2008-09-16 08:08:25

作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる.)氏

テーマ:●●本日の出来事●●


作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる.)氏


五木寛之に、

現代に天才と呼べる芸術家が

いるとすれば、その一人は、

まちがいなく佐村河内守氏と言わした男。



耳の聞こえない作曲家、佐村河内守

小学校の時

交響曲が弾けるようになった

天才的、才能の持ち主。



被爆二世として生まれた佐村河内守は

17歳で発病し、

耳が聞こえなくなり、

その後、

指も思うように動かなくなり

ピアノも引けなくなった。



それでも、何年もかけて

「交響曲第一番」

「交響曲第二番」を書き上げ、

現在「第三番」を作曲中と言う。




代表作にNHK『山河憧憬』、

映画『秋桜』(ルビ:コスモス)、

『バイオハザード』(ディレクターズカット デュアルショックバージョン)がある。


交響組曲『ライジング・サン』は純音楽としては

世界最大の150名による大オーケストラと、

人間国宝を含む和楽器53名、総勢203名による編成。



私達は、健康であるだけで幸せなはずなのだから、

不平不満ばかり言わないで、頑張らなければと、

勇気を与えて頂いた、有難う御座います。



成功の原点はここにある成功の原点
        

そして出来る事をする→今出来る事から

    

        

成功のヒントは成功者の中にある。

私が上京し現在に至るまでの実録マガジン↓

伝説塾登録(無料)はこちら

                  


■住まいのトータルプロデュース 【レジェンドグループ】  

 

お客様とともに考える住まい探し【レジェンドクリエイティブ】

リノベーションで快適な住空間を【アートライフ】

住まいの安心を支えるテクノロジー【アイサービス】

映画・TV・CMのソフト制作 演楽舎






PR

コメント

[コメントをする]

1 ■私も観ました!

昨日テレビで特集をしていましたよね。
私も観ました。

とにかく心が揺さぶられ
泣きながら観ました。

生きるエネルギーが違います。

壮絶な生き方です。

2 ■コメント有難うございます。

素晴らしいの一言だよね

3 ■震撼しました!

筑紫哲也ニュース23、私も観ました。
もう震撼の一言に尽きます。
今はまだ無名の方なんでしょうが、いつの日にか海外にも広く知れ渡った時、世界も震撼するだろうと思いました。
この一人の日本人から世界のクラシック界を改革していくのだろう!という強い予感のようなものも感じています。

佐村河内さん感動をありがとうございます。

4 ■佐村河内守一応モーラ

書籍も読み、交響曲第一番初演にも立ち会い、NEWS23も観た者です。


確かに小学生でソナタを弾き熟していたことは周知ですが、管理人様の書かれた『小学生のとき交響曲が弾けた』というのは意味も解りませんし、どこにも記されておりません。
正しくは『小学生のとき交響曲の書ける作曲家を志した』ですが、いずれにせよかなりの早熟だったことは間違いなさそうです。


ドキュメンタリーは良い出来ではあれ、かなり抑えた表現となっているはずです。実際佐村河内の経験してきた闇(苦痛)は『地獄を思わす』といっても過言ではないほどですから。


音楽は、わたしがここで熱く語ったところであまり無意味でしょうね。
佐村河内の才能は歴史が証明するでしょうから・・・・・・
現代的要素もしっかりちりばめたブルックナー、またはマーラーといったところでしょうか(すなわちベルクに最も近い人)。それでいて3管編成で70分以上もの長大な交響曲をガッチリ構築するわけですから・・・
現代の耳の聞こえる作曲家たちにも真似のできないクオリティーだと感じています。

5 ■素晴らしいね!

てかスゴイ!

6 ■コメント有難う御座います。

本当に素晴らしいですよね。

7 ■佐村河内氏への衝撃

NEWS23マジよかった!!



久々凍り付いたわw

8 ■現代のベートーヴェン

佐村河内守さん・・・
本当に素晴らしいと思う

そして誇らしい・・・
まさに現代のベートーヴェン

9 ■コメント有難う御座います。

本当にそうですよね。

10 ■デモーニッシュ

はじめましてAndanteです。
佐村河内守さんの場合、病気や障害があるので必然なんでしょうが、闇深く超ストイックなのに才能が豊かで・・・・・・

なんだか悪魔的な魅力に惹かれてしまいます。

佐村河内さんの音楽は、まさに自らの生が生々しく反映されていて畏怖さえ感じるほどです。

11 ■かくあるべき

軟弱、ミーハー、軽薄な作曲家があふれかえる現在に於いて、佐村河内守は【芸術家とはかくあるべき】と思わせてくれる、稀なる存在に感じます。
もう少し画面を通して佐村河内守を観てみたいという欲もわきますが、音楽評論家許光俊のコラムを読む限りでは、氏の全国放送のVTR露出は、先のニュース23が最後のようです。
再び作曲の隠者生活(闇)に戻った、ということなのでしょう。
寂しい気もしますが、これが“死んだ作曲家”(自叙伝『交響曲第一番』参照)として、氏に残された唯一の生き方なのでしょう。
温かく見守りたいと思います。

12 ■生き方が半端ない!!

クラシックの専門的なことはわかんないけど、生き方が半端なくカッコイイ!!

13 ■無題

苦難の中、素晴らしい方ですね

14 ■コメント有難う御座います。

佐村河内守さんの人生みてると勇気付けられるますよね、本当に有難う御座います。

15 ■無題

素晴らしい男。

16 ■無題

NHK『山河憧憬』見ました、素晴らしい音楽でした。

17 ■想像もつかない

この方の辛さは、想像もつかないです、私は健康に感謝しなければとつくづく思います。

18 ■僕らには書けない音楽

書きたくても書けない音楽。 。 。 。


同じ独学でも武満さんにも書けないでしょう。


佐村河内守さんに弟子入りしたいけどもう遅いねw



あと20年遅く生まれてたらなぁ


クラの楽壇も変わってたと思う。

19 ■無題

言いにくいけど、佐村河内守はそう長く生きないと思う。なにせ本物中の本物の天才だからね。

20 ■すごい!!

すごい人、、素晴らしい、、日本人にこんな曲が書けるとは、、、

コメント投稿

[PR]気になるキーワード


國武栄治