情報ステーションの民間図書館は誰でも無料で利用できる民設民営の公共図書館です。

・簡単な会員登録で2冊2週間までどなたでも無料で利用できます。
・運営は6歳から82歳までのボランティア約400名で行なっています。
・蔵書はすべて皆さまから寄贈いただいたものです。

僕らの図書館は本を借りるだけでなく、地域の交流拠点として多くの方に活用して頂きたいと願っています。そんな図書館で地域活性を目指す、まちづくりNPOとして活動しています。ぜひ皆さまのご支援をよろしくお願いします。

情報ステーションについて詳しくは
□ オフィシャルサイト: http://www.infosta.org/
□ 蔵書検索サイト: http://librarylife.net/
□ facebook: http://www.facebook.com/infosta
□ Twitter: http://twitter.com/infosta


▼いつも応援ありがとうございます!
よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
人気ブログランキングへ
ブログランキングならblogram
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-04-25 13:34:33

【5/30】JASH定期講座第14回「看護師パパと考える男の子の性教育」JASH日本性の健康協会

テーマ:イベント
JASH定期講座第14回「看護師パパと考える男の子の性教育」

「子どものおちんちんの洗い方がわかりません」
「ちいさな男の子でもおちんちんって立つの!?」
「息子の部屋からエッチな本が!」
「反抗期で性教育どころじゃない・・・」
「彼女ができたみたいだけど、妊娠とか心配です」

男の子は自分自身の性のことでいろいろと悩んでいます。そして彼らを取り巻く大人たちもまた、どうしていいかわからずに悩んでいます。

彼らに必要な教育とは何でしょう?大人が届けるべき支援とは?自分自身が「思春期男子」として悩んできたことを振り返りつつ、ママから寄せられる質問に答える形式でわかりやすくお伝えします。

看護師パパに何でも聞いてみましょう。後半には相談タイムも用意してあります。
なかなか人には聞けない思春期男子のこと、この機会にぜひ、男性看護師さんに聞いてみてください♬


【日時】 2015年5月30日(土) 13:00~15:00

【会場】 船橋北口みらい図書館(船橋市海神2-8-14)

【会費】1000円

【お問合せ】
(1)facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/574188479390596/
(2)メール → office@infosta.org
(3)電話 → 047-419-4377
(4)FAX → 047-409-4690

【講師】 JASH 日本性の健康協会 代表 山口 いわお(集中治療室看護師) さん

【紹介】 NPO法人 JASH 日本性の健康協会 代表、看護師、JADP認定夫婦カウンセラー。自らの産後クライシスの体験から、日本の性のあり方に着目し、2012年JASH 日本性の健康協会を設立、2013年NPO法人化。性の健康を推進する活動家・専門家をつなぎ、明るく楽しくまじめに性について話せる社会の実現を目指す。
AD
2015-04-24 16:53:25

隠しているその手を見せてみろよ 『吉祥天女』に思うことなど

テーマ:ブックレビュー
女はね
血なんか
こわくないのよ


…。カッコイイ。言ってみたくないですか?


それは、
雨降り始めそうな夕刻でした。
帰り道でした。歩いていました。
お気に入りの黄色い麻のバッグを持って。
対向からチャリで疾走して来たオッサンと目が合いました。

「バカヤロウ!!ボーっと歩いてんな!!!」

すれちがいざまオッサンはそう怒鳴ったのです。
何が起きたのかも理解できませんでした。私に?

こわかっただけです…。

「あなた、中高年男性のかた。まもなくお亡くなりあそばせ」
かつては漁師町だった名残りで荒っぽいと評される地元の言葉で(我が家は山側)
走り去る後姿に叫ぶしか、なかったのです。

オッサン逆上して追いかけて来たらどうなってたんだろ?


そして冒頭の決め台詞を思った次第です。
『吉祥天女』(吉田秋生、小学館文庫全二巻)80年代の作品です。

凄絶に美しいヒロインが、
自分を襲おうとした男たちにナイフを振りかざす前半のクライマックス。

ヒロイン小夜子は泣かない女、そして泣くことも脅えることもできない女。

実家の本棚を探してみたらどういうつもりか二巻だけが残っていました。
母親がよく行く地元大型スーパーに入っている書店で一巻を注文したのは、
もしかして母親がついでに買ってくれるかもという大人げない思惑からですよ。

