。
まず数字記号以外の文字を最上段以外の三段に収めます。しかしそれだと全てのキーを使ったとしてもかな文字を全て入れることはできません。親指シフト系のそれを親指に持ってきたりしていますが、これを解決するためのシフトは、かなり多用することになるので、親指にそれを当てるというのは他の指と構造が違うものにとって負担となりうると思います。
そこで月は、そのシフトの役割を「器用に動く」「最も長い」として中指に、そしてその中指が担うなかでも一番打ちやすいホームポジションの位置である「d」と「k」に置いたわけです。
そして、そのシフトキー以外のキーにはよく使うかな文字を、シフト+逆手のキーで、他の使わないキーを割り当てることによって省打鍵数、領域削減を実現したのです。
しかしこのシフト、小指で使う「押しながら」とは一味違います。プリフィクスなのです。
なんじゃそりゃ?という人はこちらを見てからだと幸せになれるかもしれません。
普通のシフトは押しながらですが、このプリフィクスシフトは、一回押して離したら「シフトしている状態」になるのです。で、そのあとに逆のキーを押したらシフトつきの文字が打たれて「シフト状態解除」となるわけです。たとえば、eの位置のシフトでは「ほ」が割り当てられていますが、それを打つためには、「ke」と入力すればいいわけです。何かに似てないか?
そう、これはまるでローマ字入力と似た感覚なのです。考え方を変えれば、子音のキーは全てシフト、「け」を打つためには、まずkを打ち、「カ行」という「シフト状態」になり、eを打つことによって「シフト状態解除」ということにもなるわけです。
考え方は多少複雑ですが、普段ローマ字うちをしている人は、考えずともそういう風に打っているのです。そしてその感覚がちゃんと身についているからこそそうやって打てるわけです。
つまりどういうことかというと、「よりローマ字打ちに近い感覚でカナが打てる」ということになります。なので、今までローマで培った技術が無駄にならないということです。乗り換えるのが比較的楽になっているということです。
昔ある人にも言われたのですが、一つ疑問が生じるはず。「一打、たまに二打使うということは、打鍵数はローマ字とあまり変わらないのでは?」と。
先ほど述べたように、月配列は「よく使うキーを一打、あまり頻繁に使わないキーを二打」としています。つまりこれで省打鍵数が実現するかしないかは、日本語において使われるかな文字がいかに偏っているかにかかっているのです。
どれだけ偏っているかを独自調査しました。(ここより↑にある文章を元に統計)
濁点半濁点一文字として、目立って多い順に、゛(全体の10.9%)、か(6.3%)、い(5.6%)、て(5.3%)、し(4.8%)、と(4.4%)、う(4.3%)、という結果になりました。
この七文字だけで、全体の41.6%も占めるのです。(ただしサンプルの正確性は保証しません。)
まあいかに日本語が偏ってひらがなを使っているかがわかればいいんですがね。実際、ある統計だとローマ字の74%にまで打鍵数を抑えたという情報もあります。
他にも、打ちにくい組み合わせ(たとえばzwやxqのようなもの)を減らしたり、一般的に下段より中段、上段のほうが打ちやすいといわれているので、その二段のほうが使用率が高いように作られていたり、利き手ではない左手は少なく、右手は多く使用するように作られていたりと、細かい打ちやすさにも考慮されていてとても打ちやすいです。
何よりもこんな長文を打っていてもちっとも疲れない!これはブロガーも注目です。ぜひおためしを!

これだけ書いたものの、こんなことはこことかこことか見ればもっと分かりやすくて簡潔な説明があるんだけどね…。まあ自分なりにまとめてみたかったわけです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-01 12:55:35

うはwwwwww題名変わったwwwww

テーマ:雑多
「月配列」と「タイピング」と「P」が同居するようにと考えて変えてみたが…やっぱりセンス悪いorz
しかしリニューアルしたあと自分のところ含めいろいろ見てみたけど、文字かぶったりなんだりで見にくいなあ。
しかしかすけーでぃんぐすたいるしーとがこっち側で編集できるってことは、それらは自己責任ってことすか?うちは何となくうまくいってるからいいけど…。
私の記事「歴史」においてqwerty配列の解説が事実と異なる表現が使われていたということで訂正いたします。このポンコツ野郎はよく調べもしないで記事を書くからこんなことになるのですorz
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-30 17:17:24

ちと思った。

テーマ:雑多
ブログ著者側に何かツールみたいのあればいいんでないか?
ローカルで編集、プレビューができて、必要最低限のデータを送信するみたいな。いちいちフォーム出すよりも負担軽くなりそうな気もしなくもないし。わからんけど。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-30 17:09:05

googleのトップが変わっておりますぜ

テーマ:雑多
ゴッホ風だとさ。誰書いたんだろ…。
あと四時間で停止アワワアワワ(((( ;゜Д゜)))
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-30 11:16:00

14人

テーマ:雑多
初日にして訪問者数14人とは多いと見るか少ないと見るか…
しかしそれよりも気になるのが、こんなくそブログよりも日の目を浴びていないブログが全体の半数であるということ。
あるいはあまりにも、、なものは今回のリニューアルで削除とか…ひえぇ。うちだwww
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-30 02:59:21

