2014年11月27日(木)

大学院の合格体験談「基礎が固まれば結果は必ずついてくると信じて」

テーマ:講座のお知らせ

添削講座の受講者さんから、またまた合格報告が届きました!


合格体験談もアップしましたので、

こちらで紹介させていただきますね!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



基礎が固まれば結果は必ずついてくると信じて



ペンネーム:チーズメロンパンナさん


『大学院英語 基礎講座』を受講

静岡県立大学大学院 国際関係学研究科に合格



■ とにかく短期間で基礎を固められる講座を探していた


私は海外生活が長かったため、英文は読めても
適切な日本語に訳すことができなくなっていました。


とにかく半年という短期間で基礎を固められるもの、
また、大学院入試の英語に慣れることができる講座を探していました。


受講料も手ごろで、学習期間もそれほど長すぎず、
英語の文法を再確認できる講座としては、
『大学院英語 入試対策講座』が最適でした。



■ 基礎が固まれば結果は必ずついてくると信じて


まず、私は大学院入試で問われる英語に慣れることを目標としました。

すべての文法事項や英単語を網羅することは不可能ですが、
可能な限り基礎力は固めていこうと思って始めました。


辞書(電子辞書も使用)をこまめに引いたものの、
最初は堅苦しい訳しか作れず、
添削は時に厳しいコメントもあったりはしましたが、
最終的には励まされるものが多かったです。


とにかく解答とのにらめっこでしたが、
「基礎講座」で今まで忘れていたものを再度取り戻そうと努力しました。

途中体調を崩し答案が提出できなくなりましたが、
解答と照らし合わし、自分のペースを守って勉強を続けました。


また、志望大学院の過去問を徹底的に分析し、傾向と対策を練りました。

英語ばかりに時間を取られていると、専門科目の勉強や
研究計画書のための時間が少なくなってしまうことを懸念し、
英語は必要な題材のものだけを選び出し、多読していきました。


最後は文献購読に力を入れ、ひたすら猛勉強。
原稿用紙に要約を書いていく練習をしました。


基礎が固まれば、あとは専門用語を補っていくことで
結果は必ずついてくると信じてやりました。


-------------------


この合格体験談の続きはこちらのページの
「受講者の合格体験談」をご覧ください↓
http://eigo-tokui.jp/voice/2014/04.html



この受講者さんが書かれているように、
和訳では基礎を固めることが一番大事。


単語の意味、文法、構文の把握、日本語の表現力、
これらのどれが欠けても正確な和訳にはなりません。


曖昧にしか分かっていない部分を
ごまかすかのような和訳は「意訳」ではありませんし、
採点官にすぐに見抜かれてしまいます。


一度、添削指導を受けてみて、
減点につながる自分の弱点や癖が何かを把握し、
1つずつ克服していきましょう。



★新刊『1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール』

(KADOKAWA中経出版)全国書店で絶賛発売中です↓

http://delta-scope.com/book_29reading.html


読者登録してね    ペタしてね


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年10月24日(金)

大学院の合格体験談「講座で培ったことが研究生活でも生かされている」

テーマ:講座のお知らせ

添削講座の受講者さんから、またまた合格報告が届きました!


