JP日本郵政Gは創部3年目で初制覇!
若い力が爆発、混戦を断つ

鍋島莉奈。
JP日本郵政グループのルーキーである。
本大会がやってくるのを、いちばん待ち望んでいたのは彼女だったのではあるまいか。 鹿屋体育大時代は日本インカレ10000mを制するなど、大学女子のトップランナーだった。
だが……。
JP日本郵政でのデビュー戦で思いがけず躓いてしまった。日本郵政は鈴木亜由子、関根花観というリオ五輪代表を主力とするチームである。だが鈴木は故障をかかえ、関根もリオのあと完調ではない。全日本の予選にあたるプリンセス駅伝では鈴木が走れずに大ピンチであった。
そんななかでルーキーの鍋島は第1区に起用されたのである。だが、トップから27秒遅れの14位と出遅れてしまった。チームは推進力をうしない3区の関根も区間16位沈み、4区を終わった時点で16位と予選通過圏外に落ちてしまった。もはやこれまでかと思いきや、5区に起用されたルーキー・中川京香と6区の寺内希が連続区間賞で、一気に8位まであがってきて、なんとか予選を突破したのである。
鍋島にしてみれば、プライドをズタズタにされて耐えられなかったことだろう。それだけに本戦が待ち遠しかったにちがいないのである。
そんな鍋島を日本郵政陣営は後半のエース区間の5区に起用した。本来なら長丁場の3区と5区は鈴木と関根だが、鈴木は故障あがりである。ならば予選の5区で快走した中川というのが順当だが、あえて鍋島をもってきた。陣営のこの作戦がみごとにハマった。

 

4区を終わってレースのゆくえは混沌としていた。
後半の山場となる5区にはいると資生堂の奥野有紀子と九電工の芦麻生がトップグループで並走。後ろからワコールの小指有未と日本郵政Gの鍋島莉奈、さらに後ろから第一生命の田中智美がひたひたと迫ってくる。
2㎞手前で、資生堂、九電工のトップグループに、ワコールと日本郵政が追いつき、さらに第一生命も加わり5チームによるトップ集団となってしまう。こうなるとオリンピアンの田中智美に分のある展開となり、事実、田中が集団をひっぱり始めた。
集団内でこまかい駆け引きがくりひろげられ、4.6㎞で田中と鍋島飛び出し、小指、奥野がやや遅れ気味になる。
後ろでは前半出遅れたヤマダ電機の筒井咲帆がごぼうぬきで順位をあげてくる。だが5チームによるトップ争いの形勢はゆるがない。
6㎞からは日本郵政の鍋島と第一生命の田中がはげしく競り合うかたちになったが、7㎞をすぎたあたりになって両者の表情に変化があらわれた。田中の顔がゆがみ、苦しげな表情、だがオリンピアンのプライドでなんとか踏ん張っている。一方、鍋島のほうは走りが軽く、表情も変わりがない。いかにも涼しげな表情で、あきらかに余裕が感じられた。
そして7㎞、鍋島が前に出て主導権をにぎった。鍋島はゆるぎのない走りで、田中をじりじり引き離しにかかった。中継所ではおよそ100m、17秒の差が付いていた。デビュー戦の悔しさが生きたというべきか。鍋島は本戦でみごとにプリンセス駅伝のリベンジを果たしたのである。鍋島の快走で勝負の流れはここで一気に日本郵政に傾いたのである。……

 

今回の全日本は戦前から大混戦が予想されていた。オリンピックが終わって、新しい勢力地図がまだできあがっていない。加えてそれぞれのチームにも固有の事情をかかえていた。たとえば昨年まで3連勝のデンソー、今回は四連覇に挑むことになるが、チームの中心であった高島由香が抜けてしまった。
デンソー、豊田自動織機、ヤマダ電機、第一生命など横一線で、どこが優勝しても不思議ではなかったのである。

 

レースはのっけの1区から波乱含みだった。
1㎞=3:08とレースはいつになくハイペースではじまった。
豊田自動織機の福田有以、資生堂の竹中理沙、九電工の宮崎悠香らが引っ張るかたちですすみ、日本郵政の中川京香、ワコールの一山麻緒らがつけ、2.5㎞でもまだ20チームぐらいがひとかたまりでつづく。
3㎞すぎの登りになって集団は縦長になり、ここでユタカ技研につづいて京セラが遅れた。5㎞手前で先頭は竹中、積水化学の森智香子、中川、一山が抜けだし、ここで四連覇をねらうデンソーの光延友希はこぼれていった。ヤマダ電機の竹地志帆も勢いがなくなる。
トップ争いは竹中、森、中川、一山にしぼられ、福田がつづくというかたち。トップ集団を割ったのはワコールの一山だった。残り1㎞でスパート、竹中、中川らをふりきった。1区を終わって、予選会上がりのワコールがトップ、1秒差で資生堂、8秒差で豊田自動織機、11秒差で日本郵政、15秒差で九電工、17秒差で第一生命……とつづいた。だが有力候補の一角といわれたヤマダ電機は40秒遅れの11位、デンソーは1分03秒遅れの19位と大きく出遅れて、圏外に去ったのである。
さらに3位につけた豊田自動織機は1区の福田から2区の島田美穂とのタスキリレーでオーバーランという前代未聞の事故で失格してしまうのである。
ヤマダ電機がおくれ、豊田自動織機の失格という大波乱で、優勝のゆくえはますます混沌としてしまったのである。

スピード区間3.9㎞の2区は1㎞で、トップグループをなすワコールの田淵怜那と資生堂の吉川侑美に、まだ失格を認知していない豊田自動織機の島田美穂がおいつく。そして2㎞手前で島田はトップを奪い、後続を引き離してそのまま中継所にとびこんでいった。 後になって考えると、失格をしらないまま走っている豊田自動織機の島田はなんともはや哀れというべきか。痛々しかった。

2区を終わってトップは失格の豊田自動織機、7秒遅れで資生堂とワコール、12秒遅れで日本郵政、20秒遅れで九電工、21秒遅れで第一生命……。トップを争う3チームまでをなんと予選会上がりが占めてた。

 

