2013年1月25日~27日にかけ、RQWの活動展が神楽坂で行われました!
今回の展示は気仙沼・階上で行われている編み物教室にフォーカスを当て、編み物をされているお母さん達の作品の展示、宮城のお酒やおつまみ、「かにばっと」というカニの出汁が効いたすいとんの様な暖かい一品や実際にお母さん達にも来ていただき、一緒にお話しできるイベントでした。
あ、編み物教室もあり、3日間とも大人気企画でしたよ!
私は土・日の2日間だけでしたが、ご来場いただいた方々の熱気と情熱がすごかったです!正確な数字はわかりませんが、数えられただけでも400人以上!皆さん、ありがとうございました。



会場の両壁には展示がありました。




その中でも大爆笑したのがこちらの作品。















とても寒い週末でしたが、わざわざ会場に足を運んでいただいた友達の皆、初めて会う方々とも色々お話しができ、とっても楽しかったです。写真担当だったのですが、被写体がかわいいと写真撮るのも楽しいですね!今年は編み物ができるようになるのとカメラの勉強をしっかりやりたいと思った週末でした。

--------

From January 25~27, RQW held an exhibition focusing on one of their activities, the knitting workshop that they started at Kesennuma one of the cities devastated by the earthquake and tsunami.

The exhibition had pictures showing the life in Kensennuma, some items knitted by the women participating in the workshops, and some of the women also came to Tokyo so that the people who came to the event could hear first hand on how everyone's life changed, how they are coping, etc. Visitors could also taste some local food which is always something people are interested in trying! The event was a great success, and more than 400 people came to the event (and that's just the number we counted, am sure there were many more) !

Thanks to everyone who came out despite the cold weather--you all helped make this event such a memorable one!

AD