今年は平和を祈る

テーマ:

 「明けましておめでとうございます」田村の新年の挨拶から始まった今年の木曜会。毎年恒例の大德寺昭輝先生と田村の二人会です。

 

 「大德寺先生はちょうど50歳の誕生日にショールームに来たんですよ。その前年に鳩居堂で初めて展覧会を始めたんです。その時にお祝いに行ったんで、そのお礼に来たのが1か月後の僕の誕生日。なにこれって?今年の2月1日で、ちょうど27年のお付き合いになりました。その日に芹沢光治良先生の所へご案内されて。高名な芹沢先生が大德寺さんを前にして、子供みたいだったんですね。神様に対する純粋な気持ちを表現していて、勉強になりました。毎年毎年1年の最初の木曜会に登場ねがってます。僕は何だか知らないけど、いつもお叱りを受けるのよ。よっぽど神様の道と外れてることがあるのかと思うんだけども」と田村が大德寺先生をご紹介。

先生は大きな拍手に迎えられて、お着物で登場されました。

 

 先生は平成元年より湯河原にお住まいで、当初は川口の4畳半と6畳の長屋に家族5人でお住まいになられていたそうです。家が倒産して、父親が脳出血で半身不随になり、母親が付き添う為、収入がなくなり、先生は大学をやめて、弟や妹の学費を稼ぐ為、朝から晩まで働いていたそうです。朝4時位からコンビニで働いていると、賞味期限のお弁当をくださるそうで、それで、家族は1~2年食べていけたそうです。このように人の温かさにふれて、お助け活動を始めていったそうです。

8のつく日に、数百人の方が来て、お祈りやお話のときを過ごしていたそうですが、その時は家に入りきれないので公園でお待ちいただいて、順番に家に入っていただいたそうです。トイレや風呂場まで使用されていたそうなので、大盛況だったんですね。

 

 当時は家も狭いので、冬の寒い時期に相談のお客様が来ると、先生の父親が「俺が個人的な話を聞いてはいけないだろう」と言い、   半身不随だったために、装具をつけて、話が終わるまで公園で待っている後ろ姿を、先生は今でも忘れられないと、目に涙をためて語られました。

現在でも湯河原の自宅で、8の付く日にはお祈りやお話のときを過ごされているそうです。

 

 芹沢先生との出合いも不思議で、文学青年でもなかった先生は、芹沢先生のお名前も知らなかったそうですが、新宿の居酒屋で深夜2時までバイトして居た時、神様から「芹沢光治良先生と会いなさい」とお告げがあったそうです。

勿論先生はご存知なかった訳ですが、神様に「段取りしてあるから会えます」と言われたそうです。

その当時、先生の父親のいとこが東大の教授をご存知で、それから教授と交流が始まり、神様に言われた通りに、教授に「神様から芹沢

先生に会いに行けと言われ、お手紙を持って来たのですが、芹沢先生をご紹介して下さる方をご存知ないですか?」と教授にお願いしたら、教授自身が6年前から芹沢先生とお知り合いで、紹介して頂いたそうです。また教授と芹沢家を繋いだ方が大德寺先生の御爺さんの弟だったことを、後に知ったそうです。神様から道をつけられていたんですね。

 

 先生のいとこが病気になり2か月程入院された時に、介護について色々と学ばれたそうです。

看護師さんも人間だからやさしくしてあげる、看護を受ける側も家族も偉そうにしてはいけない。「言霊」が大切。

「ありがとう」と言い、やさしくしてあげるようにと先生はおっしゃいます。

またお見舞いに行くだけじゃいけない。お見舞いに行ったら何が出来るだろうかと考えたそうで、きっと自分が臭いと思うと患者さんも臭いと思い、先生自ら、看護師さんの見えないところで、身体をふき、おしめを替え、毎日シーツを良い香りの洗剤で洗濯したそうです。

またカサカサしている体中を毎日オイルでマッサージをし、看護師さんに了解を得て、髪も切ってあげ、人間らしくしてあげたそうです。

すると、患者さんの熱も下がり、病気もみるみるうちに回復し、看護師さんも「患者さんが、これだけ回復したのは、家族の方の愛ですよ」と

言って下さり、先生は「神様」を信じることが大切だと、つくづく思われたそうです。

 

このように数々のご経験やご苦労から、先生のありがたいお言葉が出てくるのですね。

 

先生が毎回行かれる美輪明宏さんのコンサートで感動した「老女優は去りゆく」を、昨年のコンサートで初めて歌った話を田村が聞き、突然のリクエスト。

「別料金いただきます」とジョークを言いながら、アカペラで特別に歌っていただきました。

セリフのあるドラマチックな歌を、感情のこもった美しく伸びやかな歌声でうたいあげ、場内から多くの拍手が湧きあがりました。

「スタンディングオベーションがないですね」という先生の言葉に場内は爆笑。

どんなに曲が良くても詩が良くないと心に残らない。詩は言葉なんですよ。さらに先生はもう1曲、平和を祈り「鳥の歌」を歌って下さいました。場内のお客様は先生の包み込むような歌の世界に、とても感動されていました。

 

最後に「今日は今までで僕に対して一番やさしい会でした」と田村の言葉に、場内は大きな笑い声に包まれました。

毎年、いじられ、叱られしていたのだそうです。

 

新年初めの木曜会は笑いあり、歌あり、感動ありの贅沢な会でした。

大德寺先生、来年も楽しみにしております!

