• 12 Nov
    • 自分の名前のこと

      病院では自分の名前をことあることにいいます。そして、呼ばれます。何度も何度も。間違えないようにとかそういう医療上のミスをなくすためのものだけど、なんだか主張をしているようで、ここにいると叫んでいるようで、生きてることを何度も叫んでいるようで。ここでは匿名か。えかき。ふふふ。不思議な世界。

      3
      テーマ:
  • 10 Nov
    • プロローグもないからエピローグもない

      長いから最後だけ読んでください。2004-09-25から 48日間、記事数145プロローグをあえて言うなら入院をする5日前、エピローグは、なぜか体から出ている糸を切ったら、そんなところだろう。ちなみにこの糸を引っ張ると万国旗が出てきまーす。さて、僕ははじめから決めていた。ここでのエピローグは、この体から出ている糸を切ってもらうこと。そこで、一幕を降ろそうと思っていた。ここで、個性的な方、やさしい方、詳しい方、為になる方、影響される方、感化される方、たくましい方、賢い方・・・知り合えて本当によかった。僕は自身の手術も入院もちょっとしたイベントとして楽しんだ。手術は胸部で、まあ、正直しんどかったけど、なんだか楽しんでもらえたようでもあったのでよかったとおもう。ついでに頭も顔も良くしてもらえばよかったw脱走したり、急に退院したりで、はらはらどきどきしてもらえたならいいかな。裏の川の鮎みたいに跳ねてる!なんていわれてうれしかったよwちなみに同じ病室だった人は、まだ入院している。また、ここで知った方、話した方にはとても感謝をしている。僕は感化され、いろいろと感じさせられた。続けていったらもっと、いろいろな詩が書けそうだとも思った。僕が言うのもなんだが、皆さんは才能あると思う。人を感化して、なにかをさせるのだから、本になったら買いたいと思うものもあるよ。魅力あるって事だね。ここで書いていた間にも、世の中はいろいろなことが起こっていて、僕も響きを受けて、感情を表に出すように表現したところも多かった。とにかく、本気で泣いたり笑ったりしたってことさ。もし、苦しい思いをさせらり、不安でこわい思いを感じさせてしまったなら、すまないとおもってる。現実というのも僕的にはしっくりこない。まあ、現実でも僕は気持ちを露わにして、表現してしまうから、あまりここと、外との差がないような気がする。ちょろちょろとしていたかと思うと、たまに爆発してってかんじかな。自由気ままなんだ。知り合いに爆弾娘(芸術家)さんがいる。たまに爆発するその人のことをいいなあ、楽しいなあなどと爆風を浴びながら思っていたが、気がつくと僕も爆弾だった。僕は大した爆弾ではないけどね。さて、僕も旅に出る。自分探しなんて目的ではなく、仕事だけどね。旅の途中にも、ここに立ち寄ったら遊びに行きたいと思ってる。なにか感動することがあったら書くかもしれないし、旅から戻ったら再開するかもしれない。それまで。そして、これからも。    ありがと。        えかき

      10
      テーマ:
    • ありがとう

      場違いな所に来てしまってごめんなさいそんなこといわなくたっていいよ自分が弱いからこんなふうにひとのことも勝手に心配してしまって素敵じゃないか

      テーマ:
    • 心臓のこと

      もしも私の娘の心臓が今にも止まりそうであって私の心臓が必要であるのなら私は娘に心臓をあげる私は今まで十分に幸せに生きてきたからあなたとこの子が生きられるのなら私は心臓をあげてもかまわないもしも僕の息子の心臓が今にも止まりそうであって僕の心臓が必要であるのなら僕は彼に心臓をあげる僕が君らをこの先も守ることは出来ないけどみんなで暮らせることが一番の理想だけど君とこの子が生きられるのなら僕は心臓をあげてもかまわない

