東京マラソンなどランニングブームの高まりを受け、神戸の市街地を走る市民参加型フルマラソン大会の実施を検討していた学識者などの検討委員会が17日、コース案などをまとめた提言書を兵庫県と神戸市に提出した。県と市は2011年11月から12年1月の開催を目指し、コース選定やスポンサー獲得などを進める。
 提言によると、名称は「ひょうご・神戸マラソン(仮称)」。1万~2万人程度の参加を見込み、県・市としては1995年の阪神大震災からの復興をアピールするほか、ファッション、グルメなどの魅力の全国発信も狙う。 

【関連ニュース】
【特集】写真で振り返る阪神大震災
新幹線「脱線防止ガード」を公開=大地震に備え140キロ整備-JR東海
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相
警報下のマラソン開催は妥当=石原都知事
沿道で116万人が声援=警視庁4000人動員

海水浴場を原則禁煙に=都道府県初の条例成立へ-神奈川県(時事通信)
<札幌7人焼死>「防火設備費に補助金を」小規模施設(毎日新聞)
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで-沖縄県警(時事通信)
道州制で静岡県は分裂? 浜松市長発言が波紋(J-CASTニュース)
東京大学 合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
AD