英国アンティークス・オフィシャルブログ

英国の美しいもの、景色、すばらしい人々、そしてアンティークについて英国在住の鈴木みあが、今の英国の楽しい情報をお伝えしております。


テーマ:


これまで「バーンズリー・ハウスを征く (1)-(4)」 にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今日は、バーンズリー・ハウスを征く (番外編)ということで、バーンズリー・ハウスの周りにも

素敵な場所があるので紹介させてください。




バーンズリーという街はコッツウォルズ地方の中でももっとも有名な街、

バイブリーから車で10分のところにありますが、私たちは食事の後そのバイブリーを訪れました。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


バイブリーはナショナル・トラストが管理している家々「アーリントン・ロウ」が

有名(上の写真)ですが、それだけではありません。




英国・コッツウォルズより愛をこめて-バラのアーチ



そのアーリントン・ロウから歩いて6、7分のところにセント・メアリー教会があり、

上の写真のようなバラのアーチが訪れる人を出迎えてくれます。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




上がセント・メアリー教会。教会の入り口に続く道には、様々な色のスタンディングローズが植えられています。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



教会のすぐ横にはこんな可愛らしい小学校もありました。ここは私のすんでいる街よりも小さい街ですので、

きっと子供さんの数も少なく、よりほのぼのとした雰囲気があるんでしょうね。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




この辺りの川には、マスが泳いでいます。もし、英国の旅先でつりをしたくなっても

いきなりはじめないで下さいね(^▽^;) 。


川でつりを楽しむためには、許可証の購入が必要になりますのでお気をつけ下さい。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



この季節の英国は、緑、緑そしてまた緑といった雰囲気で、森林浴を満喫できますよ!




英国・コッツウォルズより愛をこめて



川の向こうにまた違う小さな街が見えています。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


その街の中の一見のお宅の外観。壁にたくさんの穴が開いていますが、どうしてだかおわかりになりますか?


実は、野鳥がそこに巣を作れるように、わざわざそういった場所を作っているんですね。


すばらしいと思いませんか?


家を設計する段階で、動物たちとの共存を念頭において家の設計をするなんて‥‥。

こういったところに英国の人々が自然を大切にして共に生きていこうという姿勢がうかがえます。

こういうところは、日本でも取り入れていってほしいところだと思います‥‥。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


白鳥も涼しそうに、そしてあくまでもエレガントに泳いでいました。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


さて、このドアを抜けると何があるのでしょうか?

    

続きをごらんになりたい方はこちら からどうぞ。



昨日までの記事は以下のリンクからどうぞ。


クローバー バーンズリー・ハウスを征く (1)

クローバー バーンズリー・ハウスを征く (2)

クローバー バーンズリー・ハウスを征く (3)

クローバー バーンズリー・ハウスを征く (4)


「バーンズリーハウを征く」は全7回シリーズになっております。続きは以下のリンクからお願いいたします。



クローバー バーンズリー・ハウスを征く (6-番外編2)
クローバー
バーンズリー・ハウスを征く (7-最終日)


今日の記事を楽しんでいただけましたら、下記の応援の3つバナーをクリックしていただけると

とてもうれしいです。お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

ダウン          ダウン         ダウン

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 美しい国、英国のアンティーク&カントリーライフ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。