2006-01-27 19:23:31

認めなきゃいけないのか?

テーマ:セクシュアリティーについて考えてみる

だんなが、しつこくしつこく、インターネットでBBCのラジオニュースが聞けるようにしてくれ、と言ってくる。


「そんなん、BBCのHPにはいって、指示に従ったらええやん!」

「だって、リアルプレーヤーが必要って言うんだもん!」

「それをダウンロードしたらええやん!」

「どこから?」

「リンクがそこにあるやろ(怒)」

「あ・・・」


ばかめ。


「聞けるようになった。ふーんだ、ふーんだ、eiが助けてくれなくっても自分でできるもーん」


け。


まあ、そんな一件があったあと、だんなはネットでラジオニュースを聞いていたけど、突然、怒り出した。


イギリスの民主党があたらしい党首を決めるらしいんだけど、その候補者の一人(サイモン・ヒューズ)が、ここ数日、ゲイじゃないのか?といわれていたらしい。それを、一応遠まわしに否定していたらしいんだけど。


この日のヘッドラインの



を聞いて、だんなは怒り出した。

「なんで、ゲイって認めなきゃいけないんだ? 犯罪じゃないんだし、そんなのほっとけばいいじゃん!」

わたしも、そう思う。

このニュースについて、ピーター・テチェットというゲイの活動家がインタビューを受けていたけれど、わたしの考えは彼とほぼ同じ。

テチェットはこんな風に言っていた。

ゲイであることは犯罪ではないのだから、それを人に言う義務は誰にもない。

確かに、政治家にはゲイでありながらも、それを隠して、ホモセクシュアルに対して差別的な言動をとったりする人がいる。そういう行為はHomophobia(ホモセクシュアルに対する病的非理性的恐怖症)であるし、偽善的だ。だから、そのような場合には、その人のセクシュアリティーを公けにすることは必要だと思う。

しかし、サイモン・ヒューズに関しては、彼は一度もゲイに対して差別的な言動もとったことはなく、ゲイの権利を守る法案などにも常に賛成票を投じている。そういった意味において、彼はHomophobiaでもなく、偽善的でもない。

こういう場合には、彼のセクシュアリティーを公けにする必要はないだろう。ましてや、それを攻撃することなどまったく必要がない。

さまざまな立場にいる人で、自分のセクシュアリティーについては黙っている人がまだまだ多い。これは、カミングアウトすることによって自分が自分の属しているコミュニティーから差別を受けたり、排他的扱いを受けたりするからだ。こういう可能性がある限り、セクシュアリティーについて黙っていてはいけない、というのは、おかしい。黙っている権利だってあるはずだ。

本当に、わたしもそう思う。カミングアウトできたら、それは簡単でいいだろう。でも、実際にはそんなに簡単にできない。カミングアウトできないのは、その人に勇気がないからでも、その人がずるいからでもない。そういう人に対して偏見と差別を持っている社会が悪いのだ。


ゲイであることをカミングアウトしろ、そして、ゲイであることを「認めろ」と要求する背後には、やはり、どれだけイギリスがゲイに対して理解があるとはいえ、ゲイに対する恐怖感があるのかな・・・と感じた。


「だってさ、君がゲイだってわかってないと、安心できないじゃん」


と、暗に言っているような気がする。


この背後には、ゲイというセクシュアリティーを、性の怪物としてとらえている部分があるんだと思う。だから、怪物の居場所をはっきりさせることによって、安心感がほしいんだろう・・・。そこには、ゲイと性犯罪人を同列で捕らえている部分があるような気がする。


でも、ゲイは性犯罪人ではない。


だから、それを必要な場合を除いて、公けに言う必要はない。


そう思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

eisasaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

17 ■セックスフレンド

気軽にセックスを楽しめる!ご近所同士のスキンシップやセックスしたい純粋な願望を満たしてみませんか?写メもあって直接メール送信OK

16 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

15 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

14 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

13 ■bowさん

お久しぶりです。読者登録もありがとうございます。最近放置気味ですが、ぼちぼち・・・更新していきます。

セクシュアリティーの問題って、なかなか自分の性的側面という「ひそやかな」部分にかかわるだけに公言しにくいですよね・・・。

わたしも一応、結婚をして、子供も一人いますが、それで自分の人生の形が決まったとも思わないし、これから、自分がどのような人生を歩むかはまったく予想不可能です。それがどのような形をとっても、その人の生きている毎日の中ではそれが日常であり、それを外側から異常だというような高慢な常識は持ちたくはないと、いつも思っています。

