リハビリ茶屋

理学療法士/抗加齢指導士のエイジング情報


テーマ:

Fasting(断食)と聞くと

苦行や宗教的な印象を受けますけど、要するにオートファジーシステムを活性させましょう、ということですね!٩( ᐛ )و

なのですが、

調べると殆どが“痩せるための〜〜” “アンチエイジング =美や健康(だけの)のための” という情報が目立ちします。



ミネラル欠乏や筋肉の分解に注意したファスティングを試してみると(僕は出来てもせいぜい一食、または朝と昼くらい…ですが。でもそんな部分的な断食でも)、確かに肌質や排泄の促進が改善します。


今まで【摂取する栄養や方法はどんなモノが身体にいいのか】ばかり考えてた自分にとっては逆転の発想でしたが、理屈から考えたら当たり前の話で、腹8分目とか、粗食・少食、細胞の品質管理というか“断捨離”みたいなもんでしょうか。。。



それにしてもファスティングは、

痩せるためだけじゃなくピンピンコロリ、ポックリ逝くための健康体の作り方にも通づるのでしょうけど、

運動競技用の体作りでもファスティングを活用できるのではないかと思うわけです。


体育出身者として

アスリート用の肉体改造 = アンチエイジング

という方程式は否めないのか??という疑問は未だに残っています。

昨年末に会った岡田さん(日本オリンピック委員会強化スタッフ(柔道・水球))からも、疲れは取れにくい、と聞いた。理由は『常に食べているからでしょうね』と自己分析されていた。


その疑問を払拭してくれる、効率的なトレーニング強化用の機能的栄養管理方法がある気がします。



と言っても今からアスリートを目指す予定もない僕の場合は、

おっさんがいかに楽して運動競技もマァマァ続けれる体を効率よく作り上げるか

そしてアンチエイジングにも役に立って死ぬときにコロリと逝ける…

そんなエコロジーな(環境によい)カラダをエコノミーに(節約して)作れる方法を探しているのですが…




これにはファスティングというのが、Keyの気がする最近でございます。



どうやって自分の生活スタイルに落とし込んで習慣化していくか。(ノД`)

これが日々勉強でござい。




Masa






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年リオオリンピックの日本柔道メダルラッシュの立役者の一人、選手の肉体改造を実施したトレーナー(現役ボディビルダー、最近出演されてるホンマでっかTVでは『骨格筋評論家』笑)の岡田さんと昨年の暮れに会った時に聞いた話から、

改めて“筋肉”について考える日々が続いてます。

{743053FA-77C5-4D03-9714-8A30D7C5AED9}

{B5303632-CC53-4127-9446-2B0F30E12DDA}
(岡田氏 昨年11月に三重に来てくれました。実は大学同級生)


自分の筋肉を改造するヒントも得たけど、

リハビリテーション担当の利用者さん(高齢者、片麻痺の方、中・重度の要介護状態の方)の筋肉は、どうあるべきなのか

またどう関わるとみんなハッピーになれるのか。

考える材料をたくさん貰いました。



脳の機能や認知科学の観点からの治療(? リハビリテーション)とか、

福祉用具やリハビリ機器のロボット化・IT化、要はイノベーションとか、

今後もっと取り入れられるであろうことは理解できるけども、

人間の動きの基本は筋肉の機能という戻るべき原点、そんなことに興味が湧くわけです。


特に大怪我で後遺症の残る人や麻痺の方でskillfulに生活してる人なんてのは、自己身体の取扱い方を熟知し管理する能力についてはアスリート以上なのではないか、と感じたりする瞬間があります。




そういう方々(要はいわゆる維持期に該当する対象者)の能力向上に、

かつての【介護のイメージ】で穏やか~に負荷をかけていても、強化にはならんのであります。




介護の軽度者を対象にした考察ではないので当然、医学的評価と管理が前提のもと)

明らかに不使用に陥っているであろう筋肉を徹底的に(これでもか、というくらい徹底的に)使って、組織に血を届けてあげる必要があるのだと、思っていたここ近年に、

自らもボディビルダーで鍛え上げている岡田さんの話が非常に腑に落ちるわけです。




“ボディビルダーの観賞用筋肉もスポーツする筋肉も命令を出す脳を鍛えるという意味では、使える筋肉・使えない筋肉なんてのはない

“筋肉があればあるほど、高いパフォーマンスを出せる数を増やせるわけで、その筋肉は出来るだけ早い段階で獲得しといてその後スキルの練習に時間を充てたい”




後遺症の残る身体に機能改善トレーニングをする対象は高齢者(いわゆる年寄りイメージ)というのは過去の話で、

今や対象者は若年化、もしくは高齢でも身体組織(細胞?)が元気な方が多い気がしますゆえ。

期待に応えていく準備をしておきたいものです。




ボディビルダーのような身体を目指すには食事のコントロールもシビアにする必要があるのでかなりキツイのは確か。5年前には夜中まで一緒に呑んだ岡田氏も、ボディビルにハマった2年前からは酒や甘いものなど、“筋肉に無駄な栄養は要らない”と!タンパク源は3時間おきに補給。。ストイック!さすが突き抜けてます。私は糖分を食べてしまう…と痛感した次第)


