春の交通安全運動期間中(6~15日)の交通事故死者数は前年同期より12人少ない96人(11.1%減)だったことが16日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた1954年以降、春と秋を通じて最も少なく、初めて100人を切った。
 期間中の事故件数は1万9875件(5.2%減)。このうち飲酒運転による事故は89件(38.2%減)と大幅に減少した。負傷者数は2万4366人(6.1%減)だった。
 死亡事故を年齢別でみると、65歳以上が50人で、全体の約半数を占めた。 

【関連ニュース】
飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕
飲酒運転違反者講習実施へ=カウンセリングや依存度テストも
陸自隊員が飲酒当て逃げ=道交法違反容疑で逮捕
警視庁警部補を逮捕=女性衣類の窃盗未遂容疑

もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」-普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)
<山崎直子さん>宇宙で刻む家族の歴史(毎日新聞)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
AD