先日ずっと観たかったブラッドリー・クーパー主演のBurntという映画を観ました。



j



簡単にストーリーをまとめちゃうと、すっごく才能のあるシェフ(ブラッドリー・クーパー)が




若いときにパリで成功して、その後アルコールやなんやでその成功を台無しにしたんだけど、




その後イギリスのレストランで復活するという話。



 


 

すっごい完璧主義の自分勝手なシェフをブラッドリー・クーパーが演じています。



 


 

で、彼は映画の中で流暢なフランス語を話しているのですが、




ちょっと彼のことを知っている人なら、彼がフランス語ぺらぺらなのはご存知のはず。



 


 

実は彼は大学生の時に、フランスに6ヶ月間交換留学生として留学しているんですよ。



 


 

No wonder.



 


 

留学したのがまあまあ若かった事もあるし、




西洋の言語なので、フランス語はアメリカ人にも取得しやすい?かもしれないって事もあるかもしれ




ないけど、やっぱり本人が頑張ってフランス語勉強したんだと思う。



 


 

これ自分に置き換えてみたんだけど、必死になったら6ヶ月の留学で絶対にスペイン語はなせるよ




うになる気がする。



 


 

6ヶ月って結構長いよ。



 


 

もちろん語学留学は長ければ長いほどいいかもしれないけど、




基本をおさえるには6ヶ月って良い長さかもしれないね。



 


 

良い映画でしたので、オススメです。



 


 

今後シェフが主人公の映画特集でもやるかもしれません。良い映画たっくさんあるので。

 




日本でも公開されているですね!!




邦題は 二つ星の料理人








ブラッドリークーパーがフランス語を話している動画










人気ブログランキングへ


ブログ村にも参加してみました。



にほんブログ村 恋愛ブログへ
AD

コメント(2)