「吉祥天女。キッショーはジョージのキチジョウ…」ハア?「だからジョージの」

キチジョウジ天女ですか?と店員さんは注文票に書きました。
ああんごめんなさい東京に住んでいた従姉妹が吉祥寺をジョージと呼んでいたんだもん。

そうまでして再び手にした一巻の解説はリカちゃん先生が書いていらっしゃいました。
この作品をフェミの視点から読むこともまたよし、ですが
「女の子物語り」として読み解くと、泣かない小夜子の痛みが伝わってくるようです。

小夜子に憧れながら小夜子のようになれない私自身の自画像は
自称男性恐怖症の由似子に投影されて作品中に描かれているのですが。

この作品が連載されていた80年代には電車の女性専用車はまだなかったけれど
小学生の女の子がランドセルに防犯ブザーを付けるのは現代では常識である事実。

たった今、図書館で聴いていたラジオのニュース速報が
船橋市で行方不明になっていた18歳の少女の遺体が埋められていた場所を。

女性が被害者になることが圧倒的に多いこのろくでもない×××××の世界です。

小夜子は、ともすれば絶望しそうになる私たちに
「どうか負けないで」「まだあきらめないで」を言ってくれる気がするのです。


後日談。私は、目立ってしょうがない黄色いバッグを、別のものに替えました。
だってオッサンにまた会ったらこわいんだもん。

嗚呼。



byメリヤス







吉祥天女 全2巻完結 (文庫版)(小学館文庫) [マーケットプレイス コミックセット]/吉田 秋生

¥価格不明
Amazon.co.jp

AD
2015-04-21 11:41:17

絵本ママの図書館ひろば@ちばぎんざとしょかん第三火曜日

テーマ:ちばぎんざ図書館
4月21日の今日は第三火曜日、絵本ママの図書館ひろば始まり始まり~♪

1歳7ヶ月のボーイフレンドは絵本やお話よりも気になるものがいっぱいのご様子
うさこちゃんことミッフィー誕生60年記念絵本には大人たちのほうが夢中
キッズスペースから脱柵するボーイフレンドの決定的瞬間はちょっとピンぼけw

ちいさなお友だちがじっとしていられる時間はとってもとっても短いので
無理に読み聞かせに集中させなくてもよいとの絵本ママたちからのアドバイス
それよりも楽しい雰囲気で時間を過ごすことがたいせつなのですね

指人形をつかった遊び歌に好奇心旺盛なボーイフレンドはお手手を叩いてご満悦

みんなが楽しく笑いの絶えないひとときとなりました







さよならあんころもち♪またきなこ♪

次回の絵本ママの図書館ひろばは
第三火曜日、5月19日、11時15分~だいたい30分ぐらい

ベビーベッドとゆっくりやすめるキッズスペース、テーブル席では飲食持込自由

どうぞお気楽にお遊びにいらしてくださいませ♪♪♪





by今日のちばぎんざ図書館お当番メリヤス

AD
2015-04-19 12:12:48

春言葉 「山笑う」

テーマ:ちばぎんざ図書館
千葉駅から千葉駅前大通りを歩いて、ちばぎんざ図書館に来るとき
京葉銀行ギャラリーの飾り窓を眺めるのが楽しみなメリヤスです。
季節ごとの風物詩とそれぞれの季節を表現する言葉が組み合わされ
「春を奏でる」琴と桜の花、
「甘い春」千葉県伝統工芸品に指定されている雨城楊枝と桜餅草餅羽二重餅、
「風光る」は五月の頃の季語で色鮮やかな和紙で作られたこいのぼり、
「山笑う」はやはり春の季語、萌黄と花の色に染まる春山を描いた浮世絵、
春の美しさを言葉と伝統工芸品で表現する趣向に溢れています。

でもね。
ごめんね。

穏やかで心の浮き立つ春の芽吹きを「山笑う」と詠んだ先人の美学なのに
70年代の松本零士先生の漫画を愛読していたメリヤスだから
(ご幼少時代を過ごした団地の中の小さな小さな本屋の品揃えの所為である)
「山笑う」で観念連想するのは戦場まんがシリーズ『スタンレーの魔女』だ。

第二次大戦中、日本軍と連合軍がええとポートモレスビー作戦で……。
パプアニューギニアのスタンレー山脈は稜線が女性の横顔に見え……。

現地落ちこぼれ部隊の敷居航空兵の愛読書は『スタンレーの魔女』
飛行機乗りたちの伝説的英雄である航空探検家ファントム・F・ハーロックが
唯一、越えられなかった魔の山・スタンレー山脈を越えることが彼の夢。

