大分県子ども将棋ネット「だから将棋を子ども達に」

大分県子ども将棋ネットは別府市認定社会教育関係団体です。


テーマ:

その2はこちら
--------------------------------------------

プロ棋士に勝つ将棋ソフト。
 
その夢を宿命とし、誕生したボンクラーズ。
 
パソコンが勝つのか、人間が勝つのか。
その命題に現時点での答えを出す。 
 
振り返れば、2007年、3月21日。
将棋界における歴史上初のイベントが開催された。
渡辺明・竜王が、当時の最強ソフト「ボナンザ」と公開対局したのだ。
タイトル保持者が、パソコンの挑戦を受けて立った、初めての日である。

大分県子ども将棋ネットのブログ-渡辺明竜王写真


マスコミはあおった。
ワイドショーでも、とり上げられた。
ゆえに、将棋ファンだけでなく、まったく指したことさえない人たちからの関心も引いた。

ここで、ひとつ、角度を変えて、確認しておきたいことがある。

たとえば、相撲。
現在、最強の横綱は白鵬だ。

白鵬

その白鵬に対して、ブルドーザーが挑戦すると表明したら、どうであろうか?

これは、お話になるまい。
相手にされないのは当然だ。

 
たとえば、野球。
現在、最速のピッチングマシーンは、時速200kmを超す。
人類史上最高の球速はアロルディス・チャップマンの時速169kmだ。

チャップマン

どこかの球団が、「うちの今年のエースピッチャーはピッチングマシーンです」と表明したらどうなるか。

これまた、笑い話にもならない。

竜王とパソコンが勝負する。
それは、白鵬vsブルドーザーと同じことではないのか。
チャップマンvsピッチングマシーンとどこが違うのか?

違いはない。と言えば、その通りだ。
しかし、実は大きく違う。
僕は、そう考えている。

もともと、自然界において、人類の体力は最高ではない。
というよりも、ほ乳類としては、かなり劣っている。
チーターより速く走れる人間はいないし、ゾウより重い荷物を運べる人もいない。
格闘技界に多くの伝説を残した空手家「牛殺し」大山 倍達氏は、こう語っている。

牛殺し・大山

「本気になった猫に勝てる人間は、少ないよ。」

一般人は猫にさえ勝てないというのだ。
だから、機械に負けようとも、なんと言うことはない。

だが、知的には、自然界、最高である。
少なくとも人類はそう考えている。
舞台に立ち、スポットライトを浴びる、人気者の賢いチンパンジーでさえも、3歳児並みの知能だという。

頭を使わせたら、人間の圧勝なのだ。
おつかいの真似事ができる犬はいても、ATMで預金を下ろせる生物は人間だけだ。
  
そして、その高い知能ゆえ、ひ弱な体力でありながら、弱肉強食の自然界を生き抜き、現代文明を築いてきた。
知能に、生存をゆだねてきたのだ。
だから、たとえ機械であろうとも、負けることは衝撃なのである。
パソコンが知恵を持ち、意志を持ち、人類を制御する、支配するというSF物語は、たくさんある。
もちろん、その機械も人間が生み出したのだから、結局は人類の知能の証であるという矛盾は抱えているのだが。
 
では、計算力。
例を出そう。
「3675x27866」の計算をすれば、早さと正確さでパソコンに勝つ人はいない。
だが、これは、ショックではない。
なぜなら、答えがあるからだ。

だが、将棋には、答えがない。
少なくとも、現在は、こうすれば必ず勝つという方法は見つかっていない。
冥王星までの距離を測ることはできる。
答えがあり、方法があるからだ。
だが、将棋において、初手はどれが良いのか。
その答えはない。
答えを導くであろう方法も、ない。
答えのないことを考え、知恵を絞る力は、人間が最高である。
そう信じることが、万物の霊長としてのアイデンティティーを支えているのではないだろうか。
  
渡辺vsボナンザをさかのぼること、10年。

1997年の5月。
あるパソコンソフトが、その人類の牙城をひとつ壊した。

チェス

チェスの世界チャンピオン・カスバロフが敗れたのである。
そのソフトの名は「ディープブルー」。
 
チェスは敗れた。 

だが、将棋は、敗れなかった。
渡辺竜王は、ボナンザの挑戦を退けたのだ。
 
ハードもソフトも、日進月歩の進化を続けるパソコン。
そのパソコンが、チェスを破ってから10年たっても、なぜ、将棋での勝負に勝てなかったのか。
 
それには、訳がある。

(つづく)
----------------------
*お知らせ・別府子ども将棋教室「将星会」を開いています。
大分県子ども将棋ネットのブログ-ポムmini 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会のバナー  大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会ロゴ

詳細は下記をクリックしてください。
大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の目標 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の内容 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会のスタッフ 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の入会手続き 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の会員
大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の場所 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の会費 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会のトピック 大分県子ども将棋ネットのブログ-将星会の予定

メールは→   arita013@yahoo.co.jp

大分県子ども将棋ネットの有田英樹(エッフェル英之介)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。