2010年04月30日(金)

ドラマチックなダッシュ「――」 投稿和訳の添削指導4

テーマ:ドラマチックなダッシュ「――」

英語和訳のメルマガの今回のテーマは

「ドラマチックなダッシュ「――」」



そして、以下のような課題文を出題しました↓



Enduring hard training led our team to the prefectural elimination
matches. We wished I had the chances of winning a ticket to the
national tournament ―― slim and none.


ちなみに、今回は

「英語の勉強をはじめて何年くらいですか?」
質問テーマとしてあわせて回答していただいています。


読者の皆さんから寄せられた

和訳投稿を添削していきます↓



--------------


Rototoさん


>厳しい練習に耐えて我々のチームは県の予選大会に進むことになった。

>私が全国大会への切符を勝ち取ることをみな望んでいたが、

>その見込みはなきに等しかった。

↑なかなか自然な感じに訳せていますね。

とても読みやすい和訳です。


Enduring hard training は好ましい影響を与えている

無生物主語なので、「厳しい練習に耐えたことで」

としてあげてもいいでしょうねビックリマーク



>中1から数えると16年です。

>私も大学は英米語学科でしたし、二度転職していますが

>何かと英語に関わる仕事に携わっています。

>働く限り今後も付き合っていくことになると思います。


↑そういうのって「縁」みたいなのがあるんだと思います。

英語とは長いお付き合いになりそうですね!



--------------


カテキョのユイくんさん


>辛いトレーニングに耐えたことは、私たちのチームを県大会へと

>導いた。全国大会への切符を勝ち取るチャンスを持てればよいな、

>と思った。だが、それはなきに等しい。


↑無生物主語 Enduring hard training をそのまま

訳しているのが気になりました。


「厳しい練習に耐えることが私たちを~に導いた」

というのは日本語として少し変なので、

「厳しい練習に耐えたおかげで、私たちは…」としましょう。



>湯川さんのこのメルマガと出会ってからは、3年弱です。m(__)m

>実際に、投稿にほぼ参加させて頂いてからは、ようやく1年です。

>翻訳を勉強して、日本語にも少しずつ敏感になれてきてるかな!?
>私の、生徒さんへの文法の教え方も、それまでの比でなく、

>この間大きく伸びれてきてると思いますよ(^o^)/


↑このメルマガで得た知識がご自身の指導にも

役立っているようで、本当に嬉しいです。

生徒さんから反響とかありますか?ニコニコ



--------------


awaさん


>厳しい練習に耐えたおかげで私達のチームは県の予選大会まで辿りついた。

>私達は全国トーナメントへの切符を勝ち取りたいと願っていた。

>ほとんど見込みはないものではあるが。


↑ダッシュ以下の slim and none は

主語と動詞が省略されているので分かりづらいかもしれませんが、

時制はダッシュ前と一緒で過去形です。


もし時制が一致しないなら

主語や動詞が省略されない可能性が高いでしょう。

そうしないと、読み手は時制が分からなくなりますからねOK



>コロン、セミコロンに続いてダッシュ―かゆいところに手が届く

>メルマガだなあとつくづく思います。


↑英語の句読点は参考書等でもさら~っと解説されているくらいなので、

あらためて勉強してみると、理解が深まったのでは?



ペタしてね


--------------


■湯川彰浩の書籍

社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語王子の学校では教えてくれないワクワク英語レッスン-社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語学習がなかなか続かない忙しい社会人の方に
効率的な勉強法や英語力を生かせる仕事の見つけ方を伝授!
英語学習を再開する前に一番はじめに読んでほしい一冊です。


本書の目次や詳しい内容はこちら で確認できます。


新刊ラジオ でも紹介していただきました。


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月29日(木)

ドラマチックなダッシュ「――」 投稿和訳の添削指導3

テーマ:ドラマチックなダッシュ「――」

英語和訳のメルマガの今回のテーマは

「ドラマチックなダッシュ「――」」



そして、以下のような課題文を出題しました↓



Enduring hard training led our team to the prefectural elimination
matches. We wished I had the chances of winning a ticket to the
national tournament ―― slim and none.


