「WOMAN」第1話のオンエア、見ました。
ドラマの出来不出来は脚本に依るところが大きいけれど、それでもやっぱり完成した映像を見てみるまでは分からない。
キャストの演技と演出、美術、衣装、音楽、カメラワーク。それらの要素がきちんと物語を伝えられるのか、台本どおりなのかそれとも台本を超えるのか、毎クールどきどきしながらスタートを心待ちにしています。

「WOMAN」は全ての要素が期待以上のものでした。
演出は不幸をことさらに煽るわけでもなく、基本的にキャストの演技に委ねて、でもここぞというときに映像効果を使う。
駅のホームで下の子を乗せたベビーカーが階段から落ちる瞬間のスローモーションと無音。私も実体験で、階段を下っていた息子が頭から落ちて転がっていたとき、心臓が止まるかと思いました。そういう絶望と焦燥に支配された一瞬を、これしかないというカメラワークで捉えていたと思います。実はベビーカーには乗っていなくて無事だったというオチまでカット切り替えなしに見せた点も含めて。

衣装は小春が背負って歩くリュックを、亡き夫(小栗旬)が遺した登山用のディパックにして、色は鮮やかなブルーで、どの場面でも目立つようにして。
ヘアメイクは現在の最初の場面から、ヒロイン小春(満島ひかり)の目の下にクマを作って、体の不調を匂わせて。生活がどんどん困窮していくにつれて、美容院にも行けない小春の髪はボサボサになって、長いままで。

物語を語るどの要素も素晴らしいんですが、中でもやっぱり小春役の満島ひかりが圧巻でしたね! すごい女優さんになったなぁ(演技を初めて見たのは仮面ライダー電王にゲスト出演して佐藤健と共演したとき)。
小春の持つ強さ、優しさ、屈折、恋情。それらを完全に内面化して演じて、何よりも圧倒されたのが後半、余裕を失くしたときの演技。
実母(田中裕子)に20年ぶりに対面し、「母性がほしいのは、母親の愛がほしいのは女のほうだ」と叫ぶところはもう演技に見えませんでした。
これが実はとても難しいはずで、坂元裕二脚本の特徴でもある長セリフ&自分語り。1月クールの「最高の離婚」でも、重い過去を打ち明ける長セリフがよく出てきましたが、「最高の」のキャスト4人を超えましたね。尾野真千子でさえ「あ、長セリフを語っている」と思わせる瞬間があった(ある意味、演劇的な演技)のに対して、満島にはそれを感じませんでした。つまり完全に役の内面から出た言葉として、言えていた。すごく技巧的なセリフでもあるのに。
そして、お金がなくなり食事も満足に食べられなくなってやせ細り、シャツの中で泳ぐ体。それでも曲げられないプライド。
全身全霊で演じていると思いました。

ここまで体当たりの演技を見るのは、ここ数年の連続ドラマではなかった気がします。
これは最後まで見守らないと!


★第1話の印象的なセリフ
「結局、シングルマザーが並みの生活手に入れるには、二つに一つしかないんですよ。風俗か再婚」


このセリフ、最初に聞いたときは極論だろうと思いましたが、実際、私の周囲のシングルマザーも再婚する人が多く、知り合いの男性に聞いたらキャバクラ勤めなんかをする人もいるみたい。現実は厳しいです。ちなみに第三の選択として「親がかり」(親に扶養してもらう)という手もあるけれど、実母との確執ゆえにそれもできず、亡き夫への愛ゆえに再婚も考えられない小春は、本当にハードな境遇にいるんですね。
AD
7月ドラマプレビューPART1:シングル親もの 第1弾「WOMAN」

今日から7月クールの連続ドラマが本格スタートします。1本目は日本テレビ水曜10時の「WOMAN」。水10で坂元裕二脚本というと、芦田愛菜ちゃんが虐待されていた少女を演じた「MOTHER」が思い浮かびますが、「WOMAN」もこの枠らしいシリアスなシングルマザーの物語。他にフジテレビ系列で広末涼子がシングル母を演じる「スターマン・この星の恋」、織田裕二がシングル父を演じる「Oh,My Dad!!」もあって、今クールはシングル親のドラマが3本も。この時期に集中したのは、1月クールで内野聖陽がシングル父を演じた「とんび」がヒットしたからでしょうか?(その頃、テレビ局で夏クールの企画も固まってくるので)。それぞれ台本を中盤まで読んだので、ネタバレなしの範囲で感想を書かせてもらいます。まずは「WOMAN」から。

