情報ステーションの民間図書館は誰でも無料で利用できる民設民営の公共図書館です。

・簡単な会員登録で2冊2週間までどなたでも無料で利用できます。
・運営は6歳から82歳までのボランティア約400名で行なっています。
・蔵書はすべて皆さまから寄贈いただいたものです。

僕らの図書館は本を借りるだけでなく、地域の交流拠点として多くの方に活用して頂きたいと願っています。そんな図書館で地域活性を目指す、まちづくりNPOとして活動しています。ぜひ皆さまのご支援をよろしくお願いします。

情報ステーションについて詳しくは
□ オフィシャルサイト: http://www.infosta.org/
□ 蔵書検索サイト: http://librarylife.net/
□ facebook: http://www.facebook.com/infosta
□ Twitter: http://twitter.com/infosta


▼いつも応援ありがとうございます!
よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
人気ブログランキングへ
ブログランキングならblogram
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-09-02 18:48:08

【9/5】ライブラリー・カンファレンス -27-

テーマ:イベント
9月2日(土)に第27回ライブラリーカンファレンスを行います。

 ライブラリー・カンファレンスとは、情報ステーションが運営している、各図書館からメンバーが集まり、気になる事・やりたい事・困った事など相談事やアイデアなどを持ち寄り、図書館の活動を話すために毎月行っています。

 各図書館のボランティア・メンバーだけでなく、民間図書館に興味がある方ならどなたでも参加していただけるオープンミーティングです。皆様ぜひご参加ください!
図書館はじめ一緒にしませんか?

ライブラリー・カンファレンス -27
■日時:9月2日(土)10:30~12:00
■場所:船橋北口みらい図書館 千葉県船橋市海神2-8-14
■お問合せ:
(1)facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/1632787857001572/
(2)メール → office@infosta.org
(3)電話 → 047-419-4377
(4)FAX → 047-409-4690
AD
2015-09-02 17:09:50

吾妻町物語

テーマ:ちばぎんざ図書館
夏の終わりのある雨上がりの夜の、千葉銀座にて。






千葉銀座には今でも徳川秋声の小説にちなんだ文学碑があります。
蓮池芸者と千葉医専(現・千葉大学医学部)の学生との恋を描いた小説は
昭和16年という戦時下で、戦争に非協力的であるとの干渉を受け、
時局に妥協することをいさぎよしとしなかった秋声が断筆したことにより
未完のままの長編となりましたそうでございます。

変わりゆく千葉のまちの記憶を綴り
変わらずに千葉のまちを愛する人たちがいます。

千葉中央エリアの歴史と文化散策ガイド『吾妻町物語』は
千葉日報社より。

この写真の光景は千葉銀座商店街、中島書店の店頭です。




byメリヤス






AD
2015-09-01 12:37:02

9月1日の詩  加藤まさを 「小さな雲」

テーマ:ブログ
 小さな雲
     
   ― 一九二三年九月のある日災禍の後の
      東都の空を眺めてうたへる ―


焼野の空を、
焼野の空を。
小さな雲が
もどりつ行きつ。


いとしき妹の
霊をさがす、
優しき姉の
心の影か。


朝に夕に
濃青の空を
綿毛のように
静かに浮いて。


昨日も今日も、
もどりつ行きつ。
焼野の空を、
都の空を。



     『まさを叙情詩集』より(加藤まさを著 春陽堂 大正一五年発行)





祖母の形見シリーズ(いつのまに?)

ほぐれてしまいそうな布の装丁に、褪せた薔薇が描かれています。
女学生だった祖母が大切にし、少女時代の母が四つ葉のクローバーを栞に愛読し、
やがて私の本棚に仕舞われるようになった古い古い可愛らしい本です。

あの地震は大正の世の乙女たちの胸にも大きな傷を刻みこんだのでしょう。
なぜ夏休みが終わった今日に避難訓練をするのか知らない平成の娘たちへ。






byメリヤス(本郷の弥生美術館での加藤まさを展は母と行きました。)
AD
2015-08-30 16:35:14

免税コンビニの店頭が青い(写真はイメージです)

テーマ:ちばぎんざ図書館
だいたいこんな青い色彩がとても目立つ場所に展開。
化粧品のパッケージデザインとして青はどうなの?
色彩心理学とかではどうなの?誰か教えて。

とある国内大手化粧品メーカーの高級美肌基礎化粧品の、姉妹品で、
免税品も扱うことになった某コンビニ限定商品であるそうで、
パッケージと同じ青地に白文字のポスターは漢字限定です。

千葉市にも千客万来外国人観光客の皆さんに大人気と
たった今グーグル先生に教えていただきました。
おみやげとして爆買いしてゆかれるのだとか。

こういうことを書くと、だからJPNすばらしいと言う保守的老人以下略

どこの国でも女性観光客にとって化粧品はおみやげの定番品なのです。
街中でお手ごろにまとめ買いするのにとってもぴったりなんですのよ。
Gute Ideeeeeeeeeeeeeeeeeee! ; )))






