ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

性格が破綻しているが、『童話』が大好きなんじゃ。

時代が変われ捉え方が変わる。

時代が違えば最善の方法も変わる。

 

 

うさぎとかめ

 

 

あるところにかめの3兄弟が仲良く暮らしていました。

 

三男のかめ三郎のおはなし。

 

かめ三郎は地方の普通の会社員。

かめ太みたいに貯金が得意ではありませんでした。

かめ次郎のように要領が良いわけでもありませんでした。

でもかめ三郎には『夢』がありました。

 

兄のかめ太とかめ次郎が不動産を始めたのを見て、

うらやましく思っていました。

 

しかし、かめ三郎は借金が大嫌いです。

でも、コツコツ働くのは大好きなかめ三郎

どうせなら、お金をもらいながら勉強しよう!!!

2015年。

かめ三郎は巣穴全般を取り扱う工務店に転職しました。

 

実家から通い、生活費を切り詰めます。

給料は殆ど全額貯金しながら腕を磨きました。

 

二年後。

実家の近くの巣穴が売りに出ました。

 

相続で空き巣穴になっていた物件で、

破格の値段で売りに出ました。

かめ三郎は、チャンスを逃さず購入しました。

残置物込で200万円で購入しました。

 

しばらくの間、仕事が終わるとその巣穴に籠り、

コツコツと修繕しました。

残置物は、使えそうなものは綺麗にして、

メルカリで売りに出しました。

 

仕事で仲良くなった友達が手伝いに来てくれることもありました。

まだまだ未熟なかめ三郎ですが、

半年かけて納得のいく仕上がりになりました。

 

自分で住もうかどうしようか迷っていましたが、

ご近所さんの子供が結婚して戻ってくるから

貸してほしいという話があり、貸すことにしました。

 

購入価格は200万円。

修繕費用は100万円。

残置物は全部で20万円くらいでメルカリで売れました。

家賃は7万円。

 

かめ三郎とてもうれしい気持ちになりました。

 

使われていなかった家綺麗になって

新しい住人が新しい生活を始める

使われていなかったモノが、綺麗になって、新しい持ち主の所で使われる。

 

こんな楽しいことはありません。

 

AD

コメント(6)