知人2人から計7000万円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた、みんなの党の山内康一衆院議員(比例北関東ブロック)の元政策秘書、神武幸被告(48)は31日、東京地裁(楡井英夫裁判長)で開かれた初公判で、4000万円詐取の起訴内容について「返すつもりだった」と述べ否認した。3000万円詐取は認めた。

 起訴状によると、神被告は08年2~3月、神奈川県の知人男性に「確実に返済できるので事務所運営資金を貸してほしい」と持ちかけ4000万円を詐取。また同4月、都内の会社社長に「利息は3カ月で40%つく」などとうそを言い、架空の投資名目で3000万円をだまし取ったとしている。【和田武士】

<自殺>乗用車内に練炭、男女が死亡 埼玉・毛呂山(毎日新聞)
絶対難視世帯にBSチューナー貸与 NHK(産経新聞)
<島根原発>差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁(毎日新聞)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
<防衛省>陸将補を減給処分 立ち木無断掘り起こしで(毎日新聞)
AD