ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

性格が破綻しているが、『童話』が大好きなんじゃ。

物事を見るとき、色々な角度での見方がある。

見方が違えば味方も変わる。

 

前回までのお話はこちら

 

うさぎとかめ

 

2016年

う三郎とスカンクさんは、駆け抜けました

スカンクさんはさんため契約に応じてくれる売主さんを探し、

銀行を開拓します。

う三郎は、融資と巣穴がセットの契約に乗り、

毎月2巣穴以上のペースで契約しました。

巣穴を見に行ったりはしません。

数字上で収支が合えば買い進めるだけです。

 

1年間で30億円ほどの融資を引くことに成功し、

現金も1億円ほど手元に残りました。

毎月の家賃に対して返済比率は90%近くありますが、

赤字にはなりません。

スーパーの利益率と比べるとそれでも高いくらいです。

薄利多売商法です。

規模の拡大がすべてを解決してくれます。

 

2017年

年初から昨年のように物件を買い進めましたが、

6月くらいに風向きが変わり始めました。

スカンクさんが銀行に物件を持って行っても、

なかなか融資が通らなくなってきたのです。

 

しかし、う三郎は30法人で50億借り入れ

当初の目標は達成していました。

う三郎は自分の運の良さを祝福したい気持ちでいっぱいです。

銀行の融資が締まる前に、

たくさんの借り入れをすることが出来たんですから。

 

・・・。

しばらくして、税務署の調査が入りました。

スカンクさん。

さんため契約だけならまだしも、

契約書を複数枚用意する2重契約をしていたようです。

う三郎の物件の取引でも、その契約がたくさんあるそうです・・・。

投資は自己責任。

 

たくさん契約していたので、

正直ハンコを押すのは機械的な作業でした。

押したような気もします。

 

しょうがない。

 

事故責任も自己責任です。

 

税務署の人からは、虚偽申告で物件を購入しているので、

銀行からは一括返済を迫られる可能性もありますよ。

と、言われました。

 

自分が思っていたよりも大事になりそうです・・・。

う三郎は、急いで現金を換金しやすい宝石に変えて隠しました。

 

自己破産しても、責任を取っても。

時間の経過である程度まで復活できます。

 

事故責任自己責任で償って、

時効責任の期間を終えたとき。

復活する資金があれば良いだけです。

 

う三郎は腹を括りました。

 

なるようになるさ!!

 

将来大動物になる自分にとって、大したことじゃないさ。

 

『ちょっとルートが変更になるだけさ・・・』

 

う三郎は小さく呟きました。

 

 

今日はこれから建築中の小松の新築アパートを見に行くんじゃ!

ワシはルートを間違えたくない・・・。

明日は金沢でセミナー参加。

童話が好きと言ってくれたポールさんと会うので2日連続更新なんじゃ!!

決して、セミナー参加したときにブログの順位が上の方が良いから更新したわけではないんじゃ!!

かめ三郎の話で『うさぎとかめ』は終わりなんじゃ。

更新時間もいつもの時間に戻すんじゃ!!

来月のゼンチンあたりに向けて公開しよ・・・・。。。

最後まで読みたい人がいればポチしてほしいんじゃ!!!

 

AD

コメント(8)