国立病院機構静岡医療センター(静岡県清水町)は19日、入院していた80代の男性が、カテーテルから体内に空気が入り込む医療ミスで死亡したと発表した。カテーテルの連結部が緩み、心臓などに空気が混入し窒息死した可能性が高いという。センターから異状死として届け出を受けた県警沼津署は業務上過失致死容疑で調べている。

 センターによると、男性は2日、下部胆管がんの手術を受け、首から静脈に約10センチの深さでカテーテルを挿入された。看護師が6日夕、カテーテルの連結部が緩み、輸液が漏れているのに気づいて締め直したが、約10分後に容体が急変し呼吸が停止。12日に死亡した。心臓に空気が入っていたことがCT検査で判明したという。看護師は輸液漏れに気付く15~30分前にも確認していたが、異常はなかった。

 野見山延院長は記者会見で管理ミスを認め、「患者が動くなどし連結部が緩むことはあるが、空気が入り込んで患者が亡くなるケースは聞いたことがない。男性と遺族に深くおわびしたい」と話した。【山田毅】

【関連ニュース】
山本病院:理事長を業過致死罪で起訴 奈良地検
医療事故:投薬ミスで寝たきり状態、病院に賠償命令 岡山
医療ミス:がん患者取り違え手術 東北大病院、70代の前立腺全摘
奈良・山本病院の業過致死:地検、理事長を起訴
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 救命可能性どう判断 診断ミスも争点--来月1日判決

<郵政改革>鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性を示唆(毎日新聞)
<名古屋市議会>報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
東アジア共同体 5月末にまとめ 首相が指示(毎日新聞)
「鈴木」姓 全国一多い浜松市に「楽会」(毎日新聞)
アルコール量超過で20分遅延=福岡~羽田便の副操縦士-全日空(時事通信)
AD