ブログとタイピングの相関関係

テーマ:タイピング
ブログを書いてて気付いた。これはいい練習になる!
というのも、今まではタイピングソフトばっかりで練習していたのが、これだけ大量の文章を自分で構築するというのがいろいろな意味でタイピングの技術に(なぜか)生きてきたということである。
タイピングゲームで重視されるのは、種類にもよるが、反射神経と文章を先へ先へと読む能力、そして見た文章を素直に指に伝える能力。他にもあるだろうが、これが主なところだろう。
しかるにブログのように、くだらないことでも自分の文章を打つということは、頭で文章を構築しながらそれを指に伝えるという、似て非なるものである。目から来る情報を処理するということと、脳からという部分が違う。
今までこの二つはまったく相関関係がないように思っていたが、今日昨日とあれっぽっちの文章を書いただけで、その後バトタイプに行ったときに妙に好タイムが出た。自分の感覚的に明らかに関係があるとしか思えない。
今までは上記のようなタイピングソフトでがむしゃらに練習していたが、それもそろそろ機が熟してきて、違う練習をしたほうが効率がいい時期になってきたということか。
思うに、特に影響するものや原因はなくても、タイピングによって今までと違うことをするというのが刺激になったことによるのだろうか。
しかし決してこればっかりやればいいというわけでもないだろう。もしも相互に関係しているとなったら逆もまた然り、自分で文章を組み立てることばかりやっていてもタイピングが速くなるということにはつながらないだろう。今ブログによって急激に成長したのも、単なる練習量の偏りを示すものであって、決してこれを新しい練習法としても成功はしないだろう。
…そもそもただの偶然かもということも、、、、
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-29 22:57:20

歴史

テーマ:タイピング
現在使っている配列を使うまでの推移。
やっぱり最初はqewrtyでした。そりゃ、パソコン始めたてでいきなりnicolaだの何だの使っている人がいたらお目にかかりたい。それに現在出回っているタイピングソフトの大半はqweだし。キー印刻がそれだというのも標準にする要因でしょう。
そうやって練習しているうちに、ふと自分が使っている配列はどういう配列なのか気になって調べたところ、打ちにい配列だとかで、配列自身についてはあまり好ましい評価を聞かないじゃないですか。
それもそのはず、タイプライターを使っていた頃、現在のように高速タッチタイプだのホームポジションだのという概念がなかったので、配列の分かりやすさがイコール打つ速さでした。
当時のタイプライターは、あまり速く打ちすぎるとハンマーが絡まって故障してしまうような代物だったらしいです。
なので、この一見してabc...とはかけ離れて、キーを捜すのに時間がかかるような配列にしたそうな。
この配列が出来たときは、現在のように高速に打たれることを想定していないので、タッチタイプするにはいささか非効率的になったというわけです。
わざわざ非効率的な配列を速く打とうだなんてばかばかしいと思ったので、次に目に付いたdvorak配列というものに手を出しました。
この配列はqweとは違い、母音を左手に、子音を右手に集中させることによって、右→左という流れを作り、指の動きが左右交互になる機会を増やすことを目的とした配列です。
その理念についてはまた賛否両論ですが、とりあえずqweとは違い、今の高速タッチタイプを念頭において作られた配列であって、その効率は格段に上がっています。
しかし程なくそれも断念。そもそもdvorakは、英語用に作られた配列であって、日本語でも左右交互打鍵が増えることはただの偶然で、なかには打ちにくい組み合わせもあるとか。
じゃあってんで日本語に特化した配列はないものか。ここでまだ出てきてないjisかなですが、あんなものは元より眼中にはないです。最上段やシフトを多用し、非常に煩雑です。
なんかいい配列はないものか。なんかいい配列は…
ぬお!これはいい!かなが三段に収まっている。今以上に特殊な指使い(シフト等)はすることがない。同じ文章を打つ場合、qweよりも少ない打鍵ですむ。なんというか、いいとこどりじゃないか!
…てな感じで今にいたるわけです。速さとしては、TWのレベルで、qweは総合SSどまりですが、月配列は総合XIというところまでこぎつけました。そしてこの配列はあまり使っている人がいないので布教中です!ぜひ立ち寄って少しでも興味がある方はぜひおためしを。
……ああ文章めちゃくちゃorz

後述

線が引いてある部分は非常に信頼性が薄い情報です。
これらはdvorakさん他が流したデマだそうです。
たとえばその説では、連続して叩かれるキーを離す事によってハンマーを絡まるのを防ぐということですが、実際一番英語でよく使われる組み合わせであるthやその次によく使うerやreはくっついています。ここからしても上記の情報は信頼性が薄いということです。
まあどっちにしろ私は英語のために作られた英字による英文のための配列には興味がないんですけど。だからといって信頼性の薄い情報を流したことをお詫びします。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-29 17:20:14

難しい…

テーマ:雑多
文章まとめるのって難しいなあ。何だかんだ考えてるうちにびびって投稿のボタンを押せなくなる。
それだけかよ!はいそれだけです。
うーん、とりあえず他の人の書いた文章でもかじりつくように読んでいこうかな…
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-29 00:58:42

というわけで開設しました。

テーマ:雑多
Pのページの管理人がタイピングなどの話題をつづるブログです。コメントとかじゃんじゃん付けちゃってください。



いつ閉鎖するかな!ww
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。