前進あるのみ・願兼於業・一期一会・37兆の細胞よ、闘え!

後退するより、前進する。願兼於業。一期一会。37兆の細胞よ、闘え!


テーマ:
    全国総県長会議が20日

              東京・新宿区の金舞会館で
                       ( 創価文化センター )

                                   勢いよく行われた。

          鷹尾    熊本総県長  要旨

一、このたびの熊本地震におきまして

       学会本部から水・食料などの

       救援物資に加えて、全国の皆さまから

       たくさんの励ましを頂戴しました。

            同志の真心が

                     被災した私たちにとって

         どれほど心強かったか

                          勇気となったか

                                         計り知れません。

           この場をお借りして

                                  お礼を申し上げます。

       本当にありがとうございました❢

                    目を疑う惨状

一、一連の地震が発生した

       4月14日の翌15日

       私は震度7の激震地の益城町へ。

       町が近づくにつれ、目を疑いました。

       波打つ道路、崩れ落ちた家々。

       信号も電柱も折れ曲がり

                  塀はことごとく倒れ

                           見るも無残な姿でした。


          そして16日午前1時25分

       最大震度7以上の本震。

       その後、立て続けに3度の

       震度6が襲い、16日の深夜には

       熊本平和会館に車が続々と

                                    押し寄せました。

       駐車場はあっという間に満車。

       避難者は1500人を超えました。

       この日から計 9 会館で

       3374人が避難生活を

                         送ることになったのです。

           特に被害の大きかった益城町は

                     半数以上が全半壊しました。

            ある地区部長夫妻の家は

       応急危険度判定で「危険」を示す

                       赤色の紙が貼られました。

       しかし他に住む場所がないため

                           現在もその家で生活。

       別の地区部長は、自宅がつぶれ

       今も庭にテントを張って生活しながら

       地区内の同志の把握と励ましに

                       奔走(ほんそう)しています。

       一日4回、FMラジオから流れる

       生活情報を聞きながら

       誰もが今日を生きるのに必死です。

           阿蘇の西原村は

       約 6 割の家屋(かおく)が全半壊し

                同志の 8 割以上が

                     今も避難生活をしています。

           また、阿蘇大橋が崩落(ほうらく)

       した地域にある南阿蘇支部立野地区。

       同志全員は無事でしたが

       山ごと崩落して

       地域全体を飲み込むという

       未曽有(みぞう)の事態になりました。

       先日、この地域の村民全体が

       村を離れることが決まりました。

       地元のリーダーは

       悔しさに涙しながらも

     〝もう一度、皆で広布に

                            立ち上がります〟

                                         と誓っています。

     
             必ず変毒為薬する

一、震災直後から

      絶望と忍耐の毎日のなかで頂いた

       池田先生からのお見舞いの

                                    伝言や激励に

       どれほど勇気と力を頂いたか

                                       計り知れません。


          伝言を一軒一軒、お伝えすると

       被災された同志は涙を流し

     「ありがとうございます」

     「『絶対に負けません』と

               先生にお伝えしてください」と

          固い握手を返してくださいました。

       何より4月20日付の聖教新聞の随筆で

     「不撓不屈(ふとうふくつ)の

                                       大九州たれ❢」

     「わが熊本の同志よ❢」

     「断じて、負けるな❢」と

                                つづってくださり

       感動が熊本中を駆け巡りました。

       皆、この日の新聞を握りしめ

       被災した同志のもとに走りました。

           ある壮年が語ってくれました。

     「大きな余震が続くなか

              家の中を片付けては崩れ

                     片付けては崩れの繰り返し。

       避難生活を続けるなか

                 ボロボロになりながら

                                  闘っています。

      しかし、随筆に掲載していただいだ

    『田原坂』の歌を

             熊本で先生と一緒に

                 歌ったことを思い起こし

                             涙の出る思いです。

                               必ず変毒為薬します」

     9 会館で懸命な避難所運営

一、避難者を受け入れた 9 会館でも

       連日連夜

       懸命な避難所運営が続きました。

         特に、断水でトイレの水が無くなり

       皆で毎日、井戸水を運びました。

          宇土文化会館では

       避難者の半数以上は地域の方でした。

           1 週間、2 週間とたつにつれ

       ガスや水道が復旧し

       自宅に戻られる方が増えてきました。

       避難した会館を出られる地域の方々は

    〝このご恩は忘れません❢〟と

                  口々に感謝を述べられました。

       地域の友人から、次のような

                      丁寧な手紙も頂戴しました。

    「貴施設に避難させていただいた  

                  6 日間を振り返りますと

       私どもは学会員でないにもかかわらず

       分け隔(へだ)てなく

       避難させていただいたことに

                 貴学会の人間愛を感じ

                           感謝の念でいっぱいです。

       貴施設は耐震構造で

              新しい畳が敷かれ

                      安心して気持ちよく

      大きな揺れがあっても

                 ほとんど恐怖心はなく

                           横になっていられました。

      学会の方々は

               ご自身の被災にもかかわらず

      避難者に優しく

             親切に気遣っていただき

                     ありがたいことでした」と。

       5月4日には、最後の避難者が

                     公的避難所へ移られました。

一、現在、被災された方の家々を

       片付ける「かたし隊」

      ( 学会の清掃ボランティア )が

                    奮闘( ふんとう )しています。

       先日も、感謝の声が寄せられました。

       この方は、途方に暮れていました。

       会館に相談すると

          「かたし隊」が駆け付けて

                手際(てぎわ)よく片付けました。

       帰る際には 飲み水まで置いていった。

    「学会の青年はすごい。

                        学会は素晴らしい」と

                     心から感謝されていました。

               田原坂の大合唱

一、5月1日、震災後初めて

               熊本総県の区・圏長と

                          婦人部長が集まりました。

       一人も欠けずに

       集い合えたことがうれしくて

       皆、肩を抱き合って泣きました。

            思いがけなくも、池田先生より

        万感のメッセージを頂きました。

     「この半月

       本当によくぞ戦い抜いてくれた。

       よくぞ守り抜いてくれた。

       よくぞ励まし抜いてくれた。

       そして

       よくぞ耐(た)え抜いてくれました。

       ありがとう❢  本当にありがとう❢」

          先生のあまりに深き心に皆

                                              泣きました。

          会合の最後には、1981年12月

       熊本を訪問された先生と

       一緒に歌った「田原坂」の歌を

                あの日を思い起こしながら

                        先生への誓いを込めて

                                 皆で大合唱しました。

      √雨はふるふる    人馬はぬれる

      越すにこされぬ     田原坂……

          天下取るまで    大事な身体

      蚤にくわせて       なるものか


       皆、涙を拭(ぬぐ)いながら

       再びの前進を固く誓いました。

            復興はこれからですが

    〝「越せない坂」は絶対にない❢ 〟

              との先生の指導を胸に

                        全力で戦ってまいります。

   聖教新聞   2016年5月21日付より
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

えいちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。