19日午前4時50分ごろ、大分市望みが丘の民家から「父親が包丁を持って暴れている。母親がけがをした」と119番があった。大分東署員が駆け付け、この家に住む幸知代さん(47)と長女、彩乃さん(18)が2階の寝室で血を流して倒れているのを発見した。彩乃さんはまもなく死亡、知代さんは病院で緊急手術を受けるという。

 大分東署は車で逃走した知代さんの夫で学校法人職員の幸浩彦容疑者(48)が妻と娘を刺したとみて、殺人容疑などで行方を追っていたが、現場から約3キロ離れた大分市大在の大在公共埠頭(ふとう)の約270メートル沖で、幸容疑者の遺体が浮いているのを見つけた。

 同署は自殺とみており、殺人と殺人未遂の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 同署によると、家族は5人暮らし。ほかに10代の息子が2人おり、うち1人が通報者とみられる。現場で凶器とみられる刃物が見つかった。

 近所の女性は「仲の良い家族だった。娘さんを大事にしていたのに、こんな事件が起きるなんて…」と顔をこわばらせていた。

社会福祉士合格率27.5%、PSWは63.3%(医療介護CBニュース)
イラク戦争、検証が課題=政府答弁書(時事通信)
開港1週間茨城空港の暗い未来 格安航空会社誘致も「色よい返事なし」(J-CASTニュース)
<紛失>退職予定4人分の警察手帳 兵庫県警(毎日新聞)
<輪島市長選>梶文秋氏が再選 石川(毎日新聞)
AD