合格体験談もアップしましたので、

こちらで紹介させていただきますね!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



講座で培ったことが研究生活でも生かされている



ペンネーム:M・Tさん


『大学院英語 基礎講座』『大学院英語 完成講座』を受講

同志社大学大学院 総合政策科学研究科にに合格



■ 今回の入試ではじめて記述式問題に向き合うことに


私はもともと英語が好きという認識があまりなく、

大学で英文購読の授業をあえて履修しないように学生生活を送っていました。


大学受験時はセンター試験の対策などで英語の勉強はしたものの、

大学入学以降は英語の授業を積極的に履修していなかったこともあり、

英語からは離れる一方でした。就職活動に備えてTOEICは受験したものの、スコアは600点台前半で、


英検も高校3年生の時に合格した英検2級が最後です。

そこまで英語が得意というわけではなかったのです。


また、高校受験、大学受験と今まで「選択式問題」にしか向き合ったことがなく、

大学院修士課程受験の際は、幸いにも英語の受験が免除されていました。


しかし、私が今回志望していた大学院博士課程では

「記述式問題」が求められ、まさに追い打ちをかけられたわけです。

大学院受験にあたって、英語の問題に向き合っていても、

自分で解いた答えが合っているのかどうかがよく分からない状態でした。


選択式問題を中心に英語に取り組んできた私は、

いわゆる「精読」をしたことがほんどありません。


そして精読をしたことがないということは、

大学院英語特有の長文和訳問題と真剣に向き合うのは、

人生で初めての出来事だったわけです。


市販の参考書の模範解答を見ながら自己採点式で復習しても、

自分の答えが合っているのかどうか不安に思う毎日でした。

というより、長文和訳問題の解答の仕方が分かっていなかったので、

むしろ間違った状態で問題集を解き続けていたのだと思います。


誰か専門の方に、自分の答えの正誤を判断してもらえるツールはないかと

探していたところで、たどり着いたのが『大学院英語 入試対策講座』でした。



■ 最後の添削問題の結果が良くてとても嬉しかった


この講座では、入門レベルから本番レベルまで

段階的に問題が用意されており、さらに先生の添削も適確で、

「問題を解く」→「添削結果から復習する」→「次の問題を解く」を繰り返す学習スタイルです。


最初の添削結果は案の定あまり良くなく、

復習をして次の問題を解いても、添削結果が思わしくない状態がしばらく続きました。

本番が近づくにつれ焦りも出てきたのですが、

大学院特有の専門用語を覚えるのに力を入れたり、

英文法の勉強にもチャレンジしたりしました。


時には、大学受験当時に使っていた参考書を開こうと思ったこともあったのですが、

添削講座を信じ、テキストを丸暗記するくらいの勢いで勉強しました。

そして、少しずつではありますが、和訳が改善されていき、

最後の添削問題の結果が良かったとき、とても嬉しかったのを今でも覚えています。


もしかしたら、先生から試験に挑戦する私への激励としての

「お情け」かもしれないのですが(笑)。

やはり、褒められると嬉しくなり、勉強がどんどん進んでいきました。


テキストも非常に充実しており、

添削問題だけでなく自習用問題も豊富で、とても勉強になりました。

-------------------


この合格体験談の続きはこちらのページの
「受講者の合格体験談」をご覧ください↓
http://eigo-tokui.jp/voice/2014/02.html



この受講生の方は博士課程の受験として

当講座を利用されたようです。


大学院の博士課程の入試でも

英語では和訳問題が頻出です。


問われていること、採点基準は修士課程の試験と同じですので、

ぜひぜひ添削講座で勉強して、

合格点のとれる和訳が書けるようになりましょう!!


★新刊『1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール』

(KADOKAWA中経出版)全国書店で絶賛発売中です↓

http://delta-scope.com/book_29reading.html


読者登録してね    ペタしてね


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年10月06日(月)

合格体験談「育児と仕事と両立しながらでも学習時間を確保できた」

テーマ:講座のお知らせ

10がーーーっつ!


神無月ですね。

全国の神々が出雲に集まるのに不在になるため、

神「無」月なんですね。


ちなみに、出雲では各地の神様が集まるので、

神「在」月と言うんだそうです。



さて、そんなプチトリビアの後でなんですが、

大学院秋入試も一段落したところが多いようで、

添削講座の受講者さんからも続々と合格報告が届いていますよ!


合格体験談もアップしましたので、

こちらで紹介させていただきますね!



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


育児と仕事と両立しながらでも学習時間を確保できた


ペンネーム:I.Sさん


『大学院英語 基礎講座』『大学院英語 完成講座』を受講

東京大学大学院 教育学研究科に合格


■ 「頭の中で英文が理解できる」と「文字に起こして表現する」との違い


私は英語を専門にしているため、入試で英文和訳が出題されることは
自分にとって有利だと思い込んでいました。


しかし過去問にあたり、解答を作ってみようとすると、
実際に「頭の中で英文が理解できる」ことと、
それを「文字に起こして表現する」ことの間には
大きなギャップがあることを痛感しました。


独学での学習に限界を感じ始めていた時、
『大学院英語 入試対策講座』のことを知り、
第三者からの添削が受けられること、自習用課題等もいただけることなど、
自分の学習スタイルやニーズにマッチしていたため受講を決意しました。



■ 育児と仕事と両立しながらでも学習時間を確保できた


私は「基礎講座」と「完成講座」の両方を受講しました。
自習用テキストの「英語和訳で使える◯秘テクニック20」を一読した後、
問題の配信に合わせて必要な箇所をその都度見返しながら学習を進めていきました。


提出課題に関しては、「【解答・解説号】が配信される前に必ず解答を提出する」と
自分の中で決めて学習を進めました。


また、添削後の問題の復習も、次の問題が配信されるまでに
行うようにしていましたので、学習のペースを崩すことなく
課題に取り組むことができました。


この講座は添削問題や解答・解説の配信ペースが決まっているところや、
添削済み答案が数日で必ず帰ってくるところが非常に良かったと思います。


といのも私は5歳と、9歳の子ども達の子育てをしながら、
かつフルタイムでの勤務の傍らの受験準備でしたから、
何よりも学習時間の確保と、そのペースを保つということが大きな課題だったからです。

