ワシが『富導算塾』塾長、江古田島平八である。

 

見合って見合って!!

はっけよい!!ポチ!!!

 

ワシは性格が破綻している分、不動産で破綻したくない。

無理をしないことが一番じゃが、

無理をするタイミングが人にはあるのかもしれない。

 

横綱・稀勢の里の13日目以降の闘いを見て強く思った。

 

『土俵』にはすべてが詰まっている。

横綱は大切なものを探すため、

土俵に立ち続けたとしか思えない。

ワシにはそう思えた。

 

不動産も同じじゃ。

 

『土評』にすべてが詰まっている。

 

土地の評価で大まかな勝負は決まる。

 

立地≒Rich

 

同じ広さの土地なら、立地でRichになれるかどうかが決まる。

 

初期は、そういう物件を良い条件で購入するのは難しい。

立地がイマイチの場合は、

土地(建物)の利用法を工夫して付加価値をつける。

努力≒土利用工で乗り切る。

 

購入するときにどういう使い方をするか、

目標を立てることが大事。

 

『土評』『土標』で変わる。

 

自由に使えるお金が少ない初期は、

工夫で乗り切ることが必要になる。

 

稀勢の里のように無理をするのは上り詰めたから

初心者は無理せず、工夫し、時間を掛けて上に行く。

横綱相撲を取るのは横綱だから。

無理・無駄遣いをせずに節制すれば必ず番付が上がる。

最初に勝負をかけるのはお角が違う。

 

 

不動産の土俵に立ち続けられるよう。

買い方を失敗すると、休場、退場が必要になる。

 

休場≒窮状

 

休場して窮状にならんよう、稽古で『漢』を磨くんじゃ。

 

『四股』をしっかり踏めるよう、まずは『四戸』目指す!きちんと『思考』し、『試考』する。

無担保を『四戸』も持てば資産を誇示する『資誇王』じゃ!!

『4.5』で『死港』に入らんように!

 

さーて、稽古じゃ。まずはポチから!!

ポチにはすべてが詰まっているんじゃ!!!

 

AD