●日本テレビ水曜10時「WOMAN」 満島ひかり主演/坂元裕二脚本

【ストーリー】20歳で結婚。24歳で夫を亡くしたヒロイン・小春(満島)が、お金も頼れる人もいないまま6歳の長女と3歳の長男をひとりで育てて行こうとする。小春と疎遠だった母親(田中裕子)の確執、葛藤も重要なポイントに。

【インプレッション】ひと言では語れない構造と深みのある物語。シングルマザーとしてこれでもかと苦難に襲われるヒロインを見ていると、「もう勘弁して!」と言いたくなるほど辛い。でも、こういう現実が実際にある以上、直視しなければいけない問題なんだよなぁとも。小春には貯金と稼ぎがなく、キャリアがないゆえにまともな職にもつけず、肉親に頼ることもできず、ついには疲労とストレスで体の健康を損なっていく。どうにもならない現実の中、負のスパイラルに陥りながらも、子供たちのもつ子供らしい心情と希望を共有できる小春は、とても魅力的な女性。センス良く絵本や小説、動物の生態エピソードなどを挿入し世界の広がりとイメージのリンクを見せる手法は、今、テレビ業界広しと言えども脚本の坂元さんにしかできない。辛い展開ではあるけれど、作品世界としては完成度が高く、見応えがありそうです。これは“母親=MOTHER”の物語でもあると同時に、断ち切れない恋慕を抱える“女性=WOMAN”の物語でもあるけれど、それについて書くととんでもなく長くなるので、また機会があったら語らせてください。

【気になること】メインビジュアル写真、子供2人の肩を抱えて立つ母の姿。子供は上が女子で下が男子。死んだ夫への恋愛感情を持ち続け、あくまでひとりで子供を育てようと決意するヒロインの設定などが「おおかみこどもの雨と雪」と共通しています。そして、リアリティで言うと、子供を預けるところがなくて苦労する小春。しかし、シングル親は保育所に優先的に入れるのでは?(ほぼ無料で)。夜間の保育所だって利用できるのは?という疑問もあり。
AD
まず前回、書いた「灯里=『NANA』のハチ説」ですが、9-10話の展開によって、めでたく、この仮説は真なりと証明されました。ありがとう、皆さん、ありがとう。

というのは、浮気症である諒(綾野剛)の子供を妊娠した灯里(真木よう子)は、真面目な光生(瑛太)と心が通じ合い復縁しそうになっていたのにも関わらず、結局、諒と結婚することになるからでした。
…まんまハチじゃん!(ハチはノブと付き合っていたが妊娠してタクミと復縁する)

第10話の後半で光生に言うセリフがまた怖い。

灯里 愛情はないけど、結婚するんです。信じてないけど、結婚するんです。子供がいるじゃないですか? 彼と私の。現実的な選択をしたということです。(略)大丈夫、私、上手くやれます。

つまり灯里は二重人格者ってことですね。やっぱり壊れてますね。
白・灯里)諒の浮気を黙って我慢していた。浮気相手の女性も責めない。やたらと男性に理解を示す。光生に「そういうところ含めて、好きだよ」と優しい笑顔で言う
黒・灯里)光生に「死ねばいいのに」と言い放ち、サウナでひとり毒舌全開。妊娠を知って駆けつけ「その子の父親になりたいです」という諒に「めんどくさっ」と裏で言う

二重人格っぽいのは、灯里だけじゃなくて光生も、諒もですね。この作品は、人間には多面性があることを描いているのか。
そういう印象もありますけど、10話の黒・諒の壊れっぷりは面白かったです。カラオケ屋のシーン、綾野さん、上手かった。

現実生活でも、浮気症だったり飲み遊びしすぎだったりする夫が、子供ができたことをきっかけに良きマイホームパパになるというパターンはけっこう見聞してきたので、灯里&諒のカップルもそれで落ち着くのでしょうか。
いや、しかし待てよ。9話、灯里の部屋で4人が顔を付きあわせて話し合ったとき、諒はこう言っていましたよね。

諒 離婚は最悪な結果じゃないと思います。最悪なのは離婚じゃなくて仮面夫婦ですよね。相手に愛情もないのに期待もしていないのに、一緒にいるのが一番。一番、不幸ですよね。(略)離婚、最高ですよ。

