【オタワ時事】ワシントンを訪れていた岡田克也外相は29日午後(日本時間30日未明)、カナダ入りし、ジョーンズ米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で会談した。両氏は、米軍普天間飛行場移設問題の早期解決を目指し、緊密に意見交換していくことで一致。今年11月に予定するオバマ大統領訪日に向け、同盟関係深化の協議を加速させることを確認した。イランの核開発問題についても話し合った。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

釜山少女暴行殺害:昨年の児童強姦未遂もキム容疑者の犯行か
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合(医療介護CBニュース)
元団体役員に懲役7年=長女殺害で裁判員判決-奈良(時事通信)
たばこ増税で6割が「禁煙」決意!?(産経新聞)
チューリップ700本折られる 大阪・鶴見緑地(産経新聞)
AD