出会い

        えぼし高原ホースパーク

          NPO法人えぼし高原ホースパーク



馬が好きな方が気軽に遊びに来れるところラブラブ 馬や小動物にふれあう事が出来るところ音譜

乗馬ができるところ馬


音譜このブログは、えぼし高原ホースパークや周辺で起きた出来事を中心に、スタッフの所感など

  を楽しく綴っています音譜

ビックリマークNPO法人えぼし高原ホースパークではFacebookにも近況を投稿しています。

  こちらもご覧ください→https://www.facebook.com/npoebosi



 自然や動物とのふれあいは、命を大切にする心を育むとの思いども

の健全育成活動に力を入れております。

 また新しいことを始めたい方や生きがいづくり、健康増進のためのシニア世

代の乗馬や、ジュニアや障がい者乗馬どに取り組んでいます。


    人に優しく

    馬に優しく

    をモットーに活動しております。


NPO法人えぼし高原ホースパークを応援くださいますようお願いします。



$馬を愛する男のブログ Ebosikogen Horse Park

↑クリックすると大きく見れます


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-15 04:51:46

第3回お馬さんのスケッチ大会作品展開催

テーマ:広報

第3回お馬さんのスケッチ大会作品展を開催します

 

開催日:平成29年2月8日(水)~2月12日(日)

時 間:10時~17時30分

場 所:島瀬美術センター

展示作品数:幼児、小学生のスケッチ作品61点(うち大人分数点)

当日の審査委員長は佐世保市島瀬美術センター 安田館長

 

※なお展示作品返還は2月13日(月)の10時から11時の間

 第1回、第2回の作品を受け取られていらっしゃらない方の作品も。

  (この日以降はえぼし高原ホースパークへご来場ください)

 

昨年5月月1日に開催した第3回お馬さんのスケッチ大会開催模様

晴天に恵まれ子どもたちは馬や小動物のしぐさや表情をまじかにそして触れ合いながら思い思いの絵をかきました。

子ども目線の独創的なスケッチ作品をどうぞご観覧にいらしてください。

 

 

 

 

 

 

賞状の授与花丸 

おや!?お母さんと作ったのかクローバーの花冠を付けた子がカナヘイハート

審査委員長安田島美館長が優秀作品賞のスケッチの講評をはなまる

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-04 07:45:50

仲良しと今春の初騎乗

テーマ:ホースパークの仲間たち

正月は暖かい陽ざしにポニーやヤギたちも仲良くまったりと過ごしています。

ジュニア会員の女の子はさっそく初騎乗です。ピーターの輪くぐり調教のも取り組みました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-01 19:23:33

謹賀新年

テーマ:広報

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-31 20:16:13

おキツネ様が姿を見せました。

テーマ:ホースパークの仲間たち

本日31日午後3時30分ころに、何羽ものカラスが鳴き喚くのでその方向をみるとキツネが

いました。カラスの上空からの攻撃に身を伏せていました。冬毛が伸びて美しいキツネです。

このキツネは夕方になると時々姿を見せます。私たちはこのキツネをホースパークの守り山神様と思っています。おかげで今年も無事に1年を過ごすことができました。数秒間ですが動画も撮れましたので後日アップします。

 ブログをご覧いただいている皆様、1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願い

申し上げます。

 

       

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-29 19:20:58

昼間からイノシシ現る。くわばら、くわばら

テーマ:えぼし高原ホースパークの馬たち

放牧しているヤギの近くにイノシシが現れました。ヤギはイノシシ避けになると

言う方がいらっしゃいますが、このとおり平気で近寄ります。ヤギも警戒はしますが

それほどは怖がりません。     

 いろんな特徴のものが現れます。「もののけ」かも

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-27 05:44:29

子ヤギの出産動画と「いのちの講話」について

テーマ:ホースパークの仲間たち

ヤギの出産

  子ヤギは生まれて程なく「おぎゃー」とばかり大きく泣き肺呼吸開始、立ち上がります。母ヤギは子ヤギ口の中の異物を吸い出すかのように口を舐め、身体を舐めます。冬季は濡れたままだと低体温から仮死状態になることがあるので、温タオルで体を拭きマッサージします。子ヤギは目も見えており母の乳房も歩いてさがしますが、直ぐに乳を吸えない時はやきもきします。母ヤギは手伝わず子ヤギは自力で乳首にたどり着きます。これが、最初の生きるためのトライでしょうか。

 

 しばらくするとどこからかカラスが飛んできます。胎盤などの匂いを嗅ぎつけて来るのでしょうか。カラスは子ヤギの目や肛門を突いて殺して食べるので、第二の試練となります。これらを乗り越えた子ヤギは3日のちにはピョンピョン跳びはねます。驚くほどに成長が早いです。そして、子ヤギも個体ごとに性格が異なります。やんちゃな子・人なつい子、警戒心の強い子と様々です。母ヤギの性格をかなり引き継ぐようです。

 

 とっても可愛い子ヤギたちですが、その生命ははかないものがあります。母ヤギも気づかないうちに突然死したり、食中毒や脱水症を発症したり、ケガをすることもあります。獣医さんの診療を受け、ヤギに限らず馬でも夜通しマッサージしたり、リハビリストレッチや体位変換・消毒や大声で元気づける声かけをします。元気を回復した時ほどにうれしいことはありません。

