前進あるのみ・願兼於業・一期一会・37兆の細胞よ、闘え!

後退するより、前進する。願兼於業。一期一会。37兆の細胞よ、闘え!


テーマ:
 平成28年9月26日(月)

朝日新聞2016年9月22日

インタビュー      創価学会はどこへ 

        創価学会会長・原田稔さん


 理想を掲げる宗教。

 現実の世界を動かす政治。

 創価学会=キーワード=は

                           その二つの領域に関わる。

 巨大な宗教法人として、また、自民党と

 連立を組む公明党の支持母体として

                                         影響力は大きい。

 そもそも宗教がなぜ政治に関わるのか、

「平和」の問題をどう考えているのか。

 現在のポストに就いて

10年を迎える原田稔会長に話を聞いた。
 

 ――池田大作名誉会長は88歳。

 最近は表立った活動を控えています。

 体調はいかがですか。


「元気にしておりますよ。

         執筆活動などに専念しています」


 ――最近はいつ会いましたか。


 「ええ、この夏の研修で」


 ――重要な判断も可能なのですか。


「もちろんです。ただ、数年前からは、

    基本的に運営は執行部に託し、

                                         見守っています」


 ――いま、意思決定の過程はどうなって

                                   いるのでしょう? 

      集団指導体制なのですか。


「そう理解していただいて

                  いいんじゃないでしょうか。

  私をはじめとする執行部内で

                                         相談しつつ、

 大きな方向性を定めています。

とはいっても重要な問題もありますから、

 執行部は名誉会長に報告すべきことは

                     報告し、指導を受けています」
 

 ――原田会長が重い判断も

                              下しているのですね。


「任されている立場として、きちっと

  責任を果たしていく。二つの肩にかかる

  ものはなかなか重くてねぇ、

                    背が少し縮んだ気さえします」

 
《「平和主義」「人間主義」を掲げ、

   核兵器廃絶の運動や

   難民支援活動などを行っている。》


 ――一方で、創価学会には

「わかりにくい」との声もあります。

 どのような行動原理なのですか。


「朝夕の勤行・唱題の最後に

『世界の平和と一切衆生(しゅじょう)の

                        幸福のために』と祈ります。

 科学がいかに発達しても、

 人は生老病死(しょうろうびょうし)

 という苦しみからは免れることは

                                              できませんよね。

 人間の苦悩を根本的に解決し、

                                   希望ある人生を送る。

 仏法では他者の幸福を願い、行動するこ

           とによって自らも幸福になる。

 自身の幸福は社会の平和がなくては

                                             達成できません」
 
「これは宗祖である日蓮が鎌倉幕府に示し

       た『立正安国論』で強調しています。

 立正とは『生命尊厳』の理念が社会に確

 立されること。安国とは人々が安心でき

 る平和社会を実現すること。

 日蓮の思想には

 世界の民衆を救うという目的がある。

 私たちが国内にとどまらず

『世界宗教』を目指すのも

                        それが根本にあるからです」

「人間疎外の状況が深刻な現代こそ、

 自分と同じように全ての人をいつくしむ

 慈悲の精神が社会から求められると思い

 ます。『自他共の幸福』を掲げ、よりよ

い社会への変革を目指しているのです」

 
 ――宗教が政治や選挙に

     深く関わることには批判もあります。


「政治に関心を抱くのは、宗教者の社会的

  使命として自然なことです。乱世こそ、

  人格が優れ、高い理想を持った政治家が

  必要です。他党に先駆けて『大衆福祉』

 を掲げた公明党には国民のために

 奉仕してもらいたいので、

               選挙という形で応援しています」
 

 ――会長が公明党の山口那津男代表らに、

                                考えを伝えることは?
 

