EK&

回復系呪文なんでもいいからかけてください。





最近は大体毎日戦闘中です。


勝ってどうするんだとも思うが負けてもられん。





テーマ:
9月になったら家を探さないといけない。
みたいなことを随分前に書きました。

本当にそのつもりで居たのですが、気が変わったのが5月の頭頃。
ここいいなあ~と思って一ヶ月くらい眺め続けていた物件があったのです。
しかし、絶対に不可能だと思っていた。先に入居される可能性が高かったし、
もし、ずっと空いていたとしても最短で9月になってしまうだろうと。

6月に入るや否や、ハル子が仕事のおつきあいも兼ねて先行してその物件を見る機会を得、
実に唐突に「今日、見てくるね」と言ってきたときには度肝を抜かれたもんでした。
何せ、ハル子は慎重派なものだから。
“仕事の付き合い”でもなかったら、絶対にあり得なかったはず。

私も翌週の日曜日に見に行きました。
その日の内に決断し、7月1日から住める権利を獲得しました。
すごい勢いで決まったのはいいのですが、仕事の都合上、すぐに行動を起こすことは出来ず、
結局、引っ越したのは7月30日。ハチャメチャ暑い盛りでした。

8月は荷解きや新居の整備に明け暮れて終わりました。
空白の4ヶ月はそんなところです。



9月か。早いものだ。

今の家に引っ越してから丸1ヶ月経ちましたが、
今回の家に関してはまるで呼び込まれるように歓迎されながら入居しただけあって、
随分と居心地がいいです。

ただ、やっぱりあの世の人も付いて回ります。
古そうな、どしっとした、まるで重鎮みたいな風情を醸し出す、
恐らくお侍さんであろう男性の霊が名乗ってくるんですわ。
ただ、名乗ってくるだけ。他は何も言わないの。
はっきりと名指しで慰霊してほしいってことなんだろうと受け取っている。

二週間おきに二度来た。同じ人だった。
「土方」って、ただそれだけを名乗る。
なぜか毎回早朝に来るww

ちゃりで10分くらいのところに土方さんの墓碑があるが。
日野の方じゃありません。もう一個の方。
新撰組総じての墓碑?慰霊碑?も場所は違えど同じ町名に存在しているのですが、
まさかなあ。

でも、このことがあってから、ハル子といろいろ話していたら、
日野(土方さんの生家)や調布(近藤さんの生家)、新宿(試衛館)、小石川(伝通院)、
中仙道などといった縁の地を随分と私たち二人とも知らず知らずのうちに
生活圏として踏込んで生きてきた自覚があって面白くなってきた。

でもねえ、幼少期の私に取っては、土方さんの墓碑よりもお岩さんの墓碑のほうが
「うひゃー!」と思う対象だったので、高校時代にバイトしていた大福屋の柱に
うんたらかんたら中仙道~って書いてあるのを目に留めたときくらいしか、
そこが縁の地であることを感じることなんて全くなかった。

それにさ、土方さんに関しては、こんな逸話がある。
当時、切腹させた隊士が夜な夜な化けて出て、近隣の人を怖がらせているという
噂が立ったことがあったそうで、それを聞きつけた土方さんは、
「生前、新撰組に恥をかかせ、死して尚も恥をかかせるか!」と激昂し、
その隊士の霊を斬ってやろうと墓の前で一夜を明かしたことがあったそうです。

当時、真の侍は化けて出ないと信じられていたらしいよ。
大義の為ならば死ぬことも厭わない、大義の為に覚悟をもって命を賭したってことらしい。
国の為にはった命に悔いなどなく、化ける必要がどこにあるのかってところだね。
まあ、解る気もするけど。

そんなわけで、うちに来る土方さんは、きっと違う土方さんだわ。
そもそも、こんなに国を挙げて慕われているお人が、
浮かばれていないわけないよって勝手に思ってる。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
おまえのブログ、どこが「ちょっとおもしろい」わけ?
「かなり怖い」の間違いだろ!

と、可愛い顔したアバターの口からつっこまれました。

そっか。ごめん。


さあ、寝るかと、私が寝るそぶりを見せると、
家鳴りが一発バキッと鳴ることが、月に4~5回ある。
そんな日は決まって、布団に入った直後に誰かが枕元に立って何事か言葉を投げかけてくる。

私は眠くてフガフガしているので、
「はいはい、ごめんね、これしかできないから~」と言って手を合わせて相手の昇天を願うだけです。
私に言ってもお門違いだとわかる相手にはこれでいい。
たまにそうもいかない人がいるけど。