スタンレー山脈攻防の戦闘中に連合軍のパイロットがジェスチュアで
≪ここから先はもうダメだ≫と敷居たちの一式陸攻に伝えて撤退してゆく。
あいつも同じ本『スタンレーの魔女』を読んだのだろうか、と思う敷居。
そこには敵も味方もない。ただ空と飛行機に魅せられた男たちがいるだけ。

片肺だけになった一式陸攻でスタンレーを越えた敷居が見たものは……。
7人乗りの機体の中でたった一人生き残った自分、
そしてあまたの空の男たちの命を奪い、笑っている魔女のようなスタンレーの山。

「飛行機は美しくも呪われた夢だ」とは宮崎駿監督『風たちぬ』より引用しますが
少年たちの夢の科学の力が戦争の道具に使われるべくして進化するのは本当に悲しい。

松本零士先生は決して戦争賛美の目的でこの作品たちを描いたのではないはず。
1970年代といえばまだ戦後30年になるかならないかという時代。
戦争が終わってから生まれ育ち戦争を知らない子どもたちが大人になりつつあり、
同時に、戦争をじかに体験した世代の大人たちが社会の一線から退き始めた時代
戦闘機工場の都市で当初の原爆投下目的地であった小倉出身の松本先生には
豊かさと繁栄の陰で忘却されていこうとするあの戦争を
漫画という手段で描きのこし描きついでおきたい気持ちがあったのだと思うの。

そこには敵も味方もなかった。ただ私やあなたと同じ人間たちがいただけの事実を。

ところで。

松本零士先生のアシスタントだった新谷かおる先生が後に戦場ロマンシリーズを。
新谷かおる先生のアシスタントだった島本和彦先生が後にBATTLEフィールドを。
こうして少年漫画における一分野として戦記ものは描きつがれてきたのでですね。

どうか少年たち(そして少女たちも)の夢であるところの科学の未来が
人類の明るい未来のためにこそその進化を成し遂げますように。

そして今さら気づいたのだが『スタンレーの魔女』は一冊の本にまつわる物語です。

誰かの人生を賭けるほどの夢を媒介するかもしれない本たちに囲まれる時間は
民間図書館ボランティアが味わえる幸福感の素ですことよ?



byちばぎんざ図書館お当番メリヤス






ザ・コクピット (1) (小学館文庫)/松本 零士

¥627
Amazon.co.jp

2015-04-18 12:27:25

【4/26】ボランティアDAY 古本市@いい街ちばフリーマーケット

テーマ:イベント
民間図書館でボランティアをしませんか?
この日限りの単発ボランティアです。
今回は千葉銀座商店街で毎月行われている、いい街ちばフリーマーケットに古本市として出店します。
集まった人でワイワイ楽しくやれたらと思っています!

フリマ開催中であればいつ来ていただいても構いませんし、途中で抜けられても構いません!

お時間のある方はぜひご参加ください!
お友達を連れてきていただくのも大歓迎です!
1日だけなのでお気軽にご参加ください。

情報ステーションの民間図書館は
地域交流の場でもあるので、
これからも、気軽に出来るボランティアを通して
積極的に情報発信やコミュニケーションを
図っていければと思います

本の貸出、返却等を行う
民間図書館のボランティアも随時募集中なので、
興味のある方はお声掛けください!


ボランティアDAY 古本市@いい街ちばフリーマーケット

■日時 4/26(日) 10:00~16:00

■集合場所 ちばぎんざ図書館 
      千葉市中央区中央3-3-9 MF9ビル2階

■お問合せ 
 ①facebook → 各イベントページで参加を押してください
https://www.facebook.com/events/290109217779379/
②メール → office@infosta.org
③電話 → 047-419-4377
④FAX → 047-409-4690
(途中参加の場合はコメントまたは電話にてご連絡ください)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

好評発売中!
マイクロ・ライブラリー図鑑マイクロ・ライブラリー図鑑〜全国に広がる個人図書館の活動と514のスポット一覧 (まちライブラリー文庫)
図書館を 取り上げていただきました↓
つながる図書館
つながる図書館: コミュニティの核をめざす試み (ちくま新書)
ソトコト 2013年 05月号
SOTOKOTO (ソトコト) 2013年 05月号 [雑誌]
商店街再生の罠
商店街再生の罠:売りたいモノから、顧客がしたいコトへ (ちくま新書)




QLOOKアクセス解析

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