      1
      テーマ:
  • 09 Nov
    • 題が痛いけど真剣。詩集作って首相に送りたい 売って困っている人に寄付を送りたい

      2005-0427 再投稿あなたのことばを、トラックバックさせてください。力を貸してください。トラックバックください。こころをください。ことばをください。祈りをください。愛の姿を知りたい。わがままを許してください。http://ameblo.jp/tbinterface.php/49676e1eb22cfde98f02a48d7f89ccfe祈り2004-11-09愛を知っているはずなのに、なのになんで・・・真剣にやることも、空回りすることも、盲目になることも、暑く動くことも・・・どうすればいいのか・何をすればいいのか・・僕が決めた日時・解ってたはずじゃないか・知っていたはずじゃないか・・・なのになんでこんなに暑いんだ・・なのに寒く痛いんだ。答えなんて在るのかい?答えなんて無いのかい?いらない。生きたい。わかる、解るんだ。書いていることもまとまってない。誰も聞いてくれないのか?2004-11-10暴走して名前を売ることをやってみた。無名であることの無力さを改めて知った。この広い世界のどこかでこんなことを静かに叫んでいるものも一人はいることを知ってもらえればうれしい誰も聞いてくれないではないのだ。聞いているのだ。こんな風に求めるのも無力であることを知っているはずだこんなにノンフィクションの世界に生きているのにその上でこのフィクションの中でも、人は辛いものを見たくないことを僕は知っている。やはり今まで通りに僕のできることを少しずつやりたいと思う。幸せな気持ちになれるのであれば言葉を書こうあたたかい気持ちになれるのなら言葉を書こうここではそうなれる言葉だけを書こう僕はここでは「えかき」、幸せだけを書く。僕じゃだめなら誰か僕の代わりに集めてくれ詩に祈りをとにかく僕は誰も愛せないじゃないもう、愛している僕は心臓を取り出して愛するものが必要ならあげる事が出来ると公言しているだからいまは無駄に死ねないぼくは聖人じゃないから誰にでもこの心臓を取り出してあげることはできないあなたの言うとおり今の僕には無理だろう彼のように愛することも彼女の言うとおり僕にはあの子を救えない救える方法愛してあげることだけそんなこと知っているそれを受け入れるとは限らない僕一人じゃ止められないなにものもかえりみずあの場所に赴き抱きしめる苦しむ人をわけへだてなくすべての人を家に住まわせスープとパンと愛情を分け与えるそれはできないでも、ほかにも、方法があるはずさ貴方のことばで僕のことばでみんなのことばで救う道が創れるのなら叫ぶだけでもしようじゃないか集え詩人・ものつくりのものたちよ何のためにかいているこんなことは興味がないか喜びが必要な人には喜びを愛が必要な人には愛を優しいことば温かいことばつらいことば綺麗なことば痛いことばも必要な数だけ必要なものだけ必要な人のためにことばを纏めて世界を動かせ止める事が必要なら止まるようにコインが必要なら売ってコインを貰う動かせないかもしれないけど詩に祈りを僕じゃだめなら誰か僕の代わりに集めてくれとにかくこころが必要なんだ

      1
      テーマ:
    • 無邪気

      迷わないから偉大だ。無邪気な愛時に傷つけるのだな。

      テーマ:
    • 智慧と美の女神

      智慧と美の女神のもとで僕らは酒を飲んだ。 今更ながらまたしても過去の日記をかく彼はえかきだ。僕はえかきだ。お互いに話す、違いをみる、それを肴に酒を飲んだ。彼は言った。「僕は多動症だったんだよ。」それを聞いて僕の伯母は言った。「あら、貴方も多動症だったのよ。貴方は気が付いてなかったでしょうけど。」なんだろう、多動症って。伯母は答える。「学校中をひとりで大騒ぎにしちゃうような子供だったのよ。」個展の終わりに彼はきてくれた。うれしいよ。伯母は帰った。会場を閉めて、僕らはこころに向かった。そして、智慧と美の女神のもとで僕らは酒を飲んだ。彼を見てると別に病気じゃないよ。僕だって、なんだろう、何でも病気かい。彼を見てると才能だと思う。どうしてるかな。彼は元気かなあ。

      テーマ:
  • 08 Nov
    • 空白

      いっしょにねんねいっしょにねんね道に眠る男の側にぬいぐるみを寝かせる少女耳の取れたうさぎ腕がとれ焼けたくま目の無いいぬ旅人はたずねたどうしてそんなことをするのパパがひとりで寂しくないように少女は一生懸命に寝かしつける傷ついたぬいぐるみたちいっしょにねんねいっしょにねんね

      2
      テーマ:
    • 空白

      もう、当分は悲鳴をあげない。白くなったから、動けなくなったから。ありがとう。

      テーマ:
    • 空白

      太陽に近づきすぎて焼けてなくなった僕の翼は溶けなかったから

      テーマ:
    • 空白

      広大な情報の海を検索しても見つからないから探しに行った生きてゆくために欠かせないもの電気ガス水道の無い国に行けば見つけられると彼はいうそれも払うことを拒否したら供給を停止されてしまうものなのに彼はそれを探しに旅立った生きるために必要なものあまりに違いすぎたもの彼らが必要だったもの首のない胴体とめるために生きるために

