J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
昨日(5月17日)、怪物ベストセラー本のシリーズ最新刊
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(邦訳版)が、遂に
英語版発売から10カ月遅れで発売された。

原題は『Harry Potter and the Half-Blood Prince』で、
正確に邦訳するなら「ハリー・ポッターと混血の王子」
となる。その方が風情はあるよね。でも、まあ、この程度
の変更なら許せる範囲かな?

小説の場合、日本では10万部で「ヒット」と呼ばれるなか、
初版200万部は驚異的。しかも、シリーズ4作目以降は、
上下巻セットで単価が普通の本の2~3倍と高額。さらに、
委託販売(売れなかった分は返品すれば代金が書店に戻る)
が常識の業界で、買い切り制(20冊以上の注文なら5%まで
は返品可能)という異例ずくめの販売形態だ。これは小さな
書店にも本が並ぶよう配慮されてのことらしいが、この方法
が前作では、過剰在庫(売れ残り)問題にも発展した。

2004年発売の第5弾『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
(邦訳版)が初版290万部だったのに比べ、90万部も数字
が落ちているのは、前作で懲りた書店の対応のせいだろう。



J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
同シリーズ旧作は、いまだ売れ続けているので、実売部数は
よくわからないが、初めて上下巻セットで買い切り制が導入
された2002年発売の邦訳シリーズ第4弾『ハリー・ポッター
と炎のゴブレット』は、350万部出荷のうち、10%相当の
約35万部がまだ在庫として書店に存在しているようだ。

とはいえ、シリーズ累計2000万部の売り上げを突破している
ことは確実で、邦訳版のみで平均しても300万部超の実売
は間違いないところだろう。

一方、先月(4月)中旬にDVD発売されたシリーズ4作目
となる映画の最新版『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
の売れ行きも絶好調で、すでに100万セットを売り上げた
らしい。これで、シリーズ1作目から全作100万枚を突破
したことになり、もちろん史上初の快挙。シリーズトータル
でのDVD売上も、歴代トップの記録というから、とにかく
凄い。まさに、怪物シリーズだ……。ただし!

唯一、問題と思われる点は、映画の興行成績が日米ともに、
いまだ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』を超えるもの
がない、という大問題である。単行本の実売部数も、累積で
1作目が一番多いのではないだろうか(本の場合、販売年月
が最も長い1作目が一番でも仕方ないとは思いますが……)

実際、映画の出来としては、どうなんだろう……やっぱり、
1作目が一番良かった?

全米では4作目が1作目に次ぐ興行成績(歴代トータル25位
の約2億9000万ドル)を記録しているけど、これが2番目に
出来が良かった?……かっていうと、一概に興行成績どおり
というわけでもないようで……。

現在までの最新作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を
観た、詳細はそのうち……なんて書いておきながら、またも
半年が過ぎてDVDまで発売となってしまいました(笑)。

そこで、これを機に過去4作を順次、語り尽くされていない
部分を探しながら、振り返ってみようかなあと思います……
(トビトビでの更新になるかもしれませんが、気長にどうぞ
よろしく……笑)



J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)




ピアノソロ 中級 ハリーポッターと炎のゴブレット 豪華カラ



ワーナー・ホーム・ビデオ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版



ワーナー・ホーム・ビデオ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (UMD Video)



「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)/J. K. ローリング

¥3,990
Amazon.co.jp

ハリー・ポッターシリーズ全巻セット/J. K. ローリング

¥22,155
Amazon.co.jp

AD
著者: 日向 咲嗣
タイトル: 払わずもらえる!「国民年金未納」マニュアル


すんごいタイトルの本だなあ、


と、思わず興味が湧いてしまったので
今度、買って読んでみようかと……。


しかも、腰巻きの宣伝文句がまた、すんごい。


「年間16万円の保険料が0円に!
1円も払わずに(将来)年間6ヵ月分の年金がもらえる!!」


って、ホントですか?


