日本赤十字社は23日、ハイチ大地震で現地に派遣され、被災者の診療に当たった医療チームの活動報告会を東京都港区の本社で開いた。

 日赤は地震発生4日後の日本時間1月17日と24日に医師4人を含む計14人の医療チームを派遣。首都ポルトープランスにテント型診療所を開設し、1日100人前後の患者を診療したという。ジフテリアや破傷風など感染症の蔓延(まんえん)を防ぐため、予防接種にも力を入れた。

【関連記事】
ハイチ大地震 国連、緊急支援で1300億円要請
子供連れ出しで訴追の米国人8人を釈放 ハイチ大地震
仏大統領、ハイチ初訪問 復興支援に2億7千万ユーロ
ハイチ復興支援で日の丸ショベルカーが始動
ハイチ大地震 PKO派遣自衛隊部隊が活動開始

AA→A→評価なし タクシー会社格付け 全国で導入(産経新聞)
早大OBら、起訴内容認める=株価操縦事件-東京地裁(時事通信)
<加茂市>「しまむら」を刑事告発 売り場拡大は条例違反(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】論説委員・石川水穂 中国への歩み寄りは無意味(産経新聞)
生徒の父に差別文書=高校教諭を逮捕-福岡県警(時事通信)
AD