しばらく、ブログ書かないうちに、はや一カ月。

何してたかというと、アナログプレーヤーを新しくしたくてすったもんだした自分がいた。

世の中、ハイエンドはキリがなく、お金さえあれば、なんでもありなんだけど、そうはいかないサラリーマン。

やはりここは、80年代のオーディオ全盛期のものを中古で手に入れる。直せるならジャンクでもオーケー。


探しました。パイオニア、ヤマハ、ケンウッド、ビクター、パナソニック、マイクロ
有りますね。凄まじい製品が、とくに83年から前後3年ぐらいは目を見張る物があります。たぶんあの当時に十万円超えたあたりの製品と同等なものはいま50万円以上出さないと有りません。大量生産時代、成熟の極みでしたね。

ケンウッドはその中でも、極め付けの高性能なプレーヤーを出してました。


というわけで、オークション約3週間、三十点ぐらいをウオッチ。

ジャンク品をついにゲットいたしました。それでも恐ろしく高いです。3.5万円です。KP-1100。

まあ程度は悪いです。カバーは傷だらけ。動作と保証なし。さて電源投入。ブーンというけど回らない。

完全なジャンクです。でもここでメゲないのが趣味。

分解開始。もとい修理開始です。

まず、全体をバラバラにしてみます。この機種はターンテーブルとモーター、アームが、頑丈なフレームに取り付けられており、筐体の木箱を取っても動作をする構造です。


{8272F46E-EE9E-4FE4-8905-D2F02E74255B}

そこで、先ずはデバッグ環境を構築。ネットの情報によると、電源のコンデンサーがヤバイらしい。そこで、その影響を受けやすいパワーデバイスあたりとコンデンサーのチェック。トランジスタは大丈夫。とするとコンデンサー、何とプラスの電源用の電解コンデンサーが、死んでいた。早速手持ちの容量大きいものに正負とも交換したところ。回転し始めた。あとは異常なし。よかった。

せっかくバラしてスケルトンなので、このまま使う方針に転換。メカメカしていて、いい感じだ。
{7B78A405-7F5F-487C-958D-7B4E923F75D6}

しかし、欲望には限りがなく、スケルトンなんだから、もっといろんな実験したくなり、今度はカートリッジシェルにぶらぶら方式、仮想スーパーロングストレートアームを試す事にした。

この理屈はググッて頂きたいが、レコードの溝に水平になるようにカートリッジが自由に回転出来る機構を取り付ける。今回はベアリングで、自由に回転出来るフレームを作りそこにカートリッジを取り付ける。

{EBB21E9A-FFF4-48A5-A38E-D501418346AB}

すると不思議な事に、ある視点の方向にレコードの溝がどの位置でも、ある仮想の点に向けて、カートリッジが回転するという。

見ていて面白いです。

ただ、カートリッジの針はアンダーハングな位置にならないとダメらしい。

という訳で、ここまで辿り着くのに週末や、夜も頑張って見ました。あーよかった。


音も悪くない。

おしまい。




AD

audio改良の回

テーマ:

先回、MCカートリッジのノイズの件で

50HZにー40dbのノイズどうしたらいいかなあ

と考え、いくつもアイデアを練ったのですが

 

2つ実行してみました。

 

1つは、ノイズ源の特定。

そこで、電磁シールド材を購入して

プレーヤーからの信号ケーブルを覆ってみました。

 

使ったシールド材はAmazonで売っていた

日立金属のファインメットのシールド。

これがすごい効果でなんと15dbほどノイズが下がりました。

-38dbが-53dbぐらいまでに。結局ノイズ源は

プレイヤーの電源基板あたりからの誘導電磁ノイズがケーブルに乗ったものだとわかりました。

これでもまだハム音は聞こえるので、トランスで非平衡な

条件では難しく、積極的にOPのCMRR(同相ノイズ除去比)のおおきいものを

利用するのがよさそうでした。これがアイデアの2番目。

 

そこで秘蔵のBB(現TI)の超高性能OP627Aを使ったゲイン13倍のヘッドアンプを

作ってみました。

 

この性能が当たりですっかりノイズが消えました。

50HZで-65dbまで下がり、他のノイズと区別がなくなった。

この結果SN比で27db(約30倍)改善された。

またレコードを掛けない状態ではこのように約-80db以下なので

MCヘッドアンプとしては十分な性能と思われる。

 

他のOPアンプも試してみたが、この627は断トツの性能。

音もみずみずしく今まで聞いたことのない鮮度で聞こえる。

どちらにしてもいい状態になった。

 

よかった。

 

もうすぐ桜。来週は桜三昧だ。つぼみも大きくなってきた。

 

 

おしまい。

 

 

AD

audioざんまい

テーマ:

先週、今週とオーディオ関連。

 