このように、動物たちの飼養を通して「いのち」に関わるエピソードもたくさんありますので、子どもたちにいわゆる「いのちの講話」も実施しています。えぼし高原ホースパークは捕獲された野生動物や食用動物の展示や飼育でないので、子どもたちも矛盾なく話を受け入れてくれるのではないかと考えています。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-20 20:10:55

雨の中でも楽しめた飯盒炊飯

テーマ:えぼし高原ホースパークの馬たち

12月4日日曜日に開催した「はがま造りと飯盒炊飯ワークショップ」の模様です。

あいにくの雨でしたが、前日に急ごしらえの仮設テントが役に立ち、飯盒炊飯のたき火

や食事も空き缶を使ってのアルコールコンロ作りも雨に煩わされることもなく実施できました。

飯盒がほんのわずかな薪でご飯が炊けるとは思っていませんでした。又、アルコールコンロも

わずかなアルコールで湯を沸かしたり、ご飯を炊けることが分かりました。

貧乏臭いようで、こだわりのコーヒー、ココアなど豊かさを感じました。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-14 20:08:45

晩秋~の木場山展望所外乗乗馬

テーマ:えぼし高原ホースパークの馬たち

晩秋の紅葉や落葉を眺めながら林道を木場山の展望所まで、馬で往復します。

東京から見えた方や会員さんも楽しまれました。

ポニーでは、3歳から小学生までが、展望所まで馬で行くことができます。

 

      

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-06 10:06:16

はがま造りと飯盒炊飯のワークショップ開催

テーマ:青少年の健全育成

  「はがま造りと飯盒炊飯ワークショップ」を

    124日(日)に開催しました。

                     

 

この日も雨でしたが、前日に鉄パイプとシートで作った仮テント(6m×6m)の

中下で飯盒炊飯や空き缶を使ってのアルコールコンロの製作に取り組みました。

 はがま造りは自然石で行う予定でしたが、雨で足元も悪く石も滑って危険なので

鉄筋で組んでやりました。

ハンガリー料理のグーラッシュ、生豆を焙煎してのコーヒー、バターや牛乳を加えて

練り込みたき火であぶったマシュマロを浮かべたココアに、手作りマフィン。

自作したコンロでは紅茶。930分に集合して午後330分解散まで雨の中での長時間の

親子での野外活動でしたが、皆さん頑張り楽しまれていました。

 テレビ佐世保の取材放映があり、アルコールコンロ作りは1230日の放送の「防災番組」で

放映されるとのことです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-27 01:21:34

来ないと損する!!

テーマ:広報

『かまど造りと飯盒炊飯ワークショップ』

延期のお知らせと参加者再募集

 

今日11月27日に予定していたワークショップはあいにくの雨のため12月4日(日)に延期します。
午前中はかまど造りと飯盒炊飯!!
午後は、大人の方へは、『アルミ缶でキャンプ用コンロ』の作り方を山田講師が指導いたします。

アルミ缶のキャンプ用コンロは、ワクワクものの災害お役立ちグッズですよ。

. 

空き缶で作ったアルコールストーブでお米を炊いている図。

0.5合の米を炊いています。ビールの缶の下にあるのがアルコールストーブです。ストーブの左右から青白い炎が出ているのが見えますか?

 

子どもたちは、森の中で楽しく遊ぶ計画をしています。

来ないと損しますよ!!ぜひご参加を!!

 

『かまど造りと飯盒炊飯ワークショップ』
~野外で楽しく災害対処力を養おう~
指導講師に野外活動のレジェンド、少年山荘の山田祐氏をお招きします。


参加者募集要項
開催場所:えぼし高原ホースパーク内
開催日:平成28年12月4日(日)
開催時間:10時~15時(集合9:30分)  
参加対象者: 子ども(小・中学生)とその親
         または大人(一人でもグループでも参加可)
参加費:一人2,000円 (保険料・食材費含む)
定員:40人
申込方法:Eメールまたはお電話にて①~④をご連絡ください。     
①参加者氏名 ②年齢(子どもは学校名、学年)③住所 ④携帯電話番号 
申込締切:先着順(定員に達ししだい締め切ります)
持ってくるもの:米・皿・コップ・スプーン等(詳細は参加決定後連絡いたします。)


※ホースパークからのメールが受け取れるよう設定しておいてください。


主 催 者:NPO法人えぼし高原ホースパーク
協 力 者:NPO法人少年山荘

 

ワークショップの狙い等について…主催者から

風水害や地震で被災した際に避難所以外では自分や家族は自分で守らなければなりません。そのために必要な災害対処力を養おうというのがこのワークショップのねらいです。また、被災地支援のボランティアは自分で衣食住を確立できない人は役に立ちません。災害時に「助かる人、助ける人」を1人でも増やせたらと考えます。学校の野外活動で経験する飯盒炊飯は、多くは炊事場のかまどとマキを使います。このワークショップでは、森の中や周辺から自然石や枯れ枝などを集めて屋外でかまどを造り火を起こして炊飯を体験することで、ガスや電気に頼らない災害対処力を養おうとするものです。又子どもたちがこうした体験活動を通して自己肯定感を高め、いじめられたり不登校にならない力をつけることも期待して取り組むものです。(子どもは火遊びでなく「火学び」します。)

昼食はヨーロッパ風のグーラッシュを作り、食後はレクレーションをして大人もども楽しいワークシプにしたいと考えています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。