3区のエース区間は、奇しくも資生堂の高島由香とワコールの福士加代子という2人のオリンピアンの対決となった。2人は1㎞ではやくも先頭を行く豊田自動織機の林田みさきをとらえてトップを並走。
2.5㎞で日本郵政Gの関根花観がうしろから追ってきて先頭集団にくわわり、後ろは九電工、ユニバーサルエンターテインメントが4位集団をなしていた。
4㎞で林田が集団からこぼれてゆき、さらに九電工の加藤岬にもつかまってしまう。このあたりで豊田自動織機は第1中継所のタスキリレー・ミスで失格が告げられた。
高島、福士、少し遅れて関根の順で5㎞を通過、うしろは加藤、第一生命の上原美幸であった。
高島と福士はびっしりと並走、なかなか見応えがあった。火花散る福士と高島の闘いに弾きとばされるかっこうで7㎞すぎに関根が置いてゆかれ、両雄のせめぎ合いも7.5㎞で結着がみえた。福士がじりじりと遅れはじめ、9㎞以降は高島の独走状態になったのである。

高島の3区での強さは今回もきわだっていた。
3区を終わってトップは伏兵の資生堂、22秒遅れで、これも伏兵のワコール、同タイムで日本郵政と予選会上がりのチームが上位をしめ、以下は32秒遅れで、九電工、45秒遅れで第一生命……、いぜんとして優勝のゆくえはさっぱりみえてこなかった。

 

外国人選手も走れる4区になると、4位発進の九電工のM・ワイエィラが猛然と追ってくる。2.5㎞でトップをゆく資生堂の須永千尋をとらえる勢い、須永はなんとかふんばつてトップを死守したが九電工は2秒差でつづき、3位は日本郵政で17秒遅れ、4位は19秒遅れでワコール、26秒遅れで第一生命……。
まさに混沌とした形勢で冒頭の5区に突入したのである。

 

5区の鍋島でトップを奪った日本郵政は勢いにすっかり乗ってしまった。6区のアンカーは予選会でもアンカーで区間賞を獲った寺内希である。プリンセス駅伝でもアンカーで区間賞で駈け抜けた彼女は、うまく溜めて逃げ、第一生命に追わせなかった。

はるか後ろからは5区の筒井の快走で5位までやってきたヤマダ電機がやってくる。アンカー・西原加純(区間賞)が3位まで押し上げてくるが、チームとしてエンジンがかかるのが遅すぎた。そのときはもうレースの勝負は決していたのである。
興味はもっぱらシード権争いで、資生堂、ユニバーサルエンターテイメント、天満屋、ホクレン、積水化学が最後まで激しく争った。
最後はホクレンとユニバの争いになり、前回2位のユニバの中村萌乃がホクレンの大蔵乃をふりきって面目を保った。だがホクレンの大蔵は3年続けてアンカー結着で9位に終わるという皮肉な結果になった。

 

優勝したJP日本郵政は若い力が輝きを放った。もはや鈴木亜由子と関根花観の2人だけのチームとはいえなくなり、1区を走った中川京香、鍋島怜奈、寺内希などが着実に育って戦力になっている。鈴木の調子がいまひとつでも、あれよあれよと優勝してしまった。各区間ともこれといって大きなミスがなかった。1区に好調の中川を、5区に鍋島を配した戦略がみごとにハマった。
2位の第一生命はさすがというべきか。上位の優勝候補ではなかったが、本戦ではしっかりかとめてきた。3区で日本郵政に離されていなければ、勝負はきわどかっただろう。

3位のヤマダ電機は今回こそは優勝だろうと思われたが、またしてのチグハグなレースぶりに終始、リズムに乗り損なった。前半の遅れが致命傷となった。それでも5区の筒井と6区の西原でなんとか3位までやってきた。地力のあるチームであることはみとめるが、優勝にからむことのない3位なので、まったく評価することはできない。
九電工は終始上位にからみ、4区ではひとたびトップに浮上した。もう1枚決め手があればこのチームもあなどれないものがある。
5位のワコールは大健闘であろう。予選会11位でありながら、前半から好発進、後半も粘って5位に食い込んだ。
予選会9位の資生堂も見せ場をつくった。3区から4区まではトップを突っ走った。後半も粘ってなんとか7位でシード権を獲得した。かつての覇者、復活気配である。
期待はずれは8位ユニバーサルエンターテイメントと豊田自動織機である。豊田のほうはケアレスミスだから論外。ユニバーは鷲見梓沙、和久夢来という女子長距離界期待のランナーがこぞって凡走に終わったのだからどうしようもない。

 

特記すべきは三井住友海上の渋井陽子の20年連続出場だろう。20年ということになると、わが「駅伝時評」を始めたころから走り続けていることになる。

渋井は1999年の全国女子駅伝で栃木代表として出場、10区で区間賞を獲得して鮮烈なデビュー、翌2000年には三井住友海上の主力メンバーとして3区で区間賞、チーム初優勝の原動力となった。それ以降、ワコールの福士加代子とともに女子駅伝の看板選手だった。

本レースではアンカーとして登場して区間19位におわったが、20年という長きにわたって日本女子の長距離を引っ張ってきたランナーであることを銘記しておきたい。


◇ 日時:2016年11月27日(日)午後12時15分スタート
◇ 場所:宮城県仙台市
◇ コース:松島町文化観光交流観前(スタート)→仙台陸上競技場(フィニッシュ)6区間計42.195㎞。
◇ 天気:くもり 気温:12.0度 湿度:74% 風:北西 3.0m
◇JP日本郵政G(中川京香、鈴木亜由子、関根花観、岩高莉奈 鍋島莉奈、寺内希)
◇詳しい結果 http://gold.jaic.org/jaic/res2016/queenseki/pcsp/rel001.html
◇公式サイト http://www.tbs.co.jp/ekiden/

AD

ヤマダ電機が2連覇!
    中盤から独り旅で圧勝

 

この日、女子駅伝が東西でおこなわれた。
東では東日本女子駅伝、西では本大会である。
両駅伝ともにメジャーな大会ではなく、本来は本時評に採りあげないのだが、ローカル大会とはいえ、目が離せない。ヤマダ電機、九電工というような女子のチャンピオンシップに出場する2チームが登場するからである。
とくにヤマダ電機などは今年は有力な優勝候補にあげられる。2週間後のクイーンズ駅伝むけて、いわば足慣らしの大会というわけで、どんな顔ぶれで出てくるか、彼女たちがどんな走りをするのか、興趣つきないものがあった。