それでも、ときどき、その高慢な常識が自分にもあることに気がついて、愕然としたりするんだけど。

当たり前は当たり前じゃない、と、忘れずにいたいです。

12 ■こんにちは。

前にもコメントしたような気が致しますが、ずいぶんお久しぶりだと思います。

わたしはバイセクシュアルで、なおかつ異性と婚姻していて子どもがふたりおります。黙っていれば、まったく「普通」「あたりまえ」の状態なのですが、それを追認しちゃうような自分のあり方がフェアでないような気がして、そうしなくてもいいのですが、言える場所ではバイセクシュアルを公言しています。今は男性と結婚しているけれども、この関係がまさか壊れたら、次にパートナーシップを結ぶ相手は女性かもしれない。そういうことも当たり前に日常にあるのだ、ということに、あたしのふ、とした発言で気がついてくれる人がいたら本望、ってあたりでしょうか。

法的婚姻関係、と、当たり前の見た目、に守られているからできることかもしれませんけれどもね。いや、それだからあえてそうしたいのかもしれません。

当たり前に慣れちゃうことはちょっとだけ怖いことですよね。

11 ■あるもさん

セクシュアリティーと人格を結びつけるのは無意味なんだけど、考え方のシステムとしての二元論でこういう偏見が真実のように思われちゃうんでしょうね。

世の中にはいいものと悪いものがある。普通とおかしいものがある。多数派と少数派がいる。わたしはヘテロで多数派なので、いいし、普通。でも、ゲイは少数派で悪いしおかしい、という・・・。

こういう考え方のシステムそのものを批判していかないといけないと思うんだけど。簡単でわかりやすいシステムであるだけ、無批判に受け入れちゃう人が多いように思います。

悲しいなあ・・・。それが自分の中にもあるので、余計に悲しい。

10 ■海さん

ヨーロッパでは最近、少し変わってきて、政治の世界でもゲイであることがかなり受け入れられ始めています。それでも、やっぱり、結婚して子供がいるのが正しいあり方、みたいな偏見は根強いですよね・・・。Starting familyという表現が子供を持つことを意味する、みたいなディスコースとしてすでに社会が内包している偏見なのかも・・・。根深いですよね・・・。

Condiが「シングルだから、レズビアン」というのは、独身女性に対しても、レズビアンに対しても非常に失礼ですね。不思議に思うんだけど、彼女がヘテロだとして、あまりにも周りにいる男性がくだらないから結婚する気にもなれない、って言うふうには思わないのかな。だって、ブッシュですよ・・・近くにいる男が。

9 ■ゲイだったら

人格に何か問題があるのか?と聞きたい。
そういう事をネチネチ言ってる人間の方がよっぽどおかしい…っていうか悲しい。
自分ではそうでなくても、まわりから
「おかしい」って固められるのはいやだよ…

8 ■政治

ヨーロッパやアメリカ諸国では、政治関連のパーティーにはいつも“異性のパートナー”が必要という暗黙のルールがありますよね。。。それから覆していかないと駄目ですよね。そういうところが、政治は保守的で伝統的だなあ。と思ってしまいます。米国でもCondi Riceがシングルなので、“彼女はレズだ”と根拠のない噂を立てて彼女を非難する人がいます。

7 ■マッチーさん

そうですね。そもそもの始まりは、サイモン・ヒューズに「なんで結婚しないんだ?」と聞いたことが始まりらしいんだけど。その、始まり方から、すでに「ヘテロの生活」というものに対する思い込みとか偏見があります・・・。

たぶん、歴史的視点に立って、系譜学的に結婚というものをとらえれば、フーコーが「狂気」というものがいかに近代的概念であるかを告発したように、今いわれている結婚というものがいかに近代的であるかが一発でわかると思うんです。

それと、これが正常である、という考えの背景には、やはり、ある種の階層に属する人たちが得をするという「搾取」の構造も隠されていると思うんです。日本的結婚観であれば、それは、男性たちであろうし、また、そういう男性たちが作っている社会なのだろうと思います。

そういう男性社会に自由な女性がいると、困るのだろうし、ゲイがいても困るのでしょう。自分たちがコントロールできないから。だからそういう存在をいけないもの、異常なものとしてレッテルを貼るのだと思います。

