挑戦者・松山大が堂々の初制覇!
真っ向からの力勝負で立命館の6連覇を阻む

 

 チャレンジャーが勝利するときは、いかにも強かったな、というふうに圧倒的な勝ちかたをする。とかく勝負というものはそういうものである。
 松山大の初制覇、かえりみれば、われひとりわが道をゆく……というレースぶりであった。3区以降は連覇をめざす王者・立命館い影すら踏ませなかった。

 波乱の予感はすでに前日の区間オーダーから兆していた。立命館のオーダーをみたとき、思わずわが目を疑ったのである。3本柱の一角である太田琴菜の名前がない。さらにエース区間の5区はなんと2年生の関紅葉である。菅野七虹でも大森菜月でもない。関紅葉では役不足というつもりはない。力のあるランナーであることにちがいはないが、やはりここは5000、10000で実績のある菅野が順当なところである。
 立命館は王者である。王者が奇策を弄する必要などない。ならば太田を欠いたうえに、大森、菅野にも何か異変があったということなのか。とにかくベストメンバーを組めていないとみた。万全の体勢でない立命館にこの時点で黄信号、かすかに不安の影を察知していた。

 

 第1区は波乱含みを占うかのようにハーペースで幕あけた。
 京都産業大の1年生・橋本奈津、日本体育大の細田あい、関西大の廣瀬亜美が前に出てきて集団をひっぱり、立命館の菅野七虹、大東文化大の夏川帆夏、中央大の五島莉乃、さらに松山大の上原明悠美の顔をちらとみえる。
 3㎞=9:37は区間記録をうわまわるペースである。ここで立命の菅野、日体の細田、京産の橋本の3人がひっぱり、15チームぐらいが集団をなしていた。
 3.7㎞で立命・菅野がトップに立って引っ張りはじめると集団はばかけはじめ、4㎞ではトップ集団は8チームにしぼられる。立命、京産、名城、中央、福岡、関西、中京、中央などなど。しかし大東の夏川、松山の上原はここで置いてゆかれる。
 レースが動いたのは5㎞、イニシャティブをにぎったのは立命の菅野ではなく名城の青木和だった。立命の菅野、京産の橋本、中央の五島がそれに反応して、4チームの激しいせめぎ合いになった。
 だが、ここで余裕を持っていたのは京産の橋本と名城の青木だった。5.5㎞で2人がとびだしたとき、立命の菅野の足色にはもうオツリがなかった。区間賞争いは青木、橋本のの2人にしぼられたが、最後は6㎞すぎたあたりで日本インカレ1500の覇者・橋本のスピードがモノをいった。ロングスパートで名城の青木をひきはなしたのである。
 1年生・橋本のしゃにむに前をみつめる走りが、ひときわ印象に残った。
 1区を終わったところで、京産がトップ、4秒遅れで名城、6秒遅れで中央、7秒遅れで中京、8秒遅れで福岡、立命とつづいたが、候補の一角・松山大は44秒差の14位、大東文化は47秒差の15位と遅れをとった。
 立命館の8秒差の6位ならば、まずまずというところだが、エースの菅野だっただけに、もっとおおきな貯金をもくろんでいたはずで、誤算だったのだろう。

 

 第2区にはいると上位は激しい順位争いがくりひろげられる。京産の藪田裕衣を追って立命館の池内彩乃、名城の徳永香子、福岡の末永穂乃香が集団でやってくる。その後ろからは松山大の緒方美咲が急追してくる。
 3.7㎞では名城の徳永が京産をとらえてトップに立ち、立命の池内もやってきて、福岡の末永もくらいつく展開になる。
 だが4㎞すぎでは徳永と池内のマッチアップのかたちになって、ここで立命がやってきたかに思われた。後ろからは松山の緒方がもうみえる位置まで追い上げてきている。
 徳永と池内のツバ競り合いは4.6㎞で結着がついた。名城・徳永がスパート、池内はオーバーペースだったのか追う余力がなく、ずるずる後退していったのである。粘りをみせたのは福岡の末永で、落ちてきた池内をとらえて2位まであがってくる。ここまでの福岡大は大健闘である。
 後ろからやってきた松山の緒方は、あれよあれよと、ここで立命の池内、京産の藪田もとらえて11人抜きで一気に3位まであがってきたのである。
 2区を終わってトップは名城、10秒遅れで大健闘の福岡、そして松山が14秒差の3位まで押し上げてきた。4位以降は19秒差で京産、立命は30秒差の5位と低迷、むしろトップからは遠ざかってしまった。

 

 3区になってレースの主導権をにぎったのは名城だった。湯沢ほのかが快調に逃げた。松山の古谷奏が2㎞過ぎで福岡をとらえて2位にあがってきたが、区間新ペースでにげる名城にはとどかない。むしろ差をひろげられ、名城が完全にリズムに乗ってしまった。
 3区を終わって、トップの名城と2位の松山との差は33秒、トップと3位の京産とは51秒、4位の大阪学院とは53秒、5位の福岡までは58秒とつづいた。立命はこの区間1年生の佐藤成葉がのびなかった。トップ名城とは1分06秒、2位の松山とは33秒も置いて行かれ優勝争いの崖っぷちに立つてしまったのである。

 