注目のそのヤマダ電機だが、昨年の優勝メンバーのうち3人を含め、ほぼベストの顔がそろった。竹地志帆、安藤実来、西原加純、石井寿美、筒井咲帆などはクイーンズ駅伝でもエントリーされるはずである。
戦力を試しにきたな!
ヤマダ電機のオーダーをみて、とつさにそう思った。最終区(8㎞)に筒井咲帆がはいっている。筒井はもともと短い距離で実績のあるランナーである。あえて最も距離のながい区間につかってきたのは意図があってのことなのだろう。おそらくクイーンズ駅伝では3区か5区を走らせる布石ではないかとみたのである。
ヤマダ電機は昨年のクイーンズ駅伝で長い距離を走れるランナーをひとり欠いて4位に沈んだ。今年は竹地志帆とこの筒井咲帆を軸にしようという腹なのだろう。だから本大会で筒井を最もんがい距離の区間に使って、適格かどうかをみきわめるつもりだろうと読めた。

レースの興味はヤマダ電機の動向、さらに実業団チームに大学生チームがどこまで肉薄できるかにあったが、最もみどころがあったのは第1区(6㎞)だった。
鹿児島銀行の池満綾乃、シスメックスの金平裕希、ヤマダ電機の竹地志帆ら実業団ランナーがひっぱる展開でスタートしたが、1㎞=3:28というスローペース、2㎞すぎてもトップ集団には12~13チームがつけていた。
2.5㎞では京都産業大学の橋本奈津、名城大の德永香子も前に出てくる。
ペースがあがりはじめたのは3㎞すぎからで、ここで先の全日本大学女子駅伝で1区の区間賞をかっさらった橋本と竹地がひっぱるようになり、4㎞では立命館の加賀山恵奈、大阪学院大Aの清水真帆、名城大の徳永という大学生がついてきて、後続をぶっちぎった。区間賞あらそいはラスト1㎞勝負にもちこされ、好調な大学生3人と2人の実業団選手の叩き合いになった、ここで抜けだしたのが京都産業大の橋本であった。意外にもヤマダ電機の竹地はのびずに立命の加賀山にもかわされるありさまだった。
かくして第一中継所では京都産業大がトップ、5秒遅れで立命館、6秒遅れでヤマダ電機、11秒遅れで名城大とつづき、クイーンズ駅伝のシードチーム・九電工は35秒差の8位と出遅れたのである。

2区(3㎞)にはいっても1区で流れにのった京都産業大の藪田裕衣は快調に逃げた。ヤマダ電機の安藤実来は立命館をかわして2位まであがってきたが追い切れなかった。トップの京都産業大には1秒つめただけで5秒差でエースの西原加純にタスキを渡した。
九電工はこの区間ものびず、6位と順位をあげたが、トップと差は36秒とかえってひろがってしまう。
3区(4㎞)にはいると、さすがにヤマダ電機は強かった。エースの西原加純は1㎞で前をゆく京都産業大をとらえて、一気にひきはなしにかかったのである。昨年の西原はどこか体の動きが鈍くて、全日本でも凡走におわった。だが今年は一変している。顔の表情も精悍になり、目力もあって前身からオーラを放っている。体のキレもよさそうで、すっかりアスリートの顔になっている。今年のクイーンズ駅伝ではおおいに期待できそうである。
その西原の区間タイの快走で、ヤマダ電機は3区で早くも独走態勢をきずいてしまった。2位にあがってきた名城大との差を30秒とひろげ、5位の九電工との差も48秒としてしまったのである。
4区(3.99㎞)5区(5.01㎞)でも、ヤマダ電機は市川珠李、石井寿美がそれぞれ区間賞をもぎとる快走、5区をおわって、ようやく2位までやってきた九電工に1分17秒もの差をつけてしまったのである。
5区は混戦の2位争いがおもしろかった。
4位でタスキをもらった九電工の宮﨑悠香が1.7㎞で前を行く3位の立命館の松本彩花をとらえ並走しながら2位の名城大の松浦佳南を追いかける。3チームによる激しい2位争いがつづいたが中間点で宮崎が抜けだして、ようやく2位までやってくるのである。だが前述のように勝負はすでに決していた。
最終6区(8㎞)、後ろからはもう誰もこない。すでに勝負は決しているのにヤマダ電機の筒井咲帆はしゃにむにすっ飛ばした。やはりクイーンズ駅伝へのテストであることを本人もよく理解していたのだろう。

優勝したヤマダ電機と2位の九電工とは1分54秒もの大差がついていた。6人のうち5人までが区間賞という圧勝ぶりである。出場チームのなかでは戦力的にもやはり抜きん出ていた。クイーンズ駅伝では優勝候補の筆頭に踊り出たといっていいだろう。
2位の九電工は1区での出遅れがやはり痛かった。終始、優勝争いにはからんでこれなかったので、2位とはいえ高くは評価できない。
3位から6位までを立命館、京産、大阪学院、名城の大学チームが占めた。2位の立命館は主力を温存、先の全日本大学駅伝に出場した選手は誰一人も出ていない。いわゆるBチームなのだが、それでいて2位までやってきた。選手層の厚さゆえの地力というものだろう。
今シーズンのチャンピオンシップの女子駅伝は11月27日のクイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)と12月30日の富士山駅伝(全日本大学女子選抜駅伝)を残すのみとなった。 本大会に出場したヤマダ電機や九電工のランナー、立命館、京産、大阪学院、名城大の主力メンバーをもういちど見られる。
ヤマダ電機の全日本初制覇なるか。立命館と松山のリターンマッチにゆくえはいかに……。両方とも見どころはいっぱいである。


◇ 日時 2010年 11月 13日(日)12時10分スタート
◇ コース:福井市 福井運動公園~堀ノ宮町~福井運動公園 6区間 30.0km
◇ 天候:出発時 晴れ 気温21.0度 湿度40% 風:西1.8m(出発時)
◇ ヤマダ電機A(竹地志帆、安藤実来、西原加純、市川珠李、石井寿美、筒井咲帆)
◇公式サイト:http://www.fukui-tv.co.jp/ekiden/index.html
◇総合成績:http://www.fukui-tv.co.jp/ekiden/seiseki.html

 

AD

長野が7年ぶり2度目の制覇!
チームワークと若さで逃げ切る!