ちなみに、今回は

「英語の勉強をはじめて何年くらいですか?」
質問テーマとしてあわせて回答していただいています。


読者の皆さんから寄せられた

和訳投稿を添削していきます↓



--------------


にやさん


>厳しい練習に耐えたおかげで、わがチームは県大会の予選に出場できた。

>みんなは、私が全国大会に勝ち進めるように願っていた。

>そんな可能性はほとんどなかったのだが。


↑基本を押さえた訳となっていますね!


ダッシュ以下は「…だが」と終わり方でも間違いではありませんが、

「…である」という普通の文の締め方の方が無難でしょう。


この調子で次回もがんばってくださいニコニコ



>大人になってから始めたので7~8年ぐらいです。学生の時にやってたら、

>もっと楽だったんでしょうねぇ。記憶力の悪さに泣けてきます。


↑学生の頃はどうしてもやらされている感がありますからねあせる

大人になってはじめるからこそ、やる気が出る部分もあるので、

忘れても忘れてもがんばりましょう。



--------------


kiarinonさん


>私たちのチームは厳しい練習に耐えぬいてきた結果、県予選へ出場
>することができた。私たちは全国大会へのキップを手にすることを
>夢見ていたが、その見込みはほとんどなかった。


↑Enduring hard training という無生物主語なので、

「…してきた結果」としてもいいですが、

due to enduring hard training と副詞句的に

置き換えて「…に耐えぬいたことで」くらいに訳してもいいですよ。



>学校を卒業してからはほとんどやっていませんでしたが、

>数年前にこのメルマガに出会ってからボチボチ英語の勉強を始めました。

>しかし本格的に勉強しだしたのは今年に入ってからです。

>ですので「何年くらい?」と言われるとちょっと難しいです。


↑ちょっとでも英語に触れていたら学習期間に入れてもいいと思いますよ。

これからもメルマガ等で英語学習を続けてくださいねアップ



ペタしてね


--------------


■湯川彰浩の書籍

社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語王子の学校では教えてくれないワクワク英語レッスン-社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語学習がなかなか続かない忙しい社会人の方に
効率的な勉強法や英語力を生かせる仕事の見つけ方を伝授!
英語学習を再開する前に一番はじめに読んでほしい一冊です。


本書の目次や詳しい内容はこちら で確認できます。


新刊ラジオ でも紹介していただきました。


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月28日(水)

ドラマチックなダッシュ「――」 投稿和訳の添削指導2

テーマ:ドラマチックなダッシュ「――」

英語和訳のメルマガの今回のテーマは

「ドラマチックなダッシュ「――」」



そして、以下のような課題文を出題しました↓



Enduring hard training led our team to the prefectural elimination
matches. We wished I had the chances of winning a ticket to the
national tournament ―― slim and none.


ちなみに、今回は

「英語の勉強をはじめて何年くらいですか?」
質問テーマとしてあわせて回答していただいています。


読者の皆さんから寄せられた

和訳投稿を添削していきます↓



--------------


Rick Howeさん


>猛練習を続けてきたおかげで、私たちのチームは県の

>予選大会へと進んだ。私には全国大会への切符が獲得できる

>可能性があると、誰もが願っていた。でもその見込みはほとんどない。


↑We wished I had the chances ~ の

I had the chances ~ は仮定法の一種です。

したがって「全国大会への切符を勝ち取れればなぁ」

くらいの気持ちです。


また、ダッシュ以下も過去時制なので注意しましょうOK



--------------


うめのさん


>厳しい訓練に耐えることで、私たちのチームは県大会に出場できた。

>全国大会のチケットを勝ち取るチャンスがあったらいいなあと思っていた。

>それは大変望みの薄いものではあったのだが。


↑各文法のニュアンスを踏まえて

うまく訳せていますね!