      テーマ:
    • 空白

      世界をつなぐ地球中のビルのひとつその塔が折られた瞬間からそれらが支えていたもの地上に降り注ぐ事を止めていたものがまた、動き出した僕はそれのひとつがある街でそれよりも小さなビルの一室でひとが集まり難しいことも考えずただ酒を飲んだ少し早いがあの日のことをわが身のように思い描き静かにその街を去った世界中にこの塔が建ち増えることはすばらしいと思ったんだでもそれは裕福な象徴貧困を踏みつける巨大な柱そう思う人がいることもこの世界の事実なんだ

      テーマ:
    • 空白

      聞かれたよなぜ書くかだから理由を見てみたよただ、こころが痛いからそれを和らげるためだけにただ書いているひとりごとただ現実を切り取って文字を書いているだけで思い上がりなどはなはだしくなにもないただのひとりごと僕は写真機であって愛の杖ではない鏡であって光の帆ではないそれらの機能を備えたただのひと生きてゆくために欠かせないもの僕の場合はこころであってそれを守るためにひとりごとただのひとのひとりごと

      テーマ:
    • 空白

      覚めぬ眠りにつく時なんて一瞬だった幸福だったそんなものは一瞬だった何度も覚めぬ眠りについた男は白い中を旅をした夢から覚めた男は縮まっている肺を広げる痛みに声を挙げた痛みに声を挙げたその手には愛を握っていた暖かい水冷たい水飲み続けて歩き続けるつかんだ愛を放さぬまま

      テーマ:
    • 空白

      最後の空白愛で愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛愛

      1
      テーマ:
    • 空白

      こころが成長する。あたたかい。ありがとう。

      テーマ:
    • 空白

      反論じゃない。同感なんだ。あのことばは自分のためにも書いていたんだ。僕には書けないことば。素敵なことばをありがとう。美しいことばをありがとう。貴方のこころ、感じます。僕はことばが苦手だから、時間はかかるけど、貴方のように、こころが書けるように、感じます。

      3
      テーマ:
    • 十年前の日記

       昔描いた絵、今は僕の手元に無い絵。 今更ながら十年前のある日の日記を書く。 僕は旅に出ると突然いった。子供を授かることのなかった老夫婦に向かっていった。今まで僕を子供のように見守ってくれた二人に、僕はわがままをいった。こころを傷つけるわがままだった。運命的に知り合った。義父は家も会社もくれるといった。でも、僕は旅に出たかった。旅にでなければならないと思い込んでいた。絵を描きたい。旅にでたい。僕はそれを信じていた。意味はない。絵では食ってはいけない。義父はそういった。父だった。僕は意思を曲げなかった。義父は好きにしろと哀しそうにいった。義父はまるで息子が死んでしまったかのような顔をした。義母はそわそわとしていた。義母は別の部屋、キッチンで泣いていた。僕は彼らを悲しませた。それでも僕は旅立った。その時もまだ、胸に包帯を巻いていた。体の傷はまだ癒えてなかった。それでも僕は旅立った。 僕はわかる。旅をするひとの気持ちがわかる。僕も同じだ。僕も歩きまわる。見てまわる。話してまわる。ひとと出会う。感じてまわる。それが重要で、僕が生きている限りする必要があることだと思った。すべてを断ち切って僕は旅に出た。何もなかった。家も捨てた。親もいない。義父母も捨てた。車に詰めるだけの僕の全財産と少しの金を持って彷徨った。車で寝た。何年くらいだったかそんな生活を続けた。持ってた筈なのになくした物はたくさんあった。もとから、ごみのようなものを大事にしていた。だからか、あまりむかしのものが手元にない。でも、こころは失くしてなかった。よかった。失くしていないものは他にもあった。例えば絵を描くナイフ。彼らとは10年以上の付き合いだ。気が向いたらまた書く。・・・今、また、岐路に立つ。コインを高くあげる。

      3
      テーマ:
    • ぬくもり 【温もり】

      辞書よりあたたかみ。ぬくまり。「永遠」とは、なんて蒼く冷たい響きだ。美しくもはかなく、こわれやすい。ある人は幻想だという。あるひとは求める。「ぬくもり」とはいいものだ。光を感じる美しいもの。自分のむくもり。相手のぬくもり。ただ、この二つは氷と火のよう。ベットから出れない。あらがうかのように。

      テーマ:
    • えいえん 【永遠】

      ことばはいらない

      テーマ:

プロフィール

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。