昨日は我が家のいまの庭のことを書きましたが、その中にりんごがあったことを覚えていらっしゃいますでしょうか?


庭には りんごの木リンゴ が5本ほどありますが、毎年それぞれの木におよそ50から200個のりんごがなります。



「わーっ、Miaって豪邸に住んでんの?」


なんて思わないで下さいね。これは英国の標準です。



英国の豪邸とは庭に湖があるような家↓のことを言います。お金


英国・コッツウォルズより愛をこめて

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン



もしこんな英国の邸宅に興味がおありになるのなら絶対次の本を読むことをおすすめします!



うっとりとするような天井画、荘厳なアプローチ、花が咲き乱れる美しいイングリッシュ・ガーデンにいたるまで夢の世界にひたれますよ。

図説 英国貴族の城館―カントリー・ハウスのすべて (ふくろうの本)/田中 亮三
¥1,890
Amazon.co.jp

またはこの本も素晴らしいです。

この本には、見学をするだけではなく実際に宿泊もできるマナーハウスが紹介されています。



本の冒頭には、


「社交、恋、プライド、虚栄

かつての人々の思いを垣間見る」



と書いてあるように、ここに泊まってこそ見えてくる英国貴族の生活‥‥



あなたも経験したくありませんか?


英国貴族の館に泊まる―ロンドンからの小旅行 (Shotor Travel)/山内 史子


¥1,785
Amazon.co.jp


英国のカントリーサイドのほとんどの家にりんごの木があるといっても過言ではありません。証拠に我が家の両隣もお迎えも裏も裏のお隣もみーんなりんごの木を持っていらっしゃいます。りんごの木があるということは、ここではそれくらい普通のことなんですね。




話は戻りまして、1本の木から50から200個の収穫とは、随分開きがあるように思われるかもしれませんが、木の大きさによってなる数が違ってくるからです。それぞれの樹齢はおよそ50年くらいと思われます。
さすがにすべては収穫できませんので、下の写真のような状態になってしまうわけです。



木の下にりんごがたくさん落ちているのがおわかりになりますでしょうか?



英国・コッツウォルズより愛をこめて



この状態で無傷のものを見つけたときには素早く拾いますが、しばらく置いておくと 鳥 シジュウカラ や リス リス など動物の「ごはん」になってしまいます。



近くで見るとよくわかりますね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



また、中には木についたまま鳥につつかれているものもあります。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



そこで、英国の人々はこのシーズンになりますとりんごをいろいろなことに使います(もちろんお料理に、ですよ)。



りんごジャム、アップル・クランブル、りんごソース、アップルパイやケーキなどなど‥‥。



そして食べきれない分は玄関先にバスケットや箱などに入れておいて近所を通りがかった人に、


「どうぞご自由にお持ち帰りください」


と書いた張り紙をして置いておく家も結構あります。




でも冒頭に書きましたとおり、そのあたりのお家には皆りんごの木がありますので悲しいかな、持って帰られるりんごはほとんどないのです。



そんなりんごがたくさん取れる国だからこそ、りんごに関するこんな製品もあります。



まずはこちら。



英国・コッツウォルズより愛をこめて

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン



大小のアップル・ラック、つまりりんごを保存しておくための引き出しですね。りんご同士がぶつかるとその部分から傷み始めますので、それを防ぐために風通しをよくして、りんごをまるで過保護な状態で保存するわけです。



こちら大きい方は約5万円です。りんごの保存のために5万円!


リンゴ あなた様はお買い上げになりますでしょうか?




そしてお次はこちら。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



りんごで玉入れをしているのではありません。

… まさか、そんなことおわかりになりますよね、失礼いたしました。



こちらはアップル・ピッカーといいます。



ご覧になっておわかりのとおり、高い木のりんごを落とさずにとる道具です。




これは絶対にお求めになりますでしょ?

一家に1個は必要ですよね?にひひ


お代はたったの(?)3,000円です。



ここまでは、英国人以外からするとちょっと笑ってしまうようなシロモノをご紹介いたしましたが、次はいかがでしょう、とても可愛らしいですよ。



    英国・コッツウォルズより愛をこめて



小鳥さんにりんごを食べてもらうためのフィーダーです。シジュウカラ



    英国・コッツウォルズより愛をこめて



しかしよく考えてみますと、これとてどんなものでしょうね。



だって、最初の方に書きましたように、動物は遠慮なしに落ちたりんごや、木になっているりんごまで召し上がってくださるんですから、これもやはり必要ないですよね。




先日、Mixiの中で私にメッセージを下さった以前英国にお住まいだった方が(少しシャイな方とお見受けいたしますのでお名前は出しませんが)英国をたとえて、



「愛すべきムダのある国」



とおっしゃっていらっしゃっていい得てるなー、と納得した次第でございます。



ちなみに私MiaをMixi の中でお探しいただきましてお友達になっていただければ幸いです。日本人としては珍しいのではないでしょうか、今までMixi をほとんど使ったことがありませんでしたのでマイミク極貧状態です。



さて明日はりんごを使ったスイーツのお話をしたいと思っております。とても美味しい焼き菓子のご紹介をいたします。ぜひまた遊びに来てくださいね。



(関連記事)


イギリス旗 インターナショナルなタカの祭典?

クローバー コッツウォルズの道端にて

ヒヨコ スズメが我が家にやってきた


  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン


いつもご協力をありがとうございます。できましたら今日も応援のクリックを押していただけましたら、とてもうれしいです。

それと‥‥


上のバナークリックでもっとたくさんの楽しい英国情報もご覧になることができるんですよ。みんなで英国情報の輪を広げましょう。がんばれ英国!


    ベル ブログランキングに参加しておりますベル
AD

コメント(29)