灯里はあえて、諒が言うところの「一番、不幸」な状態を選択しようとしているのか?
そこが最終回のポイントになりそうです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そして、もうひと組の元夫婦、光生と結夏(尾野真千子)はどうなるのか。
他の3人がどこか矛盾していて、本当は誰が好きなのか、恋愛感情が不安定なのに対し、結夏はずっとブレていない。勝手に離婚届を出してしまったことは後悔しているけれど、好きなのはずっと光生ひとりで。
そんな結夏に対し、光男は明らかに灯里にグラリときていたのに、灯里が諒の子を妊娠したと分かると、結夏に電話をかけはじめる。

それはあまりに虫が良すぎるってもんです。なので結夏も言います。「迷惑、もうかけてこないで」とはっきり。
灯里と諒が元サヤに収まり、改めて結婚することになると、ひとりきりになった自宅で光生はちょっとおかしくなってくる。食卓の前に座って、そこにいない元妻に向かってまだ一緒に暮らしているかのような、幻想を見ているようなみたいなことを言う。

それがとても印象的でしたけど、その場面の前に、ずっと光生を気にかけてくれていたおばあちゃん(八千草薫)が東京を去るんですよね。河口湖に住んでいるという光生の父親の元へ行ってしまう。
これが重要なポイントで、光生は自分を優しく許してくれた灯里とおばあちゃんを同時に失ってしまった。
そこで急速に、元妻へと気持ちが戻っていくんですね。っていうか、すがっていますよね。

妊娠した灯里に泣いてすがる諒も同じ。
世の真実ではあるんですが、やっぱり妻は結婚すると、夫の恋人ではなく“母親”になってしまうということなのか。
夫という人種は、妻なら離婚した後でも自分を許してくれると思ってしまうのか?
そう言えば、光生のお父さんは最終回で姿を現わすようですが、お母さんの存在は最初からずっと欠落していますよね。

結夏は第9話で、“母親的配慮”のできる灯里から責められる。

灯里 あなたは濱崎さんが疲れて仕事から帰ってきたとき、「おつかれさま」って言ってたの? ずるくない? 不器用で人付き合いが苦手で、それでも外で頑張っている人だよ(略)思いやりがないのは、あなたも同じじゃないかな。 

こう言われたことを結夏も気にしていましたが、思いやりを表現できるようになるかが、結夏の成長になるんでしょうか。
結夏は年下の淳之介にプロポーズされたとき、「幸せになるために、好きになるんじゃないから」と言っていましたが、実は灯里より恋愛体質なのかもしれない。
夫の母親的立場を引き受けて、結婚生活をやり直すのか。それとも?

9話で光生が、自分と結夏、灯里と諒の2組の夫婦で、キャンプに行きたかったと言い出しましたよね。
子連れで長野方面に行く、ありがちなキャンプに。
それが実現するのかどうか、最終回のラストシーンまで楽しみにしています。
AD
すみません。確定申告とか母の古希祝いとか仕事とか育児とか家事とか…いろいろいろいろ(言い訳)。
第7話と第8話のレビューは完全にタイミングを逸してしまいました。

この2回は、6話までにあった終盤の感情爆発させながらの長セリフがなくなり、じんわりくる感じで、気楽に見られました。視聴率もちょっと上がったようで、よかったよかった。“ホームラブコメディ”なんだから、シリアス度はこれぐらいのさじ加減でお願いしたいところです。

ざっくりとした感想を書きますと、第7話は光生(瑛太)の部屋を出ることに決めた結夏(尾野真千子)が、別れの手紙を書く。

結夏の手紙 結局、あなたのこと、好きなんですね、好きなんです。(中略)私はこの家に住む3匹目の猫だったのかもしれません。

これが泣かせる。結局、この手紙を光生が読むことはなかったけれど。そして未練たっぷりとも取れるこの手紙を残さなかった結夏、というのがまた泣けます。

第8話は、なぜか諒(綾野剛)が結夏と入れ替わりでやってきて、光生の部屋に居候することに。そして、諒と破局した灯里(真木よう子)と光生が急接近していきます。

そして、ここからが本題。
灯里、やっぱり恐ろしい子…!でしたね。
昔、光生と同棲していた笹塚に行って、学生時代からある?居酒屋にふたりで行って、そこでの会話がキタキタキタ…!という流れで、ワタクシ、テレビの前で悶絶いたしました。

灯里 変な話だけどさ、誰とでも寝る女の人っているじゃない? いるの。私何か、何かの弾みでそういう人になっちゃうんじゃないかなって思うときある。街に出てたまたま出会った人に自分から声掛けて、誰でもいいから抱かれたいって何かそういう。そういう人間になっちゃうんじゃないかって。誰でもいい。誰もいいからって。 

光生 駄目だよ。誰でもいいなんて、そんなの。(灯里の手を握る)

