2007-03-27 12:52:48

人を呪わば穴二つ

テーマ:雑多
何かいい言葉ですね。
「穴」と言っているところがいいですね。「墓穴」とはっきり言うと、興醒めしてしまうでしょう。
「凄惨な死をむかえるぞ!」とかではなく、「穴が開きますよ」なのも、つつましやかでいいですね。
まるで悪魔が乗りうつったような、映画「シャイニング」のジャック・トランス風の顔付きで、ひたすらシャベルを動かす人。
何かに気付いたように、後ろを振り返る。自分が掘っていた穴と同じ形の穴が開いている。彼の表情は見えない。
みたいな。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-17 20:11:08

動物感覚

テーマ:雑多
 この間、動物感覚(テンプル・グランディン著)という本を読みました。
 その中に、こんなようなことが書いてありました。

「動物は痛みを感じるのか。もし感じていないとしたら、生存が厳しくなるので、感じているというのが大方の見回だ。
 では、どのくらい痛みを感じているのか。
 人間の病気に、痛すぎて動けなくなるくらい、痛みが増幅されて感じられるというものがある。
 それは、前頭葉を切り取ることで治る。
 切り取った患者に、痛みを感じているのかと聞くと、感じていると答える。ただ、その痛みが気にならなくなるのだと言う。
 同じ行為をして、同じだけの痛みが伝わってくるのに、それが気にならない。動物の痛みの感じ方は、こういう位置にあるのではないかと思う」

 今手元にこの本がないので、うろ覚えですが。前頭葉じゃなかったかもしれないです。そもそも、脳を切り取るだなんて荒療治、許されるのかというところに、フォローがあったような気もします。でも、とにかくこんな感じでした。
 私は、今まで何度となく、この疑問をこねくり回していたので、「こういう答えもあるのか」と心にしみ入りました。もちろん、こんな単純な答えではすまないのかもしれませんが。

 それよりずっと前に、おそろしくてめったに見ない、自分の過去に書いたブログ記事を読みなおす、ということをしました。
 思い返すのもおそろしいので一言で言うと、痛々しくて見ていられないわけです。
 剣山ってあるじゃないですか。あれを踏むと、何とも言えない気持ち良さがありますよね。
 そんな心持ちで、「痛いんじゃないかな、痛いんじゃないかな」と思いつつも、踏んでしまいます。そのたび、足の裏は血だらけです。剣が少ないと、そういうことになります。
 それが、前回のは、さほど痛くなかったのです。血は相変わらずドバドバ出ていますが。
 何か神がかった奇跡が起きたのか、誰かに前頭葉を勝手に切り取られたか、少し私の物の見方が変わったのか、そのどれかだと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-03-03 22:00:08

時空間的著作権

テーマ:雑多
 今の自分と昔の自分は、同じ人でしょうか?
 法律上は、昔自分が作ったものは、とりあえず死ぬまでは自分のものですが、それでいいのでしょうか?
 「確かにあれはxxxさんが作ったものだが、往年のxxxさんがそれを持つにあたいするとは思えない」の、xxxに入る名前は、一人や二人、いないでしょうか。
 若い頃のあの人は、とても精力的で、魅力があった。それがにじみ出ていて、あれはとても良い作品だ。
 ひるがえって、今のあの人ときたら。時間と世間とその他の薄ぎたないあれやこれやで、だめになってしまった。しぼりかすとしか言いようがない。惰性で生きているとしか思えない。まるで……別人だ。
 そうでしょうそうでしょう、まるで別人、いいこと言いました。それは、本当に、ある意味で別人なのかもしれません。
 なので、それを作り終わった前後十年間に、その作品の所有権を与えるというのはどうでしょう。

 何言ってんでしょうね。後はともかく、十年前に所有権を与えるなんて、どうやるんでしょうね。極端な例を出してから論を進めるのは、反則だと思います。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。