 

実業団のランナーやあこがれのオリンピアンと一緒に走れる。
本大会はそういう意味で、とくに中学生、高校生など、若いこれからのランナーたちにとっては胸躍る大会となっている。

チームの区間構成は中学生2人、高校生3人以上、一般4人だが、総じていえることは、実業団の有力チームをもつ地域が、おのずと優位に立つということである。そんなわけで東京、千葉、神奈川、群馬など首都圏チームがつねに優勝候補にあげられる。
だが、今年も同日に福井で「Fukuiスーパーレディース駅伝」がおこなわれており、一昨年、ヤマダ電機の主力メンバーで優勝した群馬なんぞは、メンバー編成に大きな影響をうけたようだ。
区間エントリーをみわたして、中学、高校生が強く、ユニバーサル・エンターテイメントの主力やリオ五輪帰りの尾西美咲を配した千葉の連覇が濃厚。対抗はやはりオリンピアンの上原美幸や田中智美(第一生命)などをもつ東京ではないか、誰がみてもそんなところに落ち着くことになる。
だが……。
駅伝は走ってみなければわからないのである。たとえオリンピアンであろうと、生身の人間である。先のクイーンズ駅伝にみるように、オリンピアンはこぞって凡走に終わってしまった。ひとたび燃焼しきったモーティべーションがまだ立ち直っていないのだ。奇しくもその懸念は第1区から現実のものとなってしまった。

 

第1区は一般区間である。序盤で先手をとりたい各チームはおおむね主力の実業団選手か大学生を配してくるのだが、18チームのうち8チームがあえて高校生を配してきていた。よほど自信もっての起用か、あるいは実業団選手をもたないかのどちらかであるが、2連覇をねらう千葉の場合は前者だったのだろう。中盤からレースのイニシャティブを握ったのはこの高校生ランナーだったのである。
1㎞=3:12というまずまずのペースで滑り出した第1区、予想通りオリンピアンの上原美幸(東京)が前に出て引っ張った。群馬の岡本春美(三井住友海上)、静岡の安藤友香(スズキ)ら実業団の有力ランナーがつづくという展開である。だが、中心をなす上原にいまひとつオーラがない。かわって2㎞になると静岡の安藤友香が前に出て集団をひっぱりはじめた。
レースが動いたのは3㎞すぎ、千葉の成田高校3年の加世田梨花がとつぜん集団を割って、するすると飛び出し、あっという間に50mほどまえに出たのである。さらに長野の和田有菜(長野東高2年)がつづく。東京の上原や安藤など実業団の有力どころが伸びないなかで、2人の高校生がレースを支配し始めたのである。その果敢なチャレンジ精神は賞賛されるべきだろう。
加世田が逃げ、和田が追ってゆく。あっけにとられたわけでもあるまいが上原以下の実業団選手には、もう追いすがる力は残っていなかった。かくして1区は2人の高校生のマッチアップとなり、ラスト勝負にもちこまれた。最後の最後にスプリントにまさる長野の和田が競り勝ったが、千葉は6秒遅れの2位につけ、ひとまず2連覇にむけて順調にすべりだしたのである。東京はエース上原で31秒差の6位、これはおおきな誤算だったのではないか。、

2区にはいると長野と千葉のトップ争が熾烈をきわめた。トップをゆく長野は2区も高校生17歳の松澤綾音(長野東高)、追う千葉は木村友香(ユニバーサル・エンターテイメント)である。両者の力関係は歴然としている。追う千葉は1㎞で早くも松澤をとらえた。だが、松澤は木村の後ろに影のようにへばりついて離れないのである。
連覇をねらう千葉は、この区間で独走態勢にもちこみたかったのだろうが、ここでも長野の高校生は粘って大健闘、千葉にトップはゆずったものの、わずか1秒差で3区にタスキをつないだのである。1区で出遅れた東京は2区でも大苦戦、順位を2つ落として、トップから1分遅れの8位に後退してしまう。

3区でも千葉と長野のしのぎあいはつづいた。長野は高安結衣(長野東高1年)、千葉は佐々木瑠衣(日本体育大学柏高2年)である。高校生対決だけに両者はゆずらず、2人の並走がつづいた。だが同じ長野東高の同僚がはこんできたタスキの勢いというものなのか。高安がじりじりと佐々木をひきはなし、長野の独走態勢を築いてしまう。
長野は高校生3人で断然トップに立ったのである。2位の千葉とは23秒、そこから3位の群馬とは33秒となり、ここで前半は長野と千葉の対決という様相がみえてきたのである。
4区の中学生区間では千葉の風間歩佳(船橋旭中3年)が追い上げてきて、長野との差はわずか6秒、中学生の強い群馬も不破聖衣来(大類中2年)の区間賞の快走で23秒差までやってきた。レースの流れはにわかに流動的となり、勝負は5区の攻防にゆだねられた。

長野の5区は22歳にしてチーム最年長の湯澤ほのか(名城大4年)である。湯澤は先の全日本大学女子駅伝でも3区で区間賞をもぎとっている。その湯澤と6秒差で追ってくるオリンピアンのひとりである千葉の尾西美咲との対決、6秒差ならば実績にまさる尾西がやすやすととらえるだろうとおもわれた。
だが1区の上原と同じく尾西も精彩がなかった。勢いはむしろ湯澤のほうにあり、その差はじりじりひらいてゆく。逆にうしろからくる群馬の林英麻(高崎健康福祉大高崎高2年)に尾西は2.8㎞でつかまってしまつたのである。林の積極的な走りはみごと、さらにトップをゆく湯澤に迫る勢いで、区間賞をもぎとるのである。