そういう男性社会を称して、HomophobiaのHomosocialというそうです。ホモセクシュアルを嫌うくせに、自分たちは男同士で肩を組んでいる偽善集団。

そういう集団の中では、初対面の人にでも、「あの女はよぉ・・・」とかって、下品にべらべらしゃべるんでしょうね(嫌味です・・・)。

それと、テチェットは政治家の場合に限って言っていたようです。政治家の場合は、確かに社会的責任があるわけだし、言動が一致していないといけない(嘘をつくことになるから)、という、イギリス政治の厳しい伝統がこの発言の背後にあるような気がします。公表の義務はないけど、言動の不一致は偽善だから許さんぞ、というようなことらしい(だんなによると)。

6 ■10enさん

そうなの。ヘテロです、っていわないじゃんね。それで、ヘテロは多数はだから普通なのか、って聞きたくなる。そんなはずはないと思うし、世の中に「普通」なんてものはないと思う。

このヘッドラインは、「admit」という単語の使い方が本当にひどいと思います。これって、罪を認めるってニュアンスなんです。いくら新しい法律が通って、それに対して理解があるように振舞っていても、どこかにまだ、ゲイにたいする偏見と差別意識が残っているんだなって思いました。

「進んでる」イギリスでもこうなんだから・・・。あーあ、悲しい。ほんとに。

そして、自分の偏見ともきちんと向かい合っていきたいなって思いました。

5 ■リエさん

偏見って本当に怖いです。わたし自身にももちろんあるし、だから常に自分自身に対しても、それって偏見じゃないの?って問いかけていたいなーって思っています。

こういう陰湿な感じの接し方って本当にいじめだと思います。ほんとにね、暴力をふられたんだったら、それに対して毅然と立つことができるけど。それに対して毅然と立つことをはじめから許さない、こういう感じの取り扱いは、やはりした人は恥じるべきですよね。

4 ■あ、ただ

>ゲイでありながらも、それを隠して、ホモセクシュアルに対して差別的な言動をとったり……場合には、その人のセクシュアリティーを公けにすることは必要だと思う。

っていうのは必ずしもそうすべきではないと思うんですが。
「異性愛が正しい」とされる社会(先の本では「異性愛中心主義社会」「ヘテロセクシュアリズム」などと呼んでいました)では、ゲイの人達が完全にホモフォビアから逃れるのは易しいことではないと思うんです。自分の同性愛感情に気づきながら、認めたくないと思う、というのは尾辻かな子さんも自署で体験として書かれてましたが、往々にしてあるんじゃないかと。
上で上げた本で対談されていた半陰陽者の方も数年前まで「自分は男になりたがってた」と話してらっしゃいましたが、これも同じようなことじゃないかな…。

まぁ…ただ、政治家となると…与える影響力が個人的発言とはかけ離れますもんね…。公表の義務はキツいとしても、差別的発言はやっぱりいけないかなぁ…。難しいですね。

3 ■同性愛かどうかに限らず

最近、同性愛も含めてセクシュアルマイノリティやジェンダーの問題、性教育や文化人類学的視点の話など、性についての本を読んだんです。
それには、「同性愛か異性愛かという分け方で、同性愛の問題についてだけ考えるでは不十分だ。異性愛者の恋愛についてだって、例えばその中に『結婚して(日本ではここに役所で籍を作るというのもさらにありますが)、同居をして、長男と結婚する女性はさらに相手の親もくっついてきて、子どもを二人以上育てる』というのが理想で、そこから外れてはいけない、というのがある」というような内容のことが繰り返し強調されていました。
さらに、いわゆる現代の男女のジェンダー観や恋愛の理想像というのは近代資本主義社会で作られ、広められただけであって、それ以外の文化や歴史では絶対ではないと。
そういうことを知れば「これが正しくて、それは異常だからダメだ」なんていう考え方やその押しつけがどれだけ危ういものか分かるだろうに。彼に認めろと言った人はきっと、例えば初対面の人にでも自分のセックスの好みをべらべら喋れるとか、そういうとってもオープンな人なんでしょうね。

2 ■てゆ~かさ

「俺はヘテロです。」って宣言する人いないでしょう。
どんな時でも少数派は損をする。
普通じゃないから?
普通って?
そういう(ヘッドラインのような)発言をする時点で、「私は偏見の固まりです。」って言ってるようなものだってことがわからないのかな?
う~ん悲しい。

1 ■偏見

そういう偏見は嫌ですね。
本当に不思議ですね、何で無理矢理カミングアウトさせるんですかね。
早くみんながいい意味で平等になれたらいいですね。
偏見や差別は暴力より怖いし・・・。
私もいじめられて嫌な思いしたからそういうのは本当に勘弁して欲しいです。
よっぽど殴ってくれたほうが楽だと思いました。
痛いのは嫌だけど・・・w

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。