米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は25日、沖縄県を訪問し、仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事と県庁で会談、「沖縄にこれ以上基地を増やしてはならない。一緒に頑張りましょう」と述べ、名護市辺野古への移設阻止に向け共闘を呼び掛けた。仲井真氏は「県民の納得がいく方向で解決策を閣内でまとめていただくのが願いだ。頑張ってほしい」と応じた。

 福島氏は会談後、日米両政府がまとめる共同声明について「沖縄、連立の合意も得られず非常におかしい。順番が逆だ」と批判。連立離脱については「ぎりぎりまで新たな基地負担をさせないため命懸けで頑張る」と述べた。

 日米両政府は27日に辺野古付近への代替施設建設と9月までの移設計画決定を柱とする共同声明を発表予定。鳩山由紀夫首相は27日夜にもオバマ米大統領と電話会談した上で、28日の閣議後に記者会見する方向で調整している。

 首相は25日夜、首相官邸で記者団に「福島氏に真剣に理解いただけるよう議論していく。最終的に閣議で何らかのことを決めないといけない」と述べた。

【関連記事】
首相、普天間5月末決着「閣議で何らかのことを決めたい」
自民幹事長が福島氏の辞任を要求 「内閣の統一が取れていない」
亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」
福島氏、訪沖「社民党党首として」強調
普天間問題 社民、岐路 首相発言も「合意反する」
虐待が子供に与える「傷」とは?

水戸黄門 新シリーズに雛形あきこさんをレギュラー起用(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>利益どこへ 市場縮小、業者「圧力」背景か(毎日新聞)
普天間問題 首相、日米の信頼強調 辺野古移設「環境に配慮」(産経新聞)
H2A 11機連続成功 「完成技術」PRも利用には課題(毎日新聞)
「手には血…体の中に何かが入った」 刺された瞬間を証言 秋葉原殺傷事件(産経新聞)
AD