灯里 じゃあ、光生くんがいい。

光生 (動揺)さみしいからって、そういうこと…。

灯里 そうだよ。いいじゃん、一回寝てみよ。


いやー、真木よう子にこんなこと言われて、拒否できる男はいませんよ。
この破壊力満載のセリフを明らかに自分に気のあると分かっている元彼に向けるところが怖い。
「離婚(正確には違う)したばかりでさびしくて不安で、誰でもいいから寝たい。あなたと寝たい」ということ自体はまぁ正直な感情だろうし、そういうことハッキリ言える女性は嫌いじゃないけど、この論理には主体がないんです。そこが一番、怖い。
つまり、灯里が言っているのはこういうことだ。

(本来の私ではないが、どうにもならない精神状態であるため)私、誰とでも寝てしまうかもしれない

それはダメだと言うなら、そう言うあなたが、誰とでも寝ないように抱いてほしい

さみしいからだけど悪い? あなたも離婚したばかりだけど、一回だけならいいんじゃない?

最初から最後まで“現在の自分に責任を取る”という観点が抜けているんです。すべて、自分以外の誰かや状況のせいにしようとしている。
こういう人っているよね? いるの。
…と言いたくなりましたよ。

そこで思い出したのが、少女漫画のダブルヒロインものです。この構図はあれだ。「NANA」に似ている。
結夏が大崎ナナ(映画で中島美嘉が演じたほう)で、灯里が小松奈々(ハチ、映画1で宮崎あおいが演じたほう)。
奈々は感情のままに行動するタイプで、ぽわーんとしているようで男性に流されるまま。実は略奪愛とかデキ婚もやってのける。
ナナも恋愛には純粋な人なんだけど、強がりで誇り高くて、男性と対等な関係を築こうとする。ゆえに幸せからは縁遠い。

もっと遡れば「キャンディ・キャンディ」のキャンディとスザナなのか? テリーをめぐっての。
最近の恋愛バイブルっぽいの(「僕等がいた」とか「君に届け」とか)は読んでないので、そこからは例を出せないんですが。
古典的な少女漫画の構図ですよね。「この人は私の!」と言えない不器用なヒロインと、なりふり構わず男性をつかむ恋のライバルの。。
そして、このドラマでふたりの女性に思われるのは、モテ男の諒ではなく、光生くん、君なのかい。

灯里は「男性でAV見ない人はいない思うし」「私、おしり見られても平気だから」(9話)などと結夏に言いますが、まぁ、事実としてはそうだとしても、男性の前で女友だちにそう言うのはズルイよね。ポイント稼ぎだよね。

ということで、私の中で、灯里=ハチに見えてきたときに9話がオンエアされたわけです。
そしたら、なんとなんと灯里がご懐妊。これは、まさにハチだ!

(次の記事に続きます)
確定申告の準備していたら、映画館の領収書がばさっと出て来ました。なので今さらなんですけど…

■2012年映画館で見た映画(試写は別) ざっくりと5星評価

アーティスト ★★★★☆
アメイジング・スパイダーマン ★★★☆☆
アルゴ ★★★★☆
ドラゴン・タトゥーの女 ★★★★★
ヘルター・スケルター ★★★☆☆
ファミリー・ツリー ★★★☆☆
のぼうの城 ★★★☆☆
おおかみこどもの雨と雪 ★★☆☆☆
桐島、部活やめるってよ ★★★★★
黄金を抱いて翔べ ★★★☆☆
ダークナイト ライジング ★★★★☆
人生の特等席 ★★★☆☆
砂漠でサーモン・フィッシング ★★★☆☆

※1星を「好きかどうか」でつけると、「ドラゴン・タトゥーの女」と「桐島、部活やめるってよ」がほぼ満点。映画館に見に行く場合は評判を聞いてから行くので、基本的に「見なきゃ良かった!時間とお金を返して」という作品はないですね
(あ、おおかみはヒロインが聖母すぎて見ているのが辛かった…)


■試写で見た映画(今、ざっと思い出せるもの)

任侠ヘルパー ★★★☆☆
ストロベリーナイト ★★★★☆
君への誓い ★★★☆☆
007 スカイフォール ★★★★☆

※うーん、この5倍は見ているはずですが、思い出せない。または評価が低すぎて名前を出すのがはばかられるか…。おすすめできるものが思い出せたら後で追加しますね。

ちなみにDVD鑑賞の本数は50~100本ぐらい。学生のときは映画を毎日1本見て、4年間で1000本達成したんですが、そうも行きませんね