ちなみに、ダッシュ以降で「…だったが」としていますが、

一見、かっこよく感じるのですが、「…である」ときちんと文として

終わる方が無難でしょう。



>前置詞の使い方というか、前置詞の持つイメージについて

>ご教授いただけたらと思います。
>特に、知らない熟語(動詞+前置詞+名詞のような形)が

>出てきたときに、なんとか対応できるような方法はないでしょうか??


↑前置詞はとっても難しいですからね~。

ある程度イメージを持っていても、例外もありますし。

感覚的なところも大きいのですが、メルマガのテーマとして検討してみますねニコニコ



ペタしてね


--------------


■湯川彰浩の書籍

社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語王子の学校では教えてくれないワクワク英語レッスン-社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語学習がなかなか続かない忙しい社会人の方に
効率的な勉強法や英語力を生かせる仕事の見つけ方を伝授!
英語学習を再開する前に一番はじめに読んでほしい一冊です。


本書の目次や詳しい内容はこちら で確認できます。


新刊ラジオ でも紹介していただきました。


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年04月27日(火)

ドラマチックなダッシュ「――」 投稿和訳の添削指導1

テーマ:ドラマチックなダッシュ「――」

英語和訳のメルマガの今回のテーマは

「ドラマチックなダッシュ「――」」



そして、以下のような課題文を出題しました↓



Enduring hard training led our team to the prefectural elimination
matches. We wished I had the chances of winning a ticket to the
national tournament ―― slim and none.


ちなみに、今回は

「英語の勉強をはじめて何年くらいですか?」
質問テーマとしてあわせて回答していただいています。


読者の皆さんから寄せられた

和訳投稿を添削していきます↓



--------------


わっちょさん


>きつい練習を耐え抜いたので私たちのチームは県の予選会に

>進むことができた。もしわたしに全国大会への切符を得る

>見込みがあればと願った、がほとんど見込みがなかった。


↑無生物主語やダッシュのニュアンスなど

ポイントを押さえてなかなか上手く訳せていますね。


この調子でがんばってくださいニコニコ



>きちんとした形で始めてからは丸15年です。大学に入ってからも

>TOEICだったり、論文を読んだりと終わることはなさそうです。


↑英語学習に終わりはないですよね。

母国語である日本語でさえ、知らない表現や使い方なども

たくさんありますしね!



--------------


iさん


>厳しい練習の末、我々のチームは県予選に進むことができた。

>私が全国大会への切符を手に入れることを、我々は願っていた。

>しかし、その可能性は無きに等しかった。


↑Enduring hard training は
due to enduring hard training と副詞句的に置き換えて

訳してみてもいいでしょう。

つまり「厳しい練習に耐えたことで」と訳すこともできますよ。



>約25年ということになります。私の場合、小学校4年で英会話教室に

>通わされたのが最初で、その後も英語から完全に離れることはなかった

>(できなかった)ので、完全なブランクはなしです。「英語をやっている」と

>いえるほどきちんと英語に触れていた期間となると、もっと短くなると思いますが。


↑小学校の頃から英会話に通っていると

中学校で英語の授業があっても、それほど抵抗感はなかったでしょうね!

私は中学のはじめての英語の授業はとまどいまくりでしたよあせる



ペタしてね


--------------


■湯川彰浩の書籍

社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語王子の学校では教えてくれないワクワク英語レッスン-社会人のための97%失敗しない最後の英語学習法

英語学習がなかなか続かない忙しい社会人の方に
効率的な勉強法や英語力を生かせる仕事の見つけ方を伝授!
英語学習を再開する前に一番はじめに読んでほしい一冊です。


本書の目次や詳しい内容はこちら で確認できます。


新刊ラジオ でも紹介していただきました。


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。