先週はオーディオテクニカのカートリッジART1000Xの視聴会。

とにかく高いカートリッジだ。ヨドバシで645000円という値段がついており

びっくりだ、しかし視聴の性能の高さはぴか一だった。

立体的で張り出しがすごい。ジャズにもいい感じだった。

これは10倍サイズのモック。針先の真上のコイルがあり発電する。

自宅のオーディオと比較するのもなんだが、スピーカーは

いまいちだったのが残念。高いだけの外国の製品。

やはり38cm級のウーファがほしい。

ちなみに我が家はJBL 2155Hという38cm+ホーンの同軸

ジャズはいい音がするので、これを超えてほしいな。

 

カーとリッジはしかしこの1000Xを買う勇気はなく

オークションでDENONの古のDL303というMCカートリッジを

15000円でゲットしてまずはMCカートリッジの視聴環境をつくってから

使い慣れたら買えたら買うか。そのまえに生産中止にならなければ

いいが。

これはDL303で再生中。

問題はイコライザーでMCは0.2mVしか電圧が出ない。

そこでMCの昇圧トランスを使うのだが、カートリッジに50Hzのハムが

盛大に乗る。気になる。アースはきちっととっている。

ターンテーブルに載せる前は-70db以下だけど

ターンテーブルに載せると誘導するみたいで-40dbまで上昇。

やはりここは金田式 電流伝送かもしれないので、これを

自作するまではしばらくは満足する音はだめかも。

 

これは今後の楽しみにしよっと。もう一つプレーヤーのグレードアップも

必要かな。とはいえ現在のパイオニアのリニアトラッキングPL-9は気に入ってるし。

MM型ではまったく問題ないからね。

 

さて、次が同じくヤフオクで入手した46cmのウーファー 2245H

リコーンキットが入手できたので、さっそく交換。

 

 

スペーサを入れて、ボイスコイルの間隔を調整して接着。

いいスペーサーが付属していた。

 

このようにセンターキャップも接着。

 

これでバイアンプでサブウーファ化してみた。

13cmのスピーカにサブウーファをつけて

低音の特性を計ってみた。

iPhone7のマイクで計ってるのでどこまで正しいかはわからないが

16Hzから500Hzのスープで1kHzがリファレンス。

35Hzで-10db、これならいいかも。バイアンプなので

もっと大きな音でフラット化も可能かもしれない。

しかし20Hzあたりでは家じゅうが振動する感じで

恐れ入った。

 

箱をどうするか。かの有名な4345でも35Hzは-10dbだから

同じだし。このままにしておこう。

 

とうわけで現在快適な自己満足音楽再生中。

 

おしまい。

 

AD

本日福井出張

テーマ:
久しぶりに遠くに

出張して来ました。福井です。

仕事でも、関東圏から出る事は稀なので、
チョットワクワクしました。

福井県は幸福度が、全国一番とのことで、
でも、一体何があるか

興味深々でした。

駅で、とにかく食べたかったおろし蕎麦
{25C3078D-093A-481B-8E32-EE7FB931379E}

三種類のおろし、ワサビ、トロロのたれに冷たい十割蕎麦を食べましたが、美味しかったです。
{8AAAFCF2-794E-40FC-9815-3B0E699CF629}

それから目的地にタクシーで、向かったのですが、
幸福度一番ですよねー、とタクシー運転手に言ったところ、でもね、車がないと生活出来ないし、不便なんだよね。老人も免許証の返納は絶対出来ないし、バスも買い物に使えない公園とかにしか停まらないしと、意外な反応。

でも三世代家族という点では、そうかもなあ、ということで、住めば都、自分達の幸福に慣れて気付けないかもとのこと。そうかもなあ。東京でも慣れれば1時間半の電車通勤もそれ程、苦になってないからと、関心した次第。変革とか変化とかは起こってみないとわからない様だ。起こってから慣れるの繰り返し。


帰りに、カニ飯を購入して食べた。
{7776B966-9FD3-4153-9FB4-C71EC47A213C}

{79E6DA1D-FDD4-4BD6-9872-39B5AE2D30AB}

これも美味しかったので、福井は美味しい物だらけだと。幸せはきてますね。

おしまい。

風邪にやられたはうそー!

テーマ:
今年もインフルエンザの季節

とても用心していたのだけれど
周りにあまりに多くの病人がいたせいか
それとも電車の人からうつされたのか

一昨日から発熱。
で、確かに熱はあるけど、
めがさめるたびに体温が上がったり下がったり変動が
おかしい。
こんな感じ、37.1 37.7 38.9 39.1 37.7 38.2 37.2 
これ、90分毎に目がさめて測った感じで書いてますけど、結論
体温計の電池がなくて、いい加減な値だったみたい。
39.1のあと気になってもう一回測ったら37.7
ったく
今朝はすっかり、気力回復。
体温計の数値で、病気になったみたいだ(笑)
いまは全く熱なく風邪なのかなんだかヽ(´o`;
やはり新品を使わないとダメかな。日々の準備は必要だわ…

おしまい