連覇をねらう千葉は5区の思わぬ失速、トップから27秒遅れの3位に後退、2位にあがってきた群馬はトップから7秒差、優勝あらそいはこの3チームにしぼられたのである。
トップをゆく長野の6区・細田あい(日本体育大3年)は好リズムで逃げた。追う群馬は失速して後退、3位からやってくる千葉の関谷夏希も悪くはなかったが、2位までやっけくるのがやっとで、トップの細田に勢いがついていた。細田はあれよあれよの区間新で駈け抜け、ここで2位の千葉との差を44秒にまでひろげてしまった。3位の神奈川はそこから1分も遅れ、優勝争いは完全に長野と千葉にしぼられた。
7区で長野と千葉の差は32秒とつまったが、8区の中学生区間で長野は久保田絢乃(丸子北中3年)が区間賞でふたたび39秒差、かくして10㎞の最終8区に勝負はもちこされたのである。
8区の長野は玉城かんな(名城大2年)、追う千葉は青山瑠衣(ユニバーサルエンターテインメント)である。実力の比較では青山に分がある。千葉陣営はここでの逆転を信じてうたがうことがなかっただろう。
青山は玉城を追った。だが玉城はリズミカルな走りで快調に逃げた。前半、差はほとんどつまらなかった。だが後半になって少しづつ差がつまり7、7㎞あたりで28秒差、だが、そこから玉城が粘りに粘った。青山は追い切れず、競技場がみえる地点では2人の勝負はついていた。玉城は第1区からの勢いに乗じたというべきか。そのまま長野の7年ぶり制覇のゴールにとびこんでいったのである。

 

長野の優勝は若い力の爆発とでもいおうか。実業団選手はひとりもいない。中学生2人、高校生4人、大学生3人で平均年齢は17.4歳である。それでいて首都圏チームを蹴散らしてしまった。前半の1区から3区まで長野東高のランナーをそろえて、トップを奪い、中学生も大学生もすっかりその流れに乗ってしまった。区間賞は3つ、4区をのぞいて、すべての区間で区間5位以内という堅実ぶりである。長野東高の現役メンバーと卒業生のチームワークがもたらした勝利というべきか。
2位の千葉は連覇ならず。各ランナーとも、出来が悪かったというわけではないが、全般的に今回は流れが悪く、かせげる区間で競り負けて、もくろみがくるったということなのだろう。
静岡は最終区の清田真央の区間賞で順位を3つあげて3位にとびこんできた。過去最高順位であり、これは大健闘といっておこう。
東京は最終4位におわった。1区の滑り出しがもうすこしよければ、もうすこし上位にきわどくからんでいただろう。


全般的にみわたして、今回は高校生の活躍が眼をひいた。大会の目玉であるオリンピアンの調子がいまひとつあがっていないだけに、煽られっぱなしだった。しかし、いくら目標は別のところにあるとしても、こうも高校生にあしらわれるようでは、日の丸を背負った者として恥ずべきだろう。
それはともかくとして、今大会は中学生・高校生の元気の良さがきわだっていた。それは四年後の東京オリンピックが眼中にあるからにちがいない。

 

◇ 日時 2010年 11月 13日(日)12時05分スタート
◇ コース:福島市信夫ヶ丘競技場~国道4号~国道115号~フルーツライン折返し日本陸連公認「FTVふくしま」マラソンコース 9区間 42.195km
◇ 天候:出発時 晴 気温15.0度 湿度63% 風:西1.9m(12:00)
◇ 長野(和田有菜、松澤綾音、高安結衣、高松いずみ、湯澤ほのか、細田あい、岡村未歩、久保田絢乃、玉城かんな)
◇公式サイト http://www.fukushima-tv.co.jp/ekiden32/
◇総合成績 http://www.fukushima-tv.co.jp/ekiden32/win32.pdf

AD

青山学院大が初制覇!
最終8区でエースが逆転トップ

 

逃げる早稲田、追う青山……
勝負のゆくえは最終区の攻防にゆだねられた。7区を終わってトップが早稲田で2位は青学、その差は49秒、3位以降とは3分ちかい差があり、優勝は完全にこの2校にしぼられていた。
最終区は19.7㎞の最長区である。逃げる早稲田は3年生の安井雄一、追う青山は4年生のエース・一色恭志である。一色は2月の東京マラソンで日本人2位、日本選手権5000mでは学生トップの4位となるなど学生長距離界のトップ。両者の10000mのベストを比較しても44秒ぐらいの差がある。距離からみて逆転は十分可能な情勢にあり、青山陣営はもう安心してなりゆきをみももっていたことだろう。、
一色は快調なペースで安井を追いかけ、勢いの差はもはや歴然といていた。5㎞手前ではやくも安井の背後に迫っていた。逃げる安井のほうは、そんなに速く追ってくるとは夢にもおもわなかったのではないか。
5.5㎞ではなんとその差はわずか5秒、もう安井の背後に迫っていたのである。そして6㎞でとうとうトップを奪ってしまう。安井もけんめいに食らいついたが、搭載するエンジンがちがっていた。その差はじりじりとひろがる一方で、10㎞すぎでは一色の独走状態になった。後ろから追ってくる者は誰もいない。山梨の留学生ニャイロも3位までやってくるのがやっとというありさま。かくして青学の全日本初制覇は、8区の半ばで確実になったのである。

 

現在、学生駅伝のすべては青山学院大を中心にまわっており、青学の学生3冠なるかどうかが、もっぱら焦点になっている今年の大会だが、その青学に食い下がったのは、昨年の覇者・東洋大でもなく、出雲2位の山梨学院でもなく、駒澤大でもなく、伸び代ではいちばんの東海大でもない。出雲で8位と惨敗して、まったくノーマークになっていた早稲田だったというのは、なんとも皮肉な結果というほかない。

 

レース全般をみわたして、最も見応えがあったのは第1区の攻防である。
熱田神宮を27チームがいっせいに飛び出してゆく。よく晴れて小春日和の空、だがスタート時の気温が13度と、朝のこの季節にしては高めであった。
東洋の服部弾馬、駒澤の工藤有生などが前に出て先頭集団をひっぱる。3㎞の通過が8分48秒。ここれ駒澤の工藤が先頭に飛び出し、後ろに東洋の服部、その後ろに青山の下田裕太などがつづく
5㎞通過が15分00秒、先頭集団は20チームぐらいで、青山の下田が先頭に出てひっぱりはじめる。東海の鬼塚翔太、明治の阿部弘輝、東洋の服部、駒澤の工藤らがつけていたがスローペースで集団は横ひろがりになり、ここで、いよいよ思惑をうちにひめた牽制がはじまった。
7㎞で駒澤の工藤が出るも集団はくずれず、レースが動いたのは7㎞過ぎであった。中間点となる給水ポイントで東洋の服部がスパートをかかて一気にとびだした。2位集団の先頭は駒澤の工藤、青山の下田らが2位集団をなして追い、集団は一気に縦長になる。
9.5㎞でひとたび遅れた駒澤の工藤が服部に追いつき2人は並走状態となり、早稲田の武田凜太郎、青山の下田、山梨の上田健太、日本大の石川颯真が3位集団で追ってゆく。