布団にしがみついて、むにゃむにゃお布団サイコー。
ふがっ。て、気がつくと朝。です。だいたい毎日。

でもたまに、私でも「この人、ものすごい怖い!」と思って震えがくるような人もいる。
20人に一人くらいの割合で稀だけど。


一番最近のは、去年の暮れくらい。
若い女の人だった。
ある夜、彼女は黒いタイツだかストッキングだかの膝下だけで私の部屋にひたひたとやって来た。
その瞬間の私の心は「おいおまえそっから上はどーした隠すなやこえーんだわ…!」となりました。
体に損傷はなかったと見えたので事故とかではないんだろうけど、あの世のことは不思議がいっぱいです。
なんか、見た目だけじゃなくて、まとった風情がどす黒かったんだよ。彼女は。
もしかしたら、黒いあの姿は喪服だったのかもしれない。

その一個前は、子供でした。泣き喚いていた。
怖いというのとは違うけど、こちらまで不安になった。
その子は泣き叫びながら「ママ」としか言わなかったから。
死に別れたのかなとも思ったけど、わからない。
この子に関しては、生霊だったのかもしれない。と、今でも謎なまま。
ほら。最近は虐待の話題が絶えないじゃん。
この日、私がかけた言葉は、芸がないものだった。「どうしたの。泣かないで。どうしたの。泣かないで。」
それ以外に何が言えたっていうんだ。
言葉も儘ならないこの子の心が少しでも楽になる様に、手を合わせて願をかけるだけ。
まあ、何を言われてもできることはそのくらいなんだけど。


人は自分でも分からないうちに、生霊を飛ばしている。
考えたくもないのにそいつのことでイライラするとか。
それはね、そいつの生霊が目の前にいるからだよ。
私のところにも私とちょっとすれ違いを起こした人が生霊として現れる。
はいはい、あなたね。という気分。

学生の頃、私が生霊で悩んでいることをスッと見抜いた人がいた。
「負けてちゃダメよ。こっちにだって言い分はあるんだから。倒されてばかりいないで言い返しなさい。」
と、私にとっては天変地異のような一言をくれた。
それからはこっちの非も認めつつ、でもあんたも大概だよね!と相殺に持ち込んで追い返すようにしている。

生きるってめんどくさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとおもしろいことがあった。

昨日、戸建物件を見ていたんだわ。すまほで。
どっかいいとこないかなと思って。
ないかなと思ってとかいって、もし本当に引っ越すとなったら、
本格的に探し始めるのは、多分、9月頭頃だと思うんだけどさ。
相場調査もかねて。

そんでさ、間取りとか内装の写真を閲覧してたら至る所に
そこに住んでいたらしい人の霊が映り込んでいました。

思わず、「あ、霊が映ってる」と私が零すと、
ハル子は驚いたように「え、どこ?」と聞いてきたので、
私は次々と写真をフリックしながら、指し示しました。

EK「ここだよ。ほらこれも。あ、これにも映ってるね」
ハル子「あー・・・」
EK「ここに住んでた人だね。亡くなって日が浅い」

みたいな話になりました。
眺めてると変に伝わってくるんですが、我が家に帰ってきちゃってる状態でした。

中古の戸建を借りたり買ったりするときは、
事故物件じゃなくても気を使って決断するのが妥当だなって改めて思った夜だった。



おわり。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ついに昨日、画面ばきばきとおさらばしまして。
またiPhone。6+にしました。取り寄せに1ヶ月を要したとさ。

出勤前、朝のニュースでアップルがみなとみらい21あたりにアジアの開発拠点を
構えるってのを見たからってわけじゃない。
でも、一週間くらい前に「届きましたよー」って電話を貰っていたことと、
いつもより少し早かった仕事上がりにフラフラと最寄駅の階段を下ったり上ったりしていたら、
自然とそのニュースのことが思い出され、その足でショップへ向かうことを決意した。
明日でいいやって、つまり今日12日でいいやって思ってたんだけど。

しかし、6+でかい。
そんなことより、画面が砕け散ってない。(あたりまえ

そして、Retina? は、美しかった。
それなのに、マットな保護フィルムをさっさと貼付けたのよね、私。。。

これってね、客観的に見ると、
元来、携帯電話に大した依存や期待はしていない人間であるが故の暴挙のようでした。

このまま使い続けるとまた砕け散るのは時間の問題なので、
Amazonで手帳型ケースも注文した。明日か明後日には届くだろう。
早く来て。きっとさっさとまた割るから。

今回、どこを見ても大したキャンペーンがなかったので、迷ったのですが。
お帰りキャンペーンだけが唯一の輝きとなって、キャリアはどこもに戻りました。
今日は前キャリアの他の部分の契約を全面解約しに行って、
ついでに晩ご飯の素材を選び米を担いでよたよた帰宅。

ご飯の準備はこれからです。

さて作るか~い。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。