先生、お客様、有難うございました。

明けましておめでとうございます。

今年も一年木曜会に是非ご参加下さい。

心磨き、そして健康な身体への道を模索しながら、皆さまと共に学んで行きたいと思っています。恒例となりました大徳寺先生をお迎えしての新しい年の木曜会のスタートです。

チョッピリ辛口ですが、愛がいっぱいのトークは神様からのお年玉です。

年に一度のご出演を楽しみになさって下さい。

昨日は今年最後の木曜会でした。

 

「今年一年、本当にお世話になりました。25年以上木曜会は続いてます。毎年最後に皆様とお目にかかるのが、楽しみなんですね。今日は私の会です」と

本人の挨拶で始まった木曜会。年末にも関わらず、沢山のお客様が来場して下さりました。

 

「今年の最初の季刊誌で提唱した、毎年、年間ベスト・ショットの写真を決めて、一冊にまとめておいたら、写真を見ただけでその年に何かあったかが分かりますよね。提唱初年度の昨年は、腰痛対策として、山蔭神道の節分の時に送っていただいた御札を腰に差した写真でした。今年のベストショットは、今から45年も前の写真。エルヴィス・プレスリーの専属カメラマンが何とネットで売りに出していたものを、津市の広瀬さんが見つけて湯川に送ってきたものです。エルヴィスと湯川さんとのスリー・ショットの写真です。世の中に出ていた写真は、エルヴィス側から正式に送ってきた写真でしたが、今回のものは、私が真面目に立っている表情の写真とは違って、私だけが笑っている。微笑んでいる写真でした。見たこともありませんでした。あえて、45年前の写真にしました。そして、メインの話は、体調不良の話を、ハインリッヒの法則に当てはめてのお話です」と田村。

 

きっかけは、先日あるお客様から「田村さんは身体を調整するすごいダイヤモンドを作ったのに、いつもあっちが痛い、こっちが痛いと言っていますよね」という疑問を投げかけられました。この事をきっかけに、次号の季刊誌では、自らの病気遍歴、そして、いかにして対処して今につなげているか。その結果、120歳まで生きようと決心したかなどの特集記事が組まれています。

そのテーマを、ハインリッヒの法則によって説明しました。1930年代、アメリカのハインリッヒ氏が工場管理のシステムとしての法則性を示したもの。自らの病歴の話をハインリッヒの法則で説明。1件の重大な事故・災害の背後には、29件の軽微な事故・災害があり、その背景には300件のヒヤリ・ハッとする異常がある」という労働災害に対する経験則の一つ。これを、健康・長生きの為に当てて説きました。体調不良は、300のヒヤリ・ハッとに当てはめる。医師に掛かった病は、29に当てはめて、改善。だから体調不良は、120まで生きる為に起る身の内からのメッセージ。有り難きことって。その結果、人にとっての一つの大事故=死を防ぎ、魂の完成の為に120才まで生きる。生きましょう、という話でまとめた今年最後の木曜会でした。

田村はこの工場管理の法則を先祖供養の先生が、子孫に起ることと先祖との関係で説くのを聞いて、自らの体調不良と健康・長生きに当てはめての説明でした。先祖における色々な出来事が、病いや事故・借金や人間関係の問題につながっている。解決の為には、出来るだけ遡って、除籍謄本を取らなくてはならない。それをすることで、先祖たちの癖が出てくる。その癖を学んで解決すると、子孫にヒヤリ・ハットも起きなくなるばかりか、事故も起きなくなる。病いは、一瞬に消える。これは、宇宙の法則なんです、と先祖供養の大切さを教えられた通りに田村はお客様に語りかけました。そして、

 

ゲストにはイタリアで大成功されたソプラノ歌手、倉原佳子さんが登場。

「天夢」の会場にはもったいないようなゲストの登場に、お客様も大喜び。

映画「慕情」で有名な『Love Is a Many-Splendored Thing』、

『私の愛しいお父さん』、『アヴェ・マリア』の3曲を披露して下さりました。

その美しい歌声は、まるで天使が舞い降りて来たようで、お客様もうっとりした表情で聞き入っていました。

来月ご出演されるコンサートがサントリーホールで開催されます。ご興味のある方は是非お出かけください。

 

後半は、一年最後の木曜会恒例の食事会でした。会場を立食パーティーの場に変えて始まりました。最初指名されたのは、タイにお住いの、うさとのデザイナーで知られる佐藤卯三郎さん。ご挨拶して頂きました。また乾杯の音頭は、先日木曜会にも講師として来て頂いた、木内茂二さんの一声で始まりました。

 

会場には、例年の経験で皆さまの喜ばれる、お寿司や鳥の唐揚げ等と共に、田村大推薦の吉野家の牛丼の上だけをテイク・アウトして、白米を酵素玄米に変えて、お召し上がりいただきました。EAVオール50の牛丼を始めて召し上がったお客様は、とても美味しいと言って下さり、用意した分がすべてなくなる程、大好評でした。普段お食べにならない方が多かったからでしょうね。

酵素玄米の牛丼を食べれるのは、エイトスターだけですね!

 

場内を盛り上げてくださった倉原さん、いつも木曜会にご出席してくださいますお客様、ありがとうございました。

 

新年の木曜会は、1月11日からです。毎年恒例の大徳寺昭輝先生と田村の二人会になります。今年も一年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎え下さい。

 

※倉原佳子さんご出演、根本昌明指揮

「プロの精鋭によるレーベンバッハ特別演奏会」

2018年1月24日(水)18:00開場 18:30開演

場所 サントリーホール

全席指定 前売り S席¥10.000(ペア前売り ¥18.000 

レーベンバッハ音楽企画のみ取扱い)

         A席¥8.000 

B席¥6.000 (当日券はそれぞれ1.000円アップ)

主催:レーベンバッハ音楽企画  (お問い合せ ℡080-5377-3303)