詳しい内容は、本の表紙をクリックして見てみてください。



(追伸:たまには、こんなミニ情報もいいですよね?)

AD
今週、あるフリーのベテラン週刊誌記者の方とお会いした。
その時、彼の同業者である鈴木晃さんの消息についての
話となり、個人的にショックな事実を知らされた。
「鈴木晃さんは亡くなられましたよ。私も聞いた話で、
確かなことはわかりませんが…」

鈴木晃さんとは、1年近く前まで
しょっちゅうお会いしては昼飯などを御馳走になっていた。
数年前に脳梗塞で倒れ、それ以降はリハビリも兼ねて
自転車で都内を回るのが、鈴木さんの日課だった。
そのついでに時々、自分のところにも立ち寄り、
突然現れるという感じだったような気がする。
それがある日、プッツリと消息を絶ってしまった。
携帯電話にも何度か留守伝のメッセージを残したが、
返事が来ることはなかった。

鈴木晃さんは北海道出身で、年齢はよく知らなかった。
多分、50~60歳ぐらいなのではないかと思う。
いかがわしい商売を経て兜町に居すわるようになり、
バブルの頃は個人の裁量で、
一日に数百億円もの大金を動かしていた(本人談)
という仕手株筋の人(要はインサイダー取引業者)
で、女性もより取り見取りだった(本人談)
という、まさにバブルの体現者として毎晩
銀座で飲み歩く羽振りのいい生活をしていたらしい。

その頃から、兜町の裏話などを依頼されて本に著す
ようになり、バブル崩壊後は相当な借金を抱えて
同業者たちが自殺したり行方不明になっていくなか、
裏ビジネス系の週刊誌記者として多数の記事や単行本を
書いて生き延びてきた数少ないバブル長者の残党だ。
しかし、ペンネームをいくつか持っていたため、
その全貌は誰も把握できていないようだ。
実際、鈴木晃という名前が本名かどうかさえ疑わしい。

鈴木さんはフリーの週刊誌記者の例に漏れず、
企業スキャンダル的なネタも主要な題材にしていた。
その筋の脅迫や嫌がらせも相当あったらしく、
かなり危ない橋を綱渡りしていたのか、
住所や携帯番号もしょっちゅう変わっていた。
「実は家族がいるらしい」という話も外部から
聞いたことはあるが、プライベートなことは
一切秘密にしているようだったので、
特に尋ねることもしなかった。

だから突然、音信不通になることも珍しくなかった。
それでも、1年近く連絡がないというのは
これまでにない事態だった。
もしかしたら……とは思っていたが、
こちらからは連絡の取りようもなかった。
そのうち、また突拍子もないスキャンダルのネタをつかんで
自慢気に話に来るような気がして、実は楽しみにしていた。
手鏡の一件で有罪となった評論家・植草氏のことも
「某権力者に目を付けられ冤罪の機会をずっと狙われていた」
と話していた。今となっては、鈴木晃さんのヨタ話が
どこまで本当だったのかなど確かめようもないが、
いろんな裏話をよくしてくれた。
実はヤバイ状況になって、どこかに雲隠れして
身を潜めているだけなんじゃないだろうか、という気さえする。
だから「亡くなった」と聞いても、にわかには信じられない。

しかし、もし鈴木さんがこのまま姿を見せることがなかったら、
講談社から一昨年出版された『裏ビジネス 闇の錬金術』
が遺作ということになるのだろうか。
ついに鈴木さんも、ホントに闇の中の人となってしまった。
また、あの根拠のないヨタ話が聞きたい…。

もし、本当の消息を知っているという人がいたら、
(いないとは思うけど)連絡ください。
秘密は厳守します。



著者: 鈴木 晃
タイトル: 裏ビジネス 闇の錬金術



著者: 鈴木 晃
タイトル: 兜町のウラの裏がわかる本〈PART2〉
AD