10㎞になると早稲田の武田が先頭集団に追いつき、東洋、駒澤、早稲田が先頭集団を形成、青山の下田、山梨の上田、日本大の石川を引き離しにかかる。。
先に仕掛けたのは東洋の服部だった。13㎞すぎでスパート、早稲田の武田、駒澤の工藤を一気に引き離した。服部はそのままトップでたすきリレー、2位は11秒差で早稲田の武田、3位は駒澤大の工藤とつづいた。以下、日本大学、京都産業大学、山学院大、國學院大とつづき、学生3冠をねらい青山の下田は30秒遅れの8位だった。東海の鬼塚は34秒遅れの10位とやや出遅れた。

 

2区にはいって順位争いはめまぐるしくなる。トップをゆく東洋の櫻岡俊を早稲田の平和真、駒澤の西山雄介が追ってくる。後ろからは青山の田村和希が猛然と追いあげてくる。
4㎞では青山の田村が山梨の佐藤孝哉をひきつれてあがってきて、3位の駒澤の西山をとらえしまう。
5㎞になるとトップの東洋・櫻岡に2位・早稲田の平和真とは8秒差、さらに3位に上がった青山の田村がどんどん差をつめてくる。6㎞ではとうとう櫻岡に平と田村が追いついてしまう。櫻岡は遅れはじめ、そこから平と田村は並走、11㎞すぎでひとたび平が田村をふりきったかにみえたが、13㎞手前で田村が平い追いついた。2人のトップ争いは最後までつづき、ラストスパートで青山の田村が早稲田の平をふりきった。
かくして2区の通過はトップは青山、1秒遅れで早稲田、25秒遅れで駒澤、30秒遅れで日大、35秒遅れで山梨学院、東洋は37秒遅れで6位だった。

 

2区でトップに立った青山、そのままトップを突っ走るかと思いきや、青山独走にストップをかけたのが早稲田であった。
3区の1㎞で早稲田の鈴木洋平は青山学院の吉永竜聖をあっさりとらえてしまう。そして4.5㎞で鈴木がスピードアップすると吉永はじりじり後退していった。吉永はけんめいに追ったが最後の1㎞で鈴木は2段スパート、差はさらにひろがった。後ろでは12位まで後退していた東海大が1年生・館澤亨次が快走、区間1位で8位mで順位をおしあげてきた。
1区~3区でレースの流れをつかんだのは早稲田である。早稲田は4区の永山博基も快走した。
永山は青山の安藤悠哉に追われるかにみえたが、好リズムにのって快調に逃げた。前半はやや押さえ気味、後半の走りで安藤を突っ放して12㎞地点では、なんと50秒もの大差がついていた。
永山はそのまま中継所にとびこみ、2位の青山との差は67秒、永山は堂々の区間賞である。3位には中央学院が浮上。4位は山梨学院、駒澤大は5位、6位には拓殖大があがってきて、東洋大はなんとシード圏外の7位におちてしまった。

4区をおわって、レースは早稲田と青山のマッチアップの様相がみえてきた。ポイントは5区を終わってその差はどれほどのものとなるか。差が詰まるかひろがるかが、もっぱら興味のマトとなった。


5区の早稲田は1年生の新迫志希、快調なペースで逃げた。青山の小野田勇次が必死に追ってくる。だがその差はつまるようでなかなか詰まらない。小野田は区間賞をもぎとったが、タスキ渡しでは1分02秒の差、わずか5秒しか詰まらなかった。
かくして天下分け目の攻防は6区にもちこされた。
6区の早稲田は藤原滋記、1㎞を2:52のペースで入った。後ろからは青山の森田歩希がひたひたと追ってくる。気温が18度をこえて、2人の額や肩口は汗で光っている。中間点をすぎてもその差は1分、このまま藤原が逃げ切るかと思われたが、7㎞すぎから形勢に変化のきざし、少しずつ差が詰まり始めた。7.5㎞で40秒、10㎞では33秒とつまりはじまたのである。そして中継所ではわずか37秒だった。青山の森田は区間賞で、流れは青山に傾きつつあるかにみえた。


7区ではトップの交代劇があるやも……。だが、ここでも青山は追い切れなかった。早稲田は1年生・太田智樹、青山は中村祐紀が必死に前を追う。ひとたびはその差20秒をきったが、そこから追い切れなかった。むしろ後半はその差がふたたびらいて、中継所では49秒差とふたたび開いてしまったのである。
かくして優勝争いは最終区のアンカー対決に持ち越され、青山のエース・一色恭志にとって最高の見せ場がやってきたのである。

 

青山の初制覇は終わってみれば横綱相撲であった。各ランナーともに安定していた。何よりも選手層の分厚さが感じられる。区間賞が3つ、1区の下田をのぞいて、他のメンバーはすべて5位以内である。箱根でもむろん候補の筆頭で、3冠の可能性はさらに高くなったようである。

早稲田は1区から3区までの4年生3人の奮闘で完全に流れに乗った。本大会にかんするかぎり、レースを終始支配していたのは、この早稲田だったのである。
健闘したなどといえば早稲田に失礼にあたる。やっと、ここにきて持てる実力を発揮したというべきだろう。個々にみると、もともと潜在能力のあるランナーがそろっているのである。青山が抜けた存在で、あとはどんぐりの背比べ。1強万弱といわれるなかで古豪・早稲田の復活、すこし箱根がおもしろくなってきた。
3位の山梨学院は中盤でやや伸びを欠いたが、出雲2位につづいて力のあるところをみせた。アンカーのニャイロが生きる展開になっていたら、おもしろかったのだが……。
4位の駒澤はエースを欠いていただけに、しかたのないところか。距離の長くなる箱根ではやはり上位争いにからんでくるだろうとみる。
5位の中央学院はエース的存在はいないのだが、各ランナーが堅実な走り、東洋、東海を上まわったのは大健闘というべきだろう。
昨年の覇者・東洋はちぐはぐな戦いぶり、あわやシード権を失うやもしれなかった。このチームも距離が長くなればなるほど実力が発揮されるだけに、箱根での巻き返しを期待したい。
期待の東海は8位におわった。経験の浅い1年生が主力のチームだけに、距離が長くなると若さを露呈してしまうようだ。箱根では若い力が爆発するか、それとも若さを露呈してしまうか。いずれにしても目が離せない存在だ。