高齢者にボディビルダーのような食事を、とは要求しません(できません)が、

筋肉があって初めて機能が働くという理屈は、臨床現場的にもよく分かりますし、

実際、重度な麻痺の方でも少しずつ改善が見られるような。




ここで考えた内容の対象者は、

フィットネスクラブで運動できそうな軽度弱化傾向の高齢者ではなくて、

保険期限切れで退院 →改善を期待して老健施設で数ヶ月(ほんの少しの“リハビリ”を実施) なんとか自宅復帰も廃用症候群で家族の全介助レベルの中〜重度な後遺症が残る方でも同じ。。

多分、この思考方向は、間違ってない気がするたぶん。


それでは、実施『環境』設定を、どうやってしますか、ということが、

本当の介護重度化予防の課題のような気がします。これについては、ただいま毎日模索・試行錯誤して開発中でございます。

簡単には、いかない。お客さんに諦めてもらえば直ぐに可能でしょうけどそんな業界はダメでしょう、と退けない部分の気がします。




Masa



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

サプリメント摂取は一切なしで過ごすには。

サプリメントを嫌がる人がいます。(理由はしらん。それぞれ有ると思います)

断片的な指示?(アドバイス?)で主治医から辞めとき、と言われたうちの嫁ですが。

 

でも、どうしても食事摂取からでは質的な栄養補給はできないと感じる私です。

そこで、以下に あくまでも主観的に 良いと感じて利用しているモノを整理しました。

 

ちなみに、当然のごとく各商品の販売の回し者では一切ございません。。。ただの一般市民のブログでの書き留め程度の記事です。。。

~~~~

まずはやっぱり食事からは摂取しにくい鉄補給には!!

鉄の玉子(うちは薄型) ⇒amazon

抜け毛が家の床にやたらと落ちているので早くヘム鉄(メディカルサプリ)を飲んで欲しかったのだけど、なぜか拒否的(医師から言われたから)だったので、鉄玉子を味噌汁などの汁物にしつこく入れてたら、少し床に落ちてる毛の量が減ったような。

サビないように保存すると半永久的に使用可能?⇒(鉄玉子の保存方法/リハビリ茶屋H27年12月20日記事)

 

 

次に守るべきは、タンパク質!!(アミノ酸)

おさかなペプチド ⇒オーソモレキュラー.jpモール

すこし魚の匂いと味がしますけど、ダシ等の感覚で汁物やチャーハンに入れたり豆腐に乗せてみたり、と。使い勝手が良い。

Viva タンパク摂取!

 

 

③ミネラル摂取

ヒマラヤ マグマソルト ⇒ナチュラボショップ

塩素除去してくれるようです。なめると硫黄臭い。でもファスティング・少食時に骨が溶けちゃうと嫌だから積極的に摂ってると体調良し。摂りすぎると血圧が気になる?NaClだけじゃない感じだから上がんないっしょ。

または、ぬちまーす。これはその辺のマーケットでも買える。

 

 

 

しかしながら、これらの機能的栄養作用はやはり食べ“過ぎない”ことが前提で機能するということを、痛感してる今日この頃です。ファスティングとか断食と言うと、宗教的・つらいこと・流行りの「ダイエット」というイメージですが、不要なものは捨てていったときスゴク効率的な体つくりと生活リズムを作れる気がします。

 

 

少食ではやはりおなかが空いちゃうので、このドリンクも時々利用します。↓

④発酵ドリンク

優光泉 amazon

いろんな酵素ドリンクが最近でているので別にこれでなくても。要は消化管を始めとした臓器を休憩させてオートファジーを活性化させて健康を維持しましょう。という。

そのための乳酸菌(僕の場合は皮膚が弱いので植物性の乳酸菌を積極的に摂ったほうが調子良し。)をいつ、どのように摂取していくかがポイントのような気がします。

その辺を注意していると、あまり空腹を感じないような。

 

~~~~

 

そして筋トレを軽くします。やっぱこれ大事。

 アンチエイジング医学 2016年10月号(Vol.12 No.5)メジカルレビュー社

老いも若きも。そのメカニズム(理屈)をある程度知りながら、トレーニングすると、面白いですよ!

「いつ何を食べればMotor Controlは効率的に活性化するか」

なんとなく見えてきました。

 

 

Masa

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Autophagyが「流行って」(!? きました!?

