えんためが大事

テーマ:

ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

大学時代が懐かしい。

今より40キロ瘦せていたんじゃ。

性格は破綻しているが、

大学がとにかく楽しくて楽しくて仕方が無かった

入学して1カ月位すると新歓合宿というのがある。

ワシは演劇学科演技コースだったんじゃが、

新歓合宿は学科合同で行う。

洋舞・日舞・装置・照明・演出・劇作・理評・演技の合同合宿。洋舞のカワイ子ちゃんと仲良くなるチャンス!

 

実は、先日のブログで書いた、

『ダマシ』という企画がここで行われる。

決して売値をふかしたり入居をごまかす企画ではない!

 

入学してから1カ月、

先輩たちが自分とは違うキャラクターを1カ月演じる

7股かけてたり、図鑑を持ち歩いていたり、霊が見えたり・・etc・・

新入生がある程度の人数集まってるところにやってきては、

色々な小芝居をやり続ける。


彼の浮気の相談を新入生にする

⇒別の女性の先輩からも同じ彼の相談をされる。

みたいな。

良い物件には買付が殺到する現象を表しているわけでもない。ちょっと無理矢理感・・・

 

新入生も色々な人間関係に巻き込まれていく

狼さんがブローカー案件に巻き込まれていくような自然な流れで引き込まれていく。

 

信用しきったところで合宿に行くと、

軽井沢の合宿に行く途中で、彼女設定の先輩たちのガチ喧嘩があったりもする。 

それが、参加型のお芝居だったと気づく。

ブローカーが出している物件情報が無かったことに気付くのと状況は似ている。唖然とする。

 

それまでの小芝居は、すべて事件を解くための設定

 

小芝居を見ている人を探し、

記憶を辿りながら点と点を繋ぎ合わせて線にする。

一か月間の先輩の芝居を思い出して繋げていく作業なんじゃ。作業は『チーム』で行う。

 

一カ月もかけてこんなふうに、

くだらない事を本気でやること感動した。

この学校に入って良かったと、身震いした。

 

合わない人は合わない。

 

だまされたことを本気で怒る人もいるし、泣く人もいる。

『ダマシ』の完成度が高ければ高いほど、

傷つく人も増える。

 

が、ワシたちは『お芝居』をやるため日芸に入った。

今は不動産をやるために会社員をしている。

 

このくらいの『演技』を身近な人に出来なければ、

役者失格だよ?

という、代々受け継がれた伝統芸能だと思う。

空室率5%超えたら大家失格だよとイコール

 

最近やりすぎて、うちの子がショックを受けた的な苦情が入り、

無くなったと聞く。

どんどんと、苦情や、似非正義感に浸透された

閉塞感のある社会になっていると思う。

アメリカの老舗サーカスも、動物愛護団体からの苦情で象のショーが中止で解散に

 

BPO云々言う前に、

子供に見せたくないなら親が子供にしつければいい。

苦情を言うなら見なければいい。見ない自由がある。

自分の家庭の事情を社会に発信する必要はない。 


社会に出たらもっと不条理なことがたくさんある。


小さいころから子役で活躍していた、

芸歴が長い先輩が言っていた言葉がある。

 

『平八。役者(やくしゃ)とやくざは、一字違い。

両方、生き様が大事なんだよ』

 

ワシは、反社会勢力に迎合するわけではない。

がヤクザ映画は大好きじゃ。

首領への道は何回も見た。清水健太郎万歳!

 

堅気に迷惑かけない。仁義を大切にする。見栄を張る。

先輩は、生き方や積み重ねたもの。

舞台の上で必ず出ると言っていた。

 

 

歌舞伎役者や落語家が女遊びを芸の肥やしにする。

昭和のスターも派手に遊んでいた。

それを許容する昔あった社会性が日本からは失われた。

利回りが高い収益が無くなったのと同義

 

自分とは住む世界が違うんだから、気にしなければよい。

あなたの知り合いと不倫したわけじゃないじゃろ?

 

文句を言わない前提で有名人のゴシップを楽しもう。

プライバシーはガラス張りにされた上に、

文句まで言われる人の方が人権を侵害されている

少なくとも当事者以外に精神的な迷惑はかけていない。

 

円〇師匠が謝る必要が分からんし、

ベッ〇ーが干される理由も分からない。

浜ちゃ〇だってしてるが、TV休んでない。

しかし、この依怙贔屓は物件が廻ってくる順番が違うのと同義

 

本人たちの間でよっぽどひどいことをしているのなら分かるが、

他人が口を挟むことではない。

他人事じゃ。

他人が買った物件は自分は買えないのと同義

 

エンタメの世界で働いている人は、

普通の人とは違うんじゃ。

 

ワシは、

エンタメの世界を夢見て

演ダメ(演技駄目)の烙印を押され

宴為(宴の為)に学生生活を捧げ、

縁多目(縁が多め)のお陰で更生し、

円貯(円を貯める)の世界に突入した。

 

遠回りしたが、ずっとエンタメの世界にいる気分じゃ。

不動産は、

円為(円の為)だけでなく、

縁為(縁の為)に、

宴為(宴の為)にやっている。

楽しく不動産を知って、

ワシの学生時代のように破綻することなく、堅実に。

 

 

ブログは、『読み物』として、

面白く読んで欲しいと思って書いておる。

エンタメ色を強く打ち出して書いておる。

伝統芸能で学んだ『設定』『伏線』『回収』がキーワードじゃ。

 

自分で咀嚼して、温かい気持ちで見守ってほしい。

 

ちゃんと勉強したい人は狼さんのブログを最初から・・・

こんな漫画みたいなブログがあってもいいならポチしてほしい。

AD

コメント(6)