ところで……
早稲田の合宿所は自家のちかくにある。歩いて10分とかからない。朝ランに出ると、ときおりジャージ姿の部員たちと出くわすことがある。朝練のまえの足慣らしなのだろう。なにやら楽しげに談笑しながらまるで宙を舞うかのように、ふわりふわりと走っている。ゆっくり走っているようだが、それでいて信じられないほど速いのである。
そんな、よしみもあって、いつも箱根でも早稲田に肩入れして観ているが、今回はレースの大半を支配していただけに、最後までついつい力がはいってしまった。(笑)

 

◇ 日時 2016年 11月6日(日)午前8時05分スタート
◇ コース:熱田神宮西門前(名古屋市熱田区神宮)→ 伊勢神宮内宮宇治橋前(伊勢市宇治館町) 8区間 106.8 km
◇ 天候:晴れ 気温13.0度 湿度 風:(出発時)
◇ 青山学院大学(下田裕太、田村和希、吉永龍聖、安藤悠哉、小野田勇次、森田歩希、中村祐紀、一色恭志)
◇総合成績:http://www.iuau.jp/ev2016/48meki/16-48meki_results.pdf
◇公式サイト:http://daigaku-ekiden.com/index.html
 ◇tv asahi:http://www.tv-asahi.co.jp/ekiden48/

挑戦者・松山大が堂々の初制覇!
真っ向からの力勝負で立命館の6連覇を阻む

 

チャレンジャーが勝利するときは、いかにも強かったな、というふうに圧倒的な勝ちかたをする。とかく勝負というものはそういうものである。
松山大の初制覇、かえりみれば、われひとりわが道をゆく……というレースぶりであった。3区以降は連覇をめざす王者・立命館い影すら踏ませなかった。

波乱の予感はすでに前日の区間オーダーから兆していた。立命館のオーダーをみたとき、思わずわが目を疑ったのである。3本柱の一角である太田琴菜の名前がない。さらにエース区間の5区はなんと2年生の関紅葉である。菅野七虹でも大森菜月でもない。関紅葉では役不足というつもりはない。力のあるランナーであることにちがいはないが、やはりここは5000、10000で実績のある菅野が順当なところである。
立命館は王者である。王者が奇策を弄する必要などない。ならば太田を欠いたうえに、大森、菅野にも何か異変があったということなのか。とにかくベストメンバーを組めていないとみた。万全の体勢でない立命館にこの時点で黄信号、かすかに不安の影を察知していた。

 

第1区は波乱含みを占うかのようにハーペースで幕あけた。
京都産業大の1年生・橋本奈津、日本体育大の細田あい、関西大の廣瀬亜美が前に出てきて集団をひっぱり、立命館の菅野七虹、大東文化大の夏川帆夏、中央大の五島莉乃、さらに松山大の上原明悠美の顔をちらとみえる。
3㎞=9:37は区間記録をうわまわるペースである。ここで立命の菅野、日体の細田、京産の橋本の3人がひっぱり、15チームぐらいが集団をなしていた。
3.7㎞で立命・菅野がトップに立って引っ張りはじめると集団はばかけはじめ、4㎞ではトップ集団は8チームにしぼられる。立命、京産、名城、中央、福岡、関西、中京、中央などなど。しかし大東の夏川、松山の上原はここで置いてゆかれる。
レースが動いたのは5㎞、イニシャティブをにぎったのは立命の菅野ではなく名城の青木和だった。立命の菅野、京産の橋本、中央の五島がそれに反応して、4チームの激しいせめぎ合いになった。
だが、ここで余裕を持っていたのは京産の橋本と名城の青木だった。5.5㎞で2人がとびだしたとき、立命の菅野の足色にはもうオツリがなかった。区間賞争いは青木、橋本のの2人にしぼられたが、最後は6㎞すぎたあたりで日本インカレ1500の覇者・橋本のスピードがモノをいった。ロングスパートで名城の青木をひきはなしたのである。
1年生・橋本のしゃにむに前をみつめる走りが、ひときわ印象に残った。
1区を終わったところで、京産がトップ、4秒遅れで名城、6秒遅れで中央、7秒遅れで中京、8秒遅れで福岡、立命とつづいたが、候補の一角・松山大は44秒差の14位、大東文化は47秒差の15位と遅れをとった。
立命館の8秒差の6位ならば、まずまずというところだが、エースの菅野だっただけに、もっとおおきな貯金をもくろんでいたはずで、誤算だったのだろう。

 

第2区にはいると上位は激しい順位争いがくりひろげられる。京産の藪田裕衣を追って立命館の池内彩乃、名城の徳永香子、福岡の末永穂乃香が集団でやってくる。その後ろからは松山大の緒方美咲が急追してくる。
3.7㎞では名城の徳永が京産をとらえてトップに立ち、立命の池内もやってきて、福岡の末永もくらいつく展開になる。
だが4㎞すぎでは徳永と池内のマッチアップのかたちになって、ここで立命がやってきたかに思われた。後ろからは松山の緒方がもうみえる位置まで追い上げてきている。
徳永と池内のツバ競り合いは4.6㎞で結着がついた。名城・徳永がスパート、池内はオーバーペースだったのか追う余力がなく、ずるずる後退していったのである。粘りをみせたのは福岡の末永で、落ちてきた池内をとらえて2位まであがってくる。ここまでの福岡大は大健闘である。
後ろからやってきた松山の緒方は、あれよあれよと、ここで立命の池内、京産の藪田もとらえて11人抜きで一気に3位まであがってきたのである。
2区を終わってトップは名城、10秒遅れで大健闘の福岡、そして松山が14秒差の3位まで押し上げてきた。4位以降は19秒差で京産、立命は30秒差の5位と低迷、むしろトップからは遠ざかってしまった。

