英語マスターアルティメットマニュアル

本物かつ10月末まで6000円オフである 


数あるebookと呼ばれる電子書籍の中でも最も読みやすくしっかりした内容であると言われる佐藤俊介氏の教材。

佐藤氏は翻訳家としての経験もあり、現在は自ら会社経営をしつつ英語指導を行うなど幅広い活動をしている新進気鋭の企業家。

こーゆー人がもう少し評価されてくるようになると英語業界がさらに健全化するだろうと思わざるを得ない

この教材はリスニング、スピーキング、ライティング、リーディングの4スキルをどう効果的に高めていくかがもの大変具体的に書かれているし、レイアウトも絶妙で本当にすらすらと読めるのだが、なんといっても評価が高いのが「継続と挫折解消ノウハウ」の部分であろう。


心理学の手法を駆使して編み出されたこの部分だけでもお金を払う価値があると言われるくらいである。

お見事!
AD

Dr. キノシタのYou can speak

テーマ:




極めて優れた本物である!


他の教材と異なる大きな特徴として


「わずか数日間の取り組みで伸びを実感」という点がある。


ちょっとだけ値が張るが分割払いもできるし、費用対効果で見たら抜群の実績を持つ教材なので是非普段英語を話す機会が少ない人には是非トライしてもらいたい教材だ。


一言で言えば、


英語の筋力トレーニングとも言える手法で練習を繰り返していくうちにいつの間にか口をついて英語が出てくることを目指したものと言える。


一例をあげよう。



(1) 私たちはそのスポーツを楽しんだ。
    We enjoyed the sport.

(2) 楽しむべきスポーツ
    the sport to enjoy.

(3) これがその話しです。
    This is the story.


これらを合わせて

(4) これが楽しむべきスポーツです。
    This is the sport to enjoy.

という文で仕上げる。


上のような練習をひたすら繰り返していくことによって
・英語のクセをつかみ
・同時に体に染み込ませ
・いつの間にかフレーズが口をついて出るようにする


という巧みな手法を採用することで、いつの間にか英語が普通になっている間隔が身に付くのが最大の強み。


体験版があるので下記から遊びに行ってみるべし
  ↓




AD


本物である!



作者の鈴木氏は他にも多くの教材を世に排出しているが、その中でもピカイチの出来なのがこれである。


価格が少々高いが完璧なまでにサポートがされるのでそれを考えれば費用対効果は極めてお得としか言いようが無い。


詳しいことはサイトに書かれているのでそちらを読んでもらうとして、簡単にこの教材の5つのメリットを挙げておくと・・・


1 理解に重点を置いている。


昔、意味もなく例文を暗記させれたことがあるだろう。


あれは苦痛以外の何ものでも無い。文法は理解して初めてツールとして生きる。その理解に重点を置いている講座はあまり無い。



2 英語を知っている人が作った講座だから安心


ちょっと補足しよう。指導者が英語を知っている人だったら誰でも良いと言うわけではなく、


「苦手な時期を経験している」か「教える(伝える)技術を持っている」ということがものすごく大切。苦手な時期があったから苦手な人の心理が分かる。そうした人たちが抱える「何をどうしたらいいか。」の本質をつかんでいる。それに書いてある内容が分け分かんないものなら勉強にならない。


勉強の結果、鈴木さんは英語の達人となったわけが、そうすると今度は教材を作る視点が必要となる。がこの点についてもその考え方が実に鮮やか。


実際にサイトを見ていただくと分かるが、どうしてこういう講座を開設したのかという経緯が書かれている。


その中で注目したいのがTOEIC運営委員会によって公表されているTOEICのパート5とパート6の問題、224問の分析結果を色分けしている部分。その中の青の部分を講義内容にしている点が大切なポイント。



3 学習ペースが選択できる


これは本当にありがたい配慮。


実は僕は某所で、ネット通信講座(英語ではない)を受講したことがあります。最終的に中身にはすごく満足だったがそのペースの遅さに閉口したのをよーく覚えている。


この講座は月曜日から土曜日までのメール配信によって進められるが、入金後には全講座内容のPDFと音声が入手できるのである程度力のある人は自分のペースで先に進むこともできてしまう


メール配信は復習用として学習する、
PDFは印刷して書き込みようにする、
などの自分なりの工夫ができる。


ちなみにPDFは全体で308ページに渡る大作で、音声はトータルで10時間を超える。



4 音声付きということ


例文の音声ではなく、講義全体をバイリンガルの方が読み上げている。


つまり、講義をiPodのようなMP3プレーヤーに落として場所を問わず学習することが可能。


「講義の持ち運びができる」というのは学習の加速の大きなメリット。MP3プレーヤーでも使い方も詳細な手引きがついているの。



5 サポート付き


受講期間中は鈴木さんに直接メールにて質問が可能。終了後も2週間はサポート期間に入っている。やっぱりサポートはあった方が良い



6 その他


いわゆる、がたがた言わずにやってみて!系の教材であることは間違いありません。



一度はサイトを見てみるべし
  ↓

こちらからGO!
AD