 

良かれと思っていろんな食生活を試してきましたが、

もともと幼いころから胃腸が強いとは思えない私ですので、最近はプチ断食(といっても食べてしまうので、単なる小食・カロリー&糖質コントロール)に努めています。

特に、暴飲暴食をしたと感じた後日を、納豆や漬物など発酵食品中心の食事に変えると消化管の調子が戻ります。

 

全ての秩序は磨耗し、酸化し、ミスが蓄積し、やがて障害が起こる。この乱雑さ(エントロピー)の増大の法則に対して生命(細胞)は、自らを壊し、そして再構築するという『動的平衡』を準備した。

全身の細胞は日々壊され、更新されている。皮膚が内側に折りたたまれた消化管や内臓の細胞も、絶え間なく壊されては作り出されている。一見、永続的に見える骨や歯も、その内部では常に新陳代謝が進行し、壊されながら作り替えられているのである。

生命はこうして身体内部に蓄積される乱雑さを外部に捨て、時間との共存方法を身につけた。

 

ヒトが時計の針を逆回転させたい欲求で、老化の目立つ一部に単一の有効成分に救いを求めるといっときの身体の一部への作用を示すが、間も無く身体はその揺れを戻し作用を無効にする。

 

私たちに出来ることは、生命現象がその本来の仕組みを滞りなく発揮できるように、(細胞が秩序を壊しつつ再構築するのに必要な十分なエネルギーと栄養を摂り、動的平衡を阻害するような因子やストレスをできるだけ避けて、「普通」に委ねることである。

これがエイジングと共存する賢いあり方である。

 

「動的平衡」(福岡伸一著)より

 
 
アンチエイジングを、加齢と“闘う” と意味するのであればそれは共感できない。
身体の細胞や、はたまた運動現象や“動き”をいかにして自然現象に共鳴させるかという点で考え、身を任せることが求められる。デモこれが難しいんだなぁ… 性分的に、コツコツと。がんばるしかない。
 
消化管の状態は、一続きとなっている皮膚の状態から推測できる。
肌の調子が崩れているときには悪しき方向へ向かっている状況であり、細胞を浄化せよ!食生活、そして生活・生き方そのものを見直すべし!という警報だと捉えてみようと思います!
 
 
Masa
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
現役時代に、スポーツ栄養学をそれなりに勉強し、自分で料理をしながら体づくりは食事から!と気合いを入れていた時期があった。

そのあと10年以上、抗加齢学の側面から栄養を自分なりに真面目に勉強した。

酵素栄養学も、マクロビオティックveganも実践してみた。その理屈に対する賛否の存在と理論も知った。

分子栄養学サプリメンテーションを少ーし学び、かつ日々の食費の一環だと認識して出費を惜しまず色々自分で飲んで体験した。

傍らで栄養や健康に関する色んな批判本や肯定理論に目を通した。
この分野は理解そのものを環境問題にも広げないと全体像を把握しきれないという壁にぶち当たった時に、知りたいことの本質がブレそうになったこともあった。



点滴もしてみた。
飲み水や風呂の水という生活用水にも気にかけてみた。

良いと言われるものは自分なりの理解できる医学的角度から納得のいくまで調べ抜き、
良いと直感できたものは片っ端から試したことになるのかもしれない。
それぞれがそれぞれに、良いものだった。



でもカラダと頭には常に疑問が付きまとっていた。
良かれと思いせっせと取り込む価値の高いであろう最新の素材たちに有り難みを持とうと意気込む傍らで、
その知識と物質を得るのに費やした時間とコストが事実として存在し意識内に見え隠れするため、
『自分にとって有効なものであるに“違いない”と思い込もうとしている』節はないのかという揺れ動く気持ちが必ず付きまとってきた。



メガビタミン点滴補給も、
腸をはじめとした消化器官系の状態が最良でなければ効果は薄い。

最新科学に基づき開発された抗酸化サプリメントでも、開いた口がふさがらない程の美魔女が紹介する魅力的な美容液でも、
不要・過量な栄養摂取による細胞のダメージを補正するには至らない

良質なサプリメントも、価値の高い素材を含む料理も、
余分な量や質が一緒にあると素材の機能が発揮されない

“良いもの”を摂っていれば「ちょっとくらい悪いものを食べても」という気分になりがちだけど、それでは全くもった良い素材にお金を費やす意味をなさない。



からだを“敬う” というのは、からだの声に耳を傾けることであり、
細胞と会話をするつもりでからだの反応を正直に受け止めることであり、
それがどんな反応であっても認めること、無茶をしたなら反省して次は改めることであると思う。

細胞さんに同じ不快な思いをさせないよう努力して差し上げることだと思う。笑



本当に大切な『ホンモノ』は、最新の医学知識の量でもなく質でもなく、
カラダの声を、聴き直すこと
だったのかもしれない。
(と、今ごろ感じてる…。)



現代に生きる自分にとって必要なことは、
整理すること。
要るものと要らないもの の整理を「実行する」ことでした。



情報が錯綜する現代では良いものにすぐ飛びつきたくなる、お金をかけてでも優先したくなる。
一度その味を占めたら知識も物質も、覚醒剤の如くもっと、もっと、と欲しくなる。

でも、求めないこと
このことは美味しい食べ物や栄養の話、ダイエットや健康法の話のようで、
実は生き方そのものの整理や「見直し」のことでもある気がしてきた。



ずっと大切にしたいと思う2つの本には、
共通点がある気がする。
{CFA31493-6930-418B-BB4E-BFD6A820BDC6}

{7424E143-40A5-4DEA-B793-ED38DE856573}


そんな最近のMasaでした!





いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。