英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国の美しいもの、景色、すばらしい人々、そしてアンティークについて英国在住の鈴木みあが、今の英国の楽しい情報をお伝えしております。


テーマ:

今日は「バーンズリー・ハウスを征く(6-番外編 2)」になってしまいました。バーンズリー・ハウスのことを書きかけたときには、こんなに続かせようとは思っていませんでしたが、コッツウォルズ地方のいちばん素晴らしい場所のひとつでもあるこのあたりのことを書き出すと止まりませんでした‥‥お付き合いいただいてる皆さまに感謝申し上げます。


さて、昨日 はドアのお話で終わりましたね。このドアを抜けるとどこに通じるのでしょうか、ということでした‥‥。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


写真が小さくて見づらいかもわかりませんが、このドアには


「ここに関係のない方もお入りください」


というようなことが書かれています。


つまり、「どなたでもお入りください」という意味です。


ということで、さっそく中に入ってみると‥‥



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こんな景色が広がっていました。上の写真にいま入ってきたドアが写っています。

ドアの後ろはこんなに可愛らしい花壇でした。そして、その先を進むと‥‥





英国・コッツウォルズより愛をこめて




なんと、ここもマナー・ハウス・ホテルだったんですね。


と、ちょっとわざとらしいリアクションをしてしまいましたが(;^_^A


実はこのホテルもよく利用しているところなんですね。


名前は「バイブリー・コート・ホテル」 と言います。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


ダイニングは、室内のレストラン、そしてもちろん英国ではおきまりですが‥‥

屋外でもお食事をいただくことができます。



女性の方には日差しがちょっと気になるかとは思いますが、英国の夏を満喫するためには

カントリー・サイドの外の空気を吸わなければ始まりません!



日焼け止めと、上の写真のようにたいていはパラソルも置かれているので、

日陰に入りながらでも、ぜひ英国の夏を楽しんでくださいね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


ガーデンには、樹齢を経た大きな木がたくさんあり、小川も流れています。

水の流れる音や鳥の声の他には、何も聞こえません。

英国・コッツウォルズより愛をこめて



この建物は1633年に建てられたようです。


なんと 376年前 のことです !!


今日はこのホテルで、結婚式が行われていたようです。その様子はまた明日 にお伝えしましょう。


「バーンズリーハウを征く」は全7回シリーズになっております。続きは以下のリンクからお願いいたします。


バーンズリー・ハウスを征く (7-最終日)


昨日までの記事は以下のリンクからどうぞ。


バーンズリー・ハウスを征く (1)

バーンズリー・ハウスを征く (2)

バーンズリー・ハウスを征く (3)

バーンズリー・ハウスを征く (4)

バーンズリー・ハウスを征く (5-番外編1)



もし今日の記事をお楽しみいただけましたらで結構です。

下の3つのバナーの応援クリックをお願いいたします。 

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

英国アンティークス・Miaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。