その点においてこの講座のスタイルが学習のペースメーカーとして
とても重要な役割を担ってくれていました。


忙しくなってくると、【解答・解説号】の配信を告げるメールが届いて
配信が間近に迫ることもありましたが、その都度どこかで時間を作って課題をこなし、
確実に学習時間を確保する事ができました。


-------------------


この合格体験談の続きはこちらのページの
「受講者の合格体験談」をご覧ください↓
http://eigo-tokui.jp/voice/2014/01.html



今回紹介した合格体験談の受講者さんは、
子育てと仕事と並行して、受験勉強をされていたようです。


それだけ忙しい中で勉強時間を確保して、

志望大学院に合格するなんて、

まさに「すごい」の一言。


この受講者さんは講座で時間配分を意識して取り組んだことで、
試験当日は時間のゆとりを持って解答できたんだとか!


その受験対策に添削講座が一役かったようで、

私としても嬉しいかぎりです!



★新刊『1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール』

(KADOKAWA中経出版)全国書店で絶賛発売中です↓

http://delta-scope.com/book_29reading.html


読者登録してね    ペタしてね


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月24日(火)

新しい合格体験談をアップしました(明治大学大学院)

テーマ:講座のお知らせ

「臨床心理士指定大学院 入試添削講座」に

新しい合格体験談 をアップしました!



今回は明治大学大学院の合格体験談です。



今回の体験談で印象的だったのは以下の内容です↓


>最初は、分からない箇所だらけで、出すのが恥ずかしくなるくらい

>ひどい答案でした。帰ってきた添削済み答案を見るともちろん赤だらけ。

>しかし、一つひとつの英文に、丁寧に分かりやすく解説が書いてあり、

>どんなちょっとした質問にも、先生は丁寧に答えてくれたので、本当に助かりました。

>教材テキストには、訳し方のポイント、心理系英文でのルール、

>注意すべき文法や単語、その英文に関連する心理学の知識が

>まとめてあったので、こちらも復習に役立ちました。


この受講者さんは最初は添削問題に相当苦戦されたようですね。
でも、間違えた分だけ復習を頑張られたようです。


実は添削指導の理想はこの形。


たくさん間違えて、その分を復習でばん回する、
その方が実力はぐんぐんアップしていきます。


最初はあまり答案の評価がよくなかった方も、
答案をすべて出した後に受験すると、
有名大学院に合格なんてケースが毎年のようにあります。


最初からできるなら、講座を受講する必要はありませんから、
間違えることは決して恥ずかしいことではありません。


これまでの受講生を見ていて、
復習に時間をかけた方が受験を制すと、私は考えています。



読者登録してね    ペタしてね


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。


--------------------------------


■デルタプラスのサイト

英文法 の学習サイト

大学院 の受験情報

大学院英語 に特化した入試添削講座

臨床心理士 の資格や指定大学院の受験情報

臨床心理士指定大学院の心理英語・専門科目 の入試対策講座

心理学用語 のテクニカルターム集

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年10月29日(火)

合格体験談をアップしました!

テーマ:講座のお知らせ

「臨床心理士指定大学院 入試添削講座」に

新しい合格体験談 をアップしました!



今回は仁愛大学大学院の合格体験談です。



今回の体験談で印象的だったのは以下の内容です↓


>専門科目講座では、1つの用語や概念について詳しく説明してあり、
>独学ではできなかった部分まで勉強することができました。

>問題の模範解答や解説も、複数の参考書や辞典を使わないと
>勉強できないぐらいの内容の濃さで、
>それを分かりやすく説明してくれていたのでとても助かりました。


「複数の参考書や辞典で勉強しているくらいの内容の濃さ」


これこそまさに当社の講座の強みでもり、

「うま味」でもあるのかも!


この講座は近年の入試傾向にあわせた解説を掲載しています。


独学で勉強するにしても、
参考にする書籍の数には限界がありますよね。


この受講生の方が書かれているように、
こうした内容の濃い解説を読むことで、
独学ではカバーしきれない部分を埋めることができます。


受験勉強は時間が限られていますから、
その時間の中で、どれだけ質の良い勉強をするかが
合否を分ける鍵となるんです。



読者登録してね    ペタしてね


--------------------------------


■英語和訳メルマガの登録

英語和訳メルマガは自社配信に移行しました。

いつもの解説や添削タイプのメルマガは自社配信でしか配信しませんから、

まだの方は以下から必要事項を登録してくださいね↓

http://delta-scope.com/magazine.html


登録は1分もかかりませんので、簡単です。


--------------------------------


■デルタプラスのサイト

英文法 の学習サイト

大学院 の受験情報

大学院英語 に特化した入試添削講座

臨床心理士 の資格や指定大学院の受験情報

臨床心理士指定大学院の心理英語・専門科目 の入試対策講座

心理学用語 のテクニカルターム集

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。