夢からさめるとき

テーマ:


最近、私は夢をみている気がして、頭がフワフワとしています。


先日、バンライで後輩の3期生が卒業式を企画してくれました。

みんな就活で忙しいのに、卒業証書を作ってくれたり、お祝いをしてくれました。

本当に、暖かい。

我ら2期生も、塾長、スタッフの皆さん、3期生のみんなにささやかですが、みんなの気持ちをプレゼントしました。2期生の幹事長にもどっきりでプレゼントをしたり・・・

人を驚かせて喜んでもらえることは、こんなにも嬉しい、幸せな気持ちになるのかって、改めて思った。

手間や時間なんて、ちっとも辛いとは思わないや。


バンライは、とても不思議な夢のような塾でした。

塾長がいて、スタッフの先生がいて、、、そこにはいつも笑い声が絶えなかった。


就活は辛かった。

常に自分との戦いだった。

今となっては良い思い出だけど、その当時はやっぱり不安で辛かった。


でも、無事に内定をとれたのは、バンライに自分がいたからだ。

塾長の前ではすべての自分をさらけ出した。

それをすべて一つ一つ、親身になって聞いてくださった塾長に本当に感謝しています。

スタッフの先生達も、とても明るい方が多くて、事務室でお話をする時間がとても楽しかった。

元気のない日でも、お話をしていると自然と元気になっていく自分がいました。


そして2期生のみんな。。

みんなと出逢えたことは、本当に宝だった。

辛いときも、嬉しいときも一緒に分かち合えたのが最高でした。

一緒にESを考えたり、郵便局に走ったり、悩み事を相談したり、飲みに行ったり。。。

「就職」というひとつの節目を、真剣に考え支え合えた仲間に出逢えたことは幸せです。


夢のような時間。

学生時代は、本当に夢のような時間です。


父に昔、「大学は、仲間をつくりにいく場所だ。」と言われました。

最初は本当の意味がよく分からなかったけど、今はよく分かります。



夢を見るのは今日まで。

明日から、私は社会人になります。


でも、さみしくはありません。



あっ・・・・

やっぱりさみしい。(笑)



夢から覚めて起きたとき、夢が思い出になる。

その瞬間、きっと切ない気持ちになるけど、思い出が私の力になる。


これからまた、たくさんの人に出会うだろー。

学生時代にたくさんの人から学んだ事を大切にして、生きていこうと思います☆

さぁ!がんばろう!起きあがろう!









AD