この世の極楽。

煩悩の海で溺れながらも、出家して早14年。
そんな英月がお届けする仏教のABC。


テーマ:
今はもう、お店をクローズされたけど
サンフランのカストロ地区にあったレストラン。
Ma Tante Sumi





この場所で始まった
「サンフランシスコ写経の会」 キラキラ





その後、私が勤めていた
語学学校に場所を移し…。





続けていた、会 キラキラ 
私が日本に帰った今も、続いている 好

が、ここにきて、ピンチです!

なんと…。

2月の「写経の会」参加者が
まさかの幹事さんだけ なく 

幹事さんは、サンフランから
ちょっぴり離れた所にお住まい。

遠くから来て、会場を整えて
そして誰も来られなかった、と思うと…。

心苦しいよ ううっ... 

とは言ったけど…。





今月の「サンフランシスコ写経の会」の資料。

この資料も「趣味で作っていますー。
読んでも、読まなくてもいいですよー」
と、いつも言ってる。そして、心から、そう思ってる。

でも正直なところ
先月、幹事さんだけだったと聞いたら…。

「誰が読んでくれるんだろう?」
「誰のために書いているんだろう?」

そう思うと、なかなか筆が進まず
資料を作るのに、何日もかかってしまった あせる

でも…。


ふと気付いた。 
「私が読んでる!」って
他でもない私が、読んでいる ニコ 

そもそも「サンフランシスコ写経の会」は
「誰かのため」や「何かを得るため」に、始めた会じゃナイ。

ましてや、会に来られる人数を増やす会でもない。
もっと言えば、私が日本に帰るときには
まさか続くとは思っていなかった。

それが、帰国後5年以上も続いてる 感動 

続くのも、ご縁。続かないのも、ご縁。
会にその身を運んで頂けるのも、ご縁。
行きたくても行けないのも、ご縁。

けれども、ひとつだけ確かなこと。
それはこの会が続いていなかったら、
毎月、資料を作っていなかったら、
今のこの私は、いないということです 好 

幹事の皆さん、そして
その身を運んでくださっている皆さん。
その身は運べずとも
心にかけてくださっている皆さん。

ほんと、ありがとです shokopon 


今月の「サンフランシスコ写経の会」
14日(月)午後6時から。
場所は、サンフランシスコ日本町
California Bank & Trustの2階会議室です ラブラブ 

「SF写経の会」のブログ → 「初めての方へ」
会場への行き方 → コチラ




Have a nice day!!
素敵な一日 音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。