 

3区になってレースの主導権をにぎったのは名城だった。湯沢ほのかが快調に逃げた。松山の古谷奏が2㎞過ぎで福岡をとらえて2位にあがってきたが、区間新ペースでにげる名城にはとどかない。むしろ差をひろげられ、名城が完全にリズムに乗ってしまった。
3区を終わって、トップの名城と2位の松山との差は33秒、トップと3位の京産とは51秒、4位の大阪学院とは53秒、5位の福岡までは58秒とつづいた。立命はこの区間1年生の佐藤成葉がのびなかった。トップ名城とは1分06秒、2位の松山とは33秒も置いて行かれ優勝争いの崖っぷちに立つてしまったのである。

 

4区も名城は向井智香が懸命に逃げた。もし、この区間で2位の松山との差がひろがるようなことがあれば、レースの流れは一気に名城にかたむいてただろう。後になった考えると天下分け目の区間であった。
ところが松山の高見沢里歩が追ってきた。残り1㎞にところで、気がつけば15秒差に迫って、さらにその差は詰まりめた。勢いの差は歴然としていた。
後ろからは立命の和田優香里が猛然と追い上げを開始、3㎞過ぎでは福岡、大阪学院、京産を順次に抜いて3位までやってきた。後半になって、やっとエンジンがかかった感じである。
トップ争いはかろうじて名城・向井がとびこんだが、急追の松山は2秒差まで迫り、立命館も36秒差までやってきた。4位の京産までは48秒だが、5位以降は1分以上もはなれ、ここで上位は4チームの争いとなった。

 

5区のエース区間は松山のエース・中原海鈴と名城の赤坂よもぎがハナからびっしりと並走、息づまるつばぜり合いがつづいた。だが追ってくる中原の勢いが勝った。3.8㎞で中原がペースを上げたというわけではなく、赤坂のほうがじりじり後退してしまい、あっけなく結着がついた。松山はここで待望のトップに立ったのである。中原の精悍な面持ちとリズミカルで力強い走りは眼をみはるものがあった。
中原に競り落とされた赤坂は8.3㎞で、ようやくチームとしてエンジンがかかった立命の関紅葉にもとらえられ、さらに大阪学院にも追われるという展開になった。
勝負のゆくえは5区で決した。
トップを奪った松山と遅ればせながら追ってきた立命との差は1分04秒である。立命のアンカーはエースの大森菜月だが、逃げる松山はリオ五輪の3000m障害に出場した高見澤安珠である。実力、実績ともに大森のほうが勝るが、5.2㎞の距離で1分はもはや安全圏である。
すでに勝負が決していることは大森とて承知していただろうが、タスキをもらうと、すぐにギアアップして前を追った。けんめいに見えない相手の背中を追う姿に、立命のエースとして君臨してきたランナーのプライドが脈うっていた。
追われる不安もない高見澤だが、トップをゆく者の重圧と緊張というものなのか、ちらと不安の影がのぞくこともあったが、ゆうゆうと初優勝のタスキをゴールまで運んでいった。

 

立命館の6連覇を阻止して初制覇した松山大は終わってみれば圧勝であった。6区間のうち4つの区間賞、区間新記録が2つである。実力でねじ伏せたという強い勝ち方であった。1区で出遅れたが、あわてることがなかった。2区の緒方が11人抜きで一気に3位まで押し上げてきた。
立命が前半もたついているうちに3区では2位に押し上げて、名城とのマッチアップにもちこんだ。この時点で勝利を確信したのではあるまいか。立命と競り合う局面がなかったのが幸いしたというべきか。陣営は相手が名城や京産ならば、もう上から目線でながめていたにちがいない。

立命館は苦しみながらも、最後は2位まで押し上げてきた。地力のあるチームであることはまちがいない。前半のもたつきがなければ、もう少し勝負はきわどくなっていただろう。主力が故障をかかええベストメンバーでのぞめなかったのが敗因といえば敗因だろう。
それにしても……。
立命館のランナーたちはこぞって伸び代がないのが気にかかる。一年生のときが頂点で上級生になるにつれて、だんだん伸び代がなくなっている。大森しかり、菅野もしかりである。学生時代はスター選手でも卒業後はいつしか消えてしまう。なぜなのだろう?
3位の名城は大健闘である。前半は完全にレースの主導権をにぎっていた。優勝した松山と優勝争いを演じたのは立命館ではなく、この名城だったのである。完全に古豪復活である。
4位の京都産業大学も前半はみどころがあった。価値のある4位である。
候補の一角であった大東文化大は1区の遅れでつまずいた。それでも最終5位まであがってきたのは地力のある証拠とみる。


シード権争いでは最終の1枠を関西大学、福岡大学、東洋大学が最後まではげしく争った。最後の最後で東洋大学はわずか3秒差で8位にすべりこんで、初めてシード権を獲得した。
惜しかったのは福岡大学である。前半は5位以内と上位を占め、5区まではシード圏内にもぐりこんでいた。前半の戦いがみごとだったので悔やまれるところだろう。
悲願の初制覇を果たした松山大、こんどは追われる立場になる。年末の富士山駅伝で再び主力の激突となるが、果たしてどんな戦いをするのか。立命館のリベンジなるか。名城、大東文化大が割ってはいいるか。おもしろくなってきた。、


◇ 日時:2014年10月26日(日)午後0時10分スタート
◇ 場所:宮城県仙台市
◇ コース:仙台市陸上競技場(スタート)→仙台市役所前市民広場(フィニッシュ)6区間計38.0㎞。
◇ 天気:晴れ 気温:13.4度 湿度:43% 風:南東1.6m
◇ 松山大学(上原明悠美、緒方美咲、古谷奏、高見沢里歩、中原海鈴、高見澤安珠)
◇詳しい結果 http://www.iuau.jp/ev2016/34weki/rel001.html
http://www.morino-miyako.com/pdf/morino-miyako34_results2016.pdf
  順位変動表 http://www.iuau.jp/ev2016/34weki/rel001j.html
◇公式サイト http://www.morino-miyako.com/