医食同源か

テーマ:
今回、入院して、手術後、
時間の進み遅く感じられる。

これってどういう効果なのか?

例えば、よく寝た!と思って時計を見るとたった三十分しかたってなかったり。

時間の進みが遅く感じられるというか、自分の新陳代謝が早くなってるのかな?


手術の後の回復の速度は、自慢するのもなんだけれど
すごい。
1日目  痛みで、立ち上がるのも苦しい。
2日目 立ち上がれるが、立ち上がると血中の飽和酸素濃度が危険域まで下がる。
3日目 スピードをうまく調整すると歩ける様に。
4日目  歩ける、ご飯もりもり
5日目  楽にあるける。リハビリの運動を時間と負荷を半分にするとこなせる コーヒーも飲めた。
6日目  1日の運動、かなり安定。もちろん手術前の半分くらいだけど、リハビリメニュー楽にこなせる。


というぐらいに、代謝が改善してきてる。
代謝と食事はきっと関係ある。食べたものが、どんどん壊れたところを修復していく感じがすごい。

それで、子供の頃みたいに時間が経つのが遅いのかも。この一週間は日常の数倍の細胞の交換が起きてるよね。

生命の神秘を感じるのであった。
まさに医食同源であるなあ。

{0A0B295C-1CFC-456B-ACE5-7640982DBCF4}

これは病院ででた、お好み食事。
元気でたあぁ❗️

おしまい。
AD

病院にて気付き

テーマ:
病院生活で、とくに僕は

肺を切ったので、背中や腕が痛み

その結果

ベッドで横になるのに難渋している。

横になるたびに激痛がはしる。

傷が開いてまた血が出るし。

人間の睡眠は横じゃ無ければいけないのか?


縦でもうまくいくのでは?

あと、病院のベッドはリクライニングがあるので
背中への重力の方向が変えられるので
ある一定の時間はいいけど、だんだんと
時間が経つと寝返りが難しいからだめだ。


そうするともしかすると、繭のような形で4軸で
重心を支えて自由な方向に寝られるベッドなのか
鞘なのか、そんなのがいいかもと

思いつきました。

以上です。

おしまい
AD

久々入院。

テーマ:
昨年末から
一部の皆さんには言ってましたが
現在、転移癌の治療で入院してます。

このパターンは二度目です。
腫瘍マーカーが上昇し始めたのが
さくねんの八月、目に見えるようになったのが、昨年の11月で、大きさが、約1センチ。

前回の転移も肺だったので、偶然かどうかわかりませんが、やはり1センチくらいで発見されました。

同じ場所だと気になりますけど、結果は同じ。
前回は肺の下部、今回は上部の襄葉で、ここをバッサリと切っていただきました。現在はリハビリに入ってます。
早期発見、治療が良いかもしれないと真面目に思うこの頃です。癌は不治の病いですが、定期的にでも治療が出来るのなら、十分なクオリティオブライフが得られると思いました。

おしまい
AD

写真三昧の年初

テーマ:

三賀日も終わり、今年も始まり。

 

三賀日は主に自転車、写真、自転車、写真の

繰り返し。

 

スーパームーンもあり

富士山もあり

初詣もあり

自然の動物といったものもあり

 

色々楽しめる環境だった。

ちなみに、昨年の11月終わりに

新しいカメラ α7RⅢを買ったので

力も入っているという訳。

 

これまで中古で買いためたレンズ沼の

ストックもあるので

ついつい力が入る。

 

今回、新年の初日の出は

Canonの100-400mmF4.5-5.6 蛍石の優秀な望遠ズームだけど

もう新型がでてるので中古は定価の1/3ぐらい。

ただsony新bodyとの相性はだめ。sigmaのMC11経由でAF-Cにすると画面が固まってしまうのでマニュアル操作になる。これはSonyのGMを買えという罠かもしれない(笑)

 

スーパームーンは500mmぐらい欲しいので、使っているのが

sigmaの150-500mmF5-6.3 これはAFは遅いけどまあ何とか使える。柔らかい表現のレンズなので解像度を追うのは難しいし超望遠は基本的には気流との闘いでもある。月の縁がギザギザになるのでレンズの性能以前の問題。こちらはAマウントと純正のEマウントの変換アダプターがあればsonyのbodyとは問題なし。

この世界はsonyはレンズのラインナップがないので3rdパーティになる。

カワセミもくっきりだけど柔らかい。

すこし画像処理がほしくなる。

 

旧ミノルタの24-105mmF3.5-4.5

これはいいのかどうか。日頃使っている

Zeissの24-70F2.8ZA SSMに比べるとやはりいろいろ欠点がある。端っこは結構収差が出る。下の写真で月の縁が2重になっている。軽くていいんだけどなあ。

 

Canon 24-105mmF4L USM

これはいいレンズ。Sonyとの相性もRⅢとバッチリで快適。

瞳AFは使えないものの、ぼけも素直。105mmまで使えるのが小三元のいいところ。24-135ぐらいのF4通しがほしいなあ。

 

旧minoltaに28-135mmF4-4.5がありますが

こちらは逆光はハレーションが盛大にでるけど

画質はいい。Sonyのbodyとの相性も良い。

 

 

富士山をうまく撮れるレンズはどれかなあ。

明るいレンズもいいけどやっぱりシャープに写る

Canonの100-400mmだなあ。

 

遥か彼方にある富士山も綺麗に見える。

 

今年も楽しめるレンズライフ。

こんどはどうしようか。

でも製作中の40cmの望遠鏡をどうやって使っていくかも

大事かな。この巨大なレンズをどうするかな。

 

ことしも夢を追っていくつもり

 

おしまい。

新年!

テーマ:

明けましておめでとうございます。

 

2017年は旅行や自作や写真などで

いままでできていなかったことにチャレンジしていたけれど

 

今年は自作望遠鏡の完成と

火星の観測が楽しみ

初日の出を早速見に行ってきました。

 

健康に皆様が過ごせますようお祈りいたします。

 

 

小野神社

 

 

おしまい。