1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-18

隠れ脱水による熱中症

テーマ:江本ニーアンドスポーツクリニック
看護師の高橋です。
急に暑くなったと思ったら、突然雨が降ったりと気温の差が激しい日々ですね。
今日は隠れ脱水による熱中症について調べてみました。
<隠れ脱水による熱中症>
熱中症の危険因子の一つには脱水症があります。
気が付いたら知らないうちに熱中症になっていたというのは、自分自身が除々に脱水になっている隠れ脱水症に気が付いていないのが原因です。放っておくと脱水症におちいり、水分不足から汗が作れない状態になります。すると体温を下げることができず、熱中症になってしまいます。気が付かないうちに進んでいるのが隠れ脱水の恐いところです。

<見えない汗と脱水>
通常、脱水が起きやすいのは、目に見えるような大量の汗をかいた時です。しかし隠れ脱水を引き起こす汗はそれだけではありません。
私達は目に見えない汗を絶えずかくことで体温を調節しています。体重の1%の汗をかくと危険だと言われています。
60kの人なら600gの水分が失われると、嘔吐や微熱などの脱水症状が出る可能性があると考えられています。

<水分不足が死に至る原因>
水分が不足すると汗が出なくなり、体温が上がっていきます。高体温で脳や心臓などに悪影響が出て、めまいなどの症状が現れます。死に至る大きな原因は、心臓の筋肉が虚血と高温による障害から動けなくなることです。

<アルコールは脱水の原因になる>
お酒はエネルギー、つまり熱になり、一時的に体温を上昇させ発汗を促し、また利尿作用もあるので摂取するときは注意が必要です。

<1日に失う水分量>
人が1日に失う水分量は約2.5リットルになります。この中で約1.3リットルが尿や便として失われます。約1.2リットルが汗や呼気の目に見えない汗として失われています。

<エアコンと熱中症>
エアコンそのものは熱中症予防に効果的です。エアコンで室内が十分涼しければ体温は上がらず、熱中症の危険は少なくなります。ただしエアコンをつけておけば大丈夫ということではありません。
エアコンの設定温度を28度にしていても、間取りや日当りによって部屋の条件は様々です。エアコンは、吸い込む空気の温度やリモコンがある場所の温度から部屋の温度を判断しています。しかし実際の部屋には温度ムラがあるので、エアコンの風が届かない場所や強い日差しのある場所はエアコンの設定温度よりずっと高くなっていることがあります。
<湿度と隠れ脱水、熱中症>
同じ温度の部屋でも湿度によって失われる水分量は違います。湿度が低い時の方が、より多くの水分が失われます。
汗は蒸発するときに身体から熱を奪い体温を調節しています。湿度が高いと汗は蒸発しにくく、体温はなかなか下がりません。しかし湿度が低いと汗はすぐに蒸発して体温が下がります。
温度が高くて湿度が低い場合、見えない汗がどんどん出て蒸発し、隠れ脱水が進みやすくなります。
エアコンを付けているからといって油断は禁物です。
エアコンの使い方や状況によっては隠れ脱水が進行しています。そのまま水分を摂らずに炎天下に出てしまうと、一気に脱水が進み熱中症になってしまう危険性があります。
これからが夏本番です。喉が乾く前にこまめに水分・塩分補給を行い、上手にエアコンを活用しましょう。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-11

水分補給

テーマ:江本ニーアンドスポーツクリニック

こんにちは、看護師 まつおです。

日光が照り輝き、暑さが増してきましたね。

皆さん、しっかりと水分を摂って、熱中症には気をつけてお過ごしください。

 

さて、今日は熱中症対策としての【水分補給】について考えたいと思います。

 

熱中症予防のために特に重要とされるのが、「水分補給」です。

飲み物ならどれでもよいわけではありません。

 

ジュース類は糖分が多く含まれており、体内への水分補給が妨げられます。手に入りやすいからといってペットボトルなどのジュースばかり飲んでいると、ペットボトル症候群と呼ばれる急性の糖尿病を引き起こす可能性もあります。

 

またコーヒーや緑茶といったカフェインを含む飲み物やアルコール類は利尿作用により、知らないうちに体外に排出されてしまいかねません。

 

熱中症対策のための飲み物として良いのは、水です。

ただし、運動などによって多量に汗をかき水分を失った場合は、水分だけでなく体内の電解質もバランスを崩し、筋痙攣などの症状をひきおこすことがあります。そういった時は0.1〜0.2%程度の塩分濃度の食塩水やナトリウム含有の飲料(40〜80mg/100ml)を補給するようにしてください。

体内の水分量を保つためには、1日に1200ml以上の水分を補給する必要があります。運動や高温下では汗として水分が失われるため+αの水分補給をする必要があります。

のどの渇きを感じたころには既に脱水が始まっているといわれます。そうなってからでは遅すぎます。のどが渇く前に意識的に水分をこまめに摂ることが重要です。運動や労働をするときは、始める前に水分補給をして、最中にもこまめに休憩を取りながら補給しましょう。

 

水分をとると、トイレに行く回数が増えるからと嫌がられますが、脱水に気づいてから水分補給をしても遅すぎます。意識的に補給をして、熱中症に負けないようにしてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-08

熱中症以外にも・・・

テーマ:江本ニーアンドスポーツクリニック

こんばんは。看護部 池田です。

7月に入り、2017年もあっという間に下半期になりました。

連日の雨で毎日湿気でじめじめしていますね。夜も寝苦しく不快指数はMAX!

梅雨が明けたら夏本番、もう迫っていますね。

 

さて、今回はこれからの季節に注意したい症状についてお話します。

 

まずは、汗疹。

大量に汗をかくことで、汗管が詰まることで発症します。赤い丘疹が密集して発生し、かゆみ・痛みを生じさせるものを紅色汗疹と呼びます。

汗をこまめに拭き、汗に濡れた衣服はすぐに取り換えて清潔を保つように防ぎましょう。

タオルを首に巻いたままにすることも汗疹の原因となります。

 

クーラー病

クーラーのかかった室内に長時間いることで自律神経の働きが悪くなり、体に様々な不調をきたします。

現代人のほとんどはクーラーによって汗腺の働きが鈍く、かく汗の質が悪くなっていると言われています。

悪い汗はべたついていて蒸発しづらく、舐めるとしょっぱいという特徴があり、体に必要な栄養分を排出してしまいます。

 

脱水症状

体内の水分量は一定に保たれるように調節されていますが、大量に汗をかくことによって体内の水分が減少したり、水分摂取が追い付かないことで脱水症状が起こります。

口の乾燥から始まり、脱力感や眠気・頭痛、症状がひどくなるとめまいや嘔吐を引き起こします。

 

夏といえば熱中症が怖いですが、これら3つの症状も十分に気を付けたいものです。

調節のきく服装や水分をこまめに摂るなど、日ごろから意識をして元気に夏を過ごしていきましょう!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。