「まったくないかというと、

                                                そうではない。

 山口代表は後輩でもあり、

 意思疎通は図っています。これでも

 かなり自制しているつもりですけど」


 ――池田名誉会長は

  歴代首相と会っています。

 会長は安倍晋三首相に会っていますか。


「いや、そういう機会は

                                あんまりございません」


 ――少しは会っていると

                                           いうことですか。

 
「政策や政局については、すべて党がやっ

   てますから。新年のレセプション等で

                                会うことはありますよ」

 
《学会は2014年5月、

  安倍首相が主導した集団的自衛権の

  行使容認に関して

「本来は改憲手続きを経るべきだ」と

   広報室コメントを発表。だが2カ月後、

                             閣議決定を受け入れた。》

 
 ――平和に対する立場を変えたのですか。

 
「いえ、まったく変わっていません。

  あのコメントは『本来は』と

  条件付きです。公明党は、集団的自衛権

  発動の新3要件に『明白な危険』

      などの言葉で歯止めをかけた。

  憲法の平和主義、専守防衛の枠内に

  収めることができたと評価しています」


 ――国民が納得しにくい論戦が

                                           目立ちました。

     国会審議をどう見ていましたか。


「振り返ってみると、もうちょっと

  知恵が出てしかるべきだったな、

                                             と思いますよ」


 ――昨夏の反対デモに会員の姿も

                 あったことはどう思いますか。


「ごく一部の会員の方がいろんな意見を

                持つことは当然あるでしょう。

  ただ、会員以外の方が学会の三色旗を

 掲げて騒ぐようなことがあったとすれば

                                                迷惑な話です」
 
「私も60年安保闘争で国会に突入した

  学生の一人です。しかし当時は騒然と

 したムードに流され、安保条約そのもの

 を理解していませんでした。私自身にも

 反省があるわけですよ。

 昨年のデモに加わった方にも、

 総合的に見極めていただきたいですね」


 ――ところで、学会に対しては「閉鎖的」

        といった批判もあります。

 60~70年代には、学会を批判する

 出版物の流通を阻止しようと圧力を

かけたとされる「言論出版妨害事件」

                                                がありました。


「あの問題で、社会とのあつれきを経験

 しました。さまざまな誤解もあるのです

 が……。ともかくそれを通して、当時の

 池田会長が

『社会から愛される学会にしよう』

                     という大方針を出しました。

 それ以来、会員がそれぞれ努力しながら

                        今日に至っているわけです」
 
 
 ――多くの宗教団体は

 伝統仏教も新宗教も、例えば平和という

              テーマで一緒に行動しています。

 学会はそういう場面が

                          少なくはないでしょうか。
 

「そのような印象を受けられるかもしれま

  せんが、海外では諸宗教と盛んに連携し

  ていますよ。国内でも核廃絶や防災など

                   で他の団体と協力しています。

  平和の実現や社会の発展のために対話

  し、協力することは大事なこと。

  より開かれた学会として

                                  取り組んでいきます」
 

 ――将来、連立政権で

「公明党の議員を首相にしようか」

                    となったらどう考えますか。
 

「万が一、そういうことがあっても、

  それはそれでいいのではありませんか。

  学会の信者に首相を任せていいか、

                     と議論が沸騰するでしょう。

  それも承知のうえで判断してくださるの

  なら、受けなければならないと

                                                 思いますよ」
 

 ――安倍首相は憲法改正に積極的な

 日本会議と親和性があり、復古主義的だ

 とも指摘されています。学会とは本来、

                     相いれないのではないですか。
 

「そのあたりはあまり心配していません。

  改憲運動を進める動きはありますが、

  憲法改正についても安倍首相は現実的

 に、賢明に判断なさるだろうと思います

 よ。ただ、日本国憲法の3原則(国民主

 権、基本的人権の尊重、平和主義)は

 永遠に堅持すべきです。9条は、いま、

 ただちにどうこうする

                                必要はないでしょう」
 

 ――とは言え、安倍首相の政権運営は強気

 です。現実政治に流されブレーキが

                       弱まる心配はありませんか。
 

「私たちは、極端な原理主義と現実への妥

  協主義のどちらにも走らず、中庸・中道

  を進もうとしている。宗教的な理想は

  いささかも揺るがず、社会変革に挑戦

  していると理解していただけると

                                                 ありがたい」

(聞き手・磯村健太郎、

                                    編集委員・曽我豪)


     *
 はらだみのる 1941年生まれ。

東京大学卒。64年から学会本部で勤め、

               庶務室長や事務総長などを歴任。

2006年11月に第6代会長に就任。

現在3期目。
                       
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

えいちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。