昭和の子どものメリヤスは、日本人がユーロになる前のヨーロッパの免税店で
現地の皆さんに「ひとめで日本人と判る」と冷笑されていたのを覚えています。

海外旅行のおみやげ、親戚とかの人とかに配るために大量買いする定番は、
現地のドラァグストアーで雑貨のように売られている化粧品だったでしょう。
日本に持って帰ればヨーロッパのブランド品扱いでしたが、
実際に日本国内で買うと結構なお値段がするものであったりもいたしました。

絶対に日本人には似合わない色の口紅なんかが各人の家庭に眠っているはず。
ヨーロッパと日本では湿度も気温も違うから、汗を浮かせちゃってる口紅が。

基礎化粧品ではなくて口紅だった理由はたったひとつだと思うの。
ヨーロッパの基礎化粧品は日本人の肌質に合わないのだったです。
水が違うというか、なんというか水が違うというね?
(お客様の中でこれをスマートに説明してくださるかたはいませんか?)

同じアジア人である日本人もお肌に直接つかう美肌効果化粧品だったら
そりゃあチャイナからの観光客の皆さんは買うよねえ。
お安くて、しかも有名メーカーの製品なんですから。
おみやげは実用的なものが一番よろこばれます。







あたくし日本国産の純血秋田犬だけど
海外から来たヒトが日本製品を買って帰るから日本はこんなにすごいとか
テレビのバラエティー番組がやたら吠えるのクールじゃないなって
ポチ(京都在住・女性)も申しております。by犬語翻訳チームよりメリヤス





2015-08-28 13:09:58

なつかしいなつから

テーマ:ブログ

『足長おじさん』を読んで  

 おとうさんも、おかあさんも、死んでしまったジルーシャを大学にいかせてくれたおじさんは、女の子がきらいで、すごいお金もちで、きみがわるいほどせいがたかくてジルーシャにおこづかいや、そのほかの、もちものをいろいろあげて、夏休みにロックウィローに3か月も、行かせてくれたのです。
 ジルーシャは、足長おじさんにいろんな、てがみを出していろいろ知らせたり聞いたりしました。わたしは、ジルーシャは、てがみを書くのが上手だと思いました。てがみだけでこの本が、できているのです。
 ジルーシャは、文章を書く力があったので、とうとうしょうせつ家になったのです。
 こじいんでそだった、まずしいむすめが、べん強したので、しょうせつ家になれました。おじさんに会ったらその人は、まえにいっしょに、こうちゃや、ケーキや、アイスクリームやマーマレードをたべたり、チョコレートをおくってくれたジャービスさんでした。
 ジルーシャが、しょうせつ家になれたのは、足長おじさんに、てがみをたくさんかいたので、文章が上手になったからだと思います。




3ねん2くみのみんな、元気でいますか?
実家で子供時代のグッズを整理したらこんな読書感想文が見つかりました。
ケーキだのアイスクリームだのマーマレードだのチョコレートだのと
やけに食いもんに執着を見せる描写は闇市世代の野阪昭如氏の作品にも通じるかと…違うな。
ひょろひょろやせっぽっちだった私も食べざかりだったんです。
大人になってからダイジェスト版児童書じゃない文庫とその続編を読みましたが、
ジャービィことジャービスさんから結婚を申しこまれたジルーシャが
小説家への道と女の幸せとの選択に葛藤するんですよ。
スコットランド出身の学友サリーが、日本語訳では、
関西ことばで話しているのも訳者の苦心がしのばれてよいです。
訳者は松本恵子さん。続編はサリーからジルーシャへの書簡形式です。
子供の頃に読んだ名作を今にして読みなおすとまた特別の甘味がございます。
あの年の夏休みに忘れてきた何かを取り戻しにまいりましょう。
もっとみんなと遊んでいたらよかった。


byメリヤス(元・やせっぽっち女子児童)






そしてこちらは、ちばぎんざ図書館にいらした皆さんの読書感想文です。


妹尾河童さん『少年H』を読んだ利用者のかたは
ふだんから読んだ本の感想を書く習慣がおありとのこと。
私と同じだ~とちょっとうれしくなってしまいました。








皆さんの☆いち押し本!!をご紹介するコーナーもここに。
カウンターの横にあります。
用紙もカウンターにありますのでお気軽に一筆どうぞです。









これはなんというイムパクト!!!!!!!
たぶん寄贈された絵本にはさんであったものなのだと思うのです。





夏休みの課題ではありませんが、
この夏に読んだ本たちのことを忘れませんように。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

好評発売中!
マイクロ・ライブラリー図鑑マイクロ・ライブラリー図鑑〜全国に広がる個人図書館の活動と514のスポット一覧 (まちライブラリー文庫)
図書館を 取り上げていただきました↓
つながる図書館
つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)
ソトコト 2013年 05月号
SOTOKOTO (ソトコト) 2013年 05月号 [雑誌]
商店街再生の罠
商店街再生の罠:売りたいモノから、顧客がしたいコトへ (ちくま新書)




QLOOKアクセス解析

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