 4区も名城は向井智香が懸命に逃げた。もし、この区間で2位の松山との差がひろがるようなことがあれば、レースの流れは一気に名城にかたむいてただろう。後になった考えると天下分け目の区間であった。
 ところが松山の高見沢里歩が追ってきた。残り1㎞にところで、気がつけば15秒差に迫って、さらにその差は詰まりめた。勢いの差は歴然としていた。
 後ろからは立命の和田優香里が猛然と追い上げを開始、3㎞過ぎでは福岡、大阪学院、京産を順次に抜いて3位までやってきた。後半になって、やっとエンジンがかかった感じである。
 トップ争いはかろうじて名城・向井がとびこんだが、急追の松山は2秒差まで迫り、立命館も36秒差までやってきた。4位の京産までは48秒だが、5位以降は1分以上もはなれ、ここで上位は4チームの争いとなった。

 

 5区のエース区間は松山のエース・中原海鈴と名城の赤坂よもぎがハナからびっしりと並走、息づまるつばぜり合いがつづいた。だが追ってくる中原の勢いが勝った。3.8㎞で中原がペースを上げたというわけではなく、赤坂のほうがじりじり後退してしまい、あっけなく結着がついた。松山はここで待望のトップに立ったのである。中原の精悍な面持ちとリズミカルで力強い走りは眼をみはるものがあった。
 中原に競り落とされた赤坂は8.3㎞で、ようやくチームとしてエンジンがかかった立命の関紅葉にもとらえられ、さらに大阪学院にも追われるという展開になった。
 勝負のゆくえは5区で決した。
 トップを奪った松山と遅ればせながら追ってきた立命との差は1分04秒である。立命のアンカーはエースの大森菜月だが、逃げる松山はリオ五輪の3000m障害に出場した高見澤安珠である。実力、実績ともに大森のほうが勝るが、5.2㎞の距離で1分はもはや安全圏である。
 すでに勝負が決していることは大森とて承知していただろうが、タスキをもらうと、すぐにギアアップして前を追った。けんめいに見えない相手の背中を追う姿に、立命のエースとして君臨してきたランナーのプライドが脈うっていた。
 追われる不安もない高見澤だが、トップをゆく者の重圧と緊張というものなのか、ちらと不安の影がのぞくこともあったが、ゆうゆうと初優勝のタスキをゴールまで運んでいった。

 

 立命館の6連覇を阻止して初制覇した松山大は終わってみれば圧勝であった。6区間のうち4つの区間賞、区間新記録が2つである。実力でねじ伏せたという強い勝ち方であった。1区で出遅れたが、あわてることがなかった。2区の緒方が11人抜きで一気に3位まで押し上げてきた。
 立命が前半もたついているうちに3区では2位に押し上げて、名城とのマッチアップにもちこんだ。この時点で勝利を確信したのではあるまいか。立命と競り合う局面がなかったのが幸いしたというべきか。陣営は相手が名城や京産ならば、もう上から目線でながめていたにちがいない。

 立命館は苦しみながらも、最後は2位まで押し上げてきた。地力のあるチームであることはまちがいない。前半のもたつきがなければ、もう少し勝負はきわどくなっていただろう。主力が故障をかかええベストメンバーでのぞめなかったのが敗因といえば敗因だろう。
 それにしても……。
 立命館のランナーたちはこぞって伸び代がないのが気にかかる。一年生のときが頂点で上級生になるにつれて、だんだん伸び代がなくなっている。大森しかり、菅野もしかりである。学生時代はスター選手でも卒業後はいつしか消えてしまう。なぜなのだろう?
 3位の名城は大健闘である。前半は完全にレースの主導権をにぎっていた。優勝した松山と優勝争いを演じたのは立命館ではなく、この名城だったのである。完全に古豪復活である。
 4位の京都産業大学も前半はみどころがあった。価値のある4位である。
 候補の一角であった大東文化大は1区の遅れでつまずいた。それでも最終5位まであがってきたのは地力のある証拠とみる。


 シード権争いでは最終の1枠を関西大学、福岡大学、東洋大学が最後まではげしく争った。最後の最後で東洋大学はわずか3秒差で8位にすべりこんで、初めてシード権を獲得した。
 惜しかったのは福岡大学である。前半は5位以内と上位を占め、5区まではシード圏内にもぐりこんでいた。前半の戦いがみごとだったので悔やまれるところだろう。
 悲願の初制覇を果たした松山大、こんどは追われる立場になる。年末の富士山駅伝で再び主力の激突となるが、果たしてどんな戦いをするのか。立命館のリベンジなるか。名城、大東文化大が割ってはいいるか。おもしろくなってきた。、


◇ 日時:2014年10月26日(日)午後0時10分スタート
◇ 場所:宮城県仙台市
◇ コース:仙台市陸上競技場(スタート)→仙台市役所前市民広場(フィニッシュ)6区間計38.0㎞。
◇ 天気:晴れ 気温:13.4度 湿度:43% 風:南東1.6m
◇ 松山大学(上原明悠美、緒方美咲、古谷奏、高見沢里歩、中原海鈴、高見澤安珠)
◇詳しい結果 http://www.iuau.jp/ev2016/34weki/rel001.html
       http://www.morino-miyako.com/pdf/morino-miyako34_results2016.pdf
  順位変動表 http://www.iuau.jp/ev2016/34weki/rel001j.html
◇公式サイト http://www.morino-miyako.com/

 

AD