また、かなり長いお休みに入ってしまったので、今日はチト
今までにない話題で一旦ブレイク(短くまとめる予定、笑)。

ウチの6歳の娘が去年の後半から「ラブand ベリー」という
ゲームにハマッている(ウチの娘だけじゃないんだけど…)。

ショッピングセンターなどに備え付けられている専用ゲーム機に
百円を入れると、お洒落アイテムやヘアスタイルなどのカードが
1枚だけ出てきて、それをスキャンするとオシャレに変身して、
そのオシャレ度によって、その後のダンスゲームの得点が変わる
というもの。ダンスゲームは、「ストリート」とか「ディスコ」
とか「舞踏会」とか、6種類ぐらいあり、それぞれにマッチした
ファッションでないとオシャレ度は落ちる。そのため、オシャレ
にキメて高い得点を出すためには、何枚もカードが必要になる、
というわけだ。

このゲーム機の前に、3歳ぐらいの小さい女の子から10歳以上と
思われるようような小学生、さらにその付添いの母親などまで、
連日、長蛇の列を作って集金マシンにコインを投じているのだ。

ウチの娘も去年のうちは興味津々、それを眺めているだけだった
が、ついに自分も始め、今では何十枚ものカードを専用ファイル
に入れて持ち歩くようになっている。

このゲームに並んでいる女の子たちは、その専用ファイルを二つ
も三つも持っていて、並んでいる女の子たち同志でカード交換も
盛んにやっている。同じカードを2枚持っていても仕方ないから
だ。おそらく、百枚以上持っている人はゴマンといるだろう。
専用ファイルも1000円ぐらいするので、間違いなく1万円以上、
「ラブand ベリー」に使っていることになる。しかも、その大半
が幼稚園児ぐらい。当然、その親がお金を払っているんだろう。

ウチの娘もアイテムカードを数多く揃えたいがために、何度も列
に並んで、アッと言う間に数百円を使い切ってしまう。あと百枚
揃えたい、と目を輝かせるのはいいのだけれど、その度に百円玉
を要求される。

果たして、こんなに簡単に百円玉を無尽蔵にどんどんと渡して
しまっていいもんだろうか?……と疑問を感じ、この4月から
お小遣いを月に500円ずつ与えることに決めた。もちろん、
「お金は無尽蔵ではなく、考えて使うことができるように、時
には我慢することも必要だ」ということを教えるためだ。

ところが、お小遣いの500円は、渡したその日のうちに全部
「ラブand ベリー」のゲーム機に消えた。

「もう今月はできないよ、全部使っちゃったんだから」
と言うと、「なんでぇ~!」という反応。これじゃ、
ちっとも勉強にならない。

まるで、子供のやりたいことを止めて、イジメているみたいな
気分にそのうちなってしまい、そこで「ママのお手伝いをした
ら、お小遣いがもらえるかもね」と言うと、「ヤーダー!」。
4月後半になると、「お小遣い500円じゃ足りない、800
円にして!」と、もう賃上げ要求。これにはまいった。

新しいファッションアイテムカードは次々と登場するし、
ブームになるのはわかるけど、幼稚園ぐらいの子供に
喜ぶからというだけで、そんなにお金を渡していって
いいものだろうか?

やりたがっている子供の興味を止めるのは、逆効果の育て方に
ならないだろうか?

今度はそこに「たまごっち」の同様のカードゲームが最近、
また設置され、5月のお小遣いは半分がそちらに消えて、
半分が「ラブand ベリー」に消えた。

母親は可哀相に思ったのか、「ラブand ベリー」のダンスゲーム
の音楽が入っているCDを買ってあげた。GWのドライブでは、
ずっとその音楽を何往復も聴くハメになった…。
子供が疲れて寝たの見計らって、CDをストーンズに換えた。
やっぱり、ストーンズはいいネ(笑)!

6月1日まで、ウチの娘は耐えられるんだろうか?

皆さんのオウチでは、子供のお小遣い、どうしてますか?

(やっぱり、ちょっと長くなってしまいました……笑)


セガ
オシャレ魔女 ラブ and ベリー(仮称)




オシャレ魔女 ラブandベリー 2005秋冬ソングコレクション




オシャレ魔女 ラブandベリー 2006春夏ソングコレクション
AD
dshu echoさん、読者の皆様、
ご心配をおかけして、どうもすみません!!

決して活動停止していたつもりはないんですが、
映画のことを話していると、どうしても長くなってしまって
「今日こそは更新しよう」と毎日毎日思っているんだけど、
ついつい1週間も更新できず……なんと怠慢な!

しかし同時に、ご心配いただいている方からメッセージを
いただけるなんて、なんと幸せな!!!

というわけで今日は日記風に短く、ちょっとブレイク。


実は昨晩、六本木4丁目に女性だけのスタッフ、
女性だけのバーテンをズラリと並べ、
大人向けの異空間を演出した「bar m」
(今晩正式オープンです!)の開店記念パーティがあり、
知り合いの社長さんからご招待いただいて
タダ酒を飲んでおりました……
(そんな時間があったら更新しろって?…ですよね)

なんでも、タレントの卵や現役モデルなどを店員やバーテンとして
30人ほど集めて訓練したそうな。ほとんどが20代前半で、
確かに粒揃い。私もカウンター越しに3~4人ほど
お話しましたが、最も長く私の相手をしてくれたのは、
どう見ても20代ではない最年長の店長さん……でした。

決して文句ではありませんよ(笑)、
本当にありがとうございました!

『コヨーテ・アグリー』のようなバーをやりたいねって
話してたら本当に実現してしまったんですよ、もちろん、
あそこまで派手なアクションはしませんが……と店長さん。

あくまでエグゼクティブな大人向けバー、とのことで、
チャージは男性3000円、女性1500円
(女性同志の来店も大歓迎だそうです)、
ドリンク一杯も1000円台と、やや高め。
「明日も来てくださいねー」
と軽く言われたものの、そんなしょっちゅうは無理ですよ~。
客単価9000円を想定してるそうですからね。

でも、一般平民にはキャッシュ・オン・デリバリーで、
チャージなしで立ち飲みできる場所も用意されている。
入口の空間がその場所で、十数人ぐらいは入れるかな。
ただし、そこでは肝心の女性バーテン群と話ができない。
考えどこだね。
もちろん、キャバクラじゃないので、誤解のないように!
『コヨーテ・アグリー』に出てくるバーの日本人向け高級版、
ってとこかな。

実は結構、『コヨーテ・アグリー』は好きな映画、っていうか、
ニューヨークが舞台の現代劇は、全部好きなんだよね。
好みなの。総合評価は★★★……ぐらいかな。



ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
コヨーテ・アグリー 特別版


意外と思われるかもしれないけど、
『コヨーテ・アグリー』の製作はジェリー・ブラッカイマー。
以前の彼は、常に最新トレンドをつくり出すような現代劇専門
のプロデューサーっていうイメージだった。多分、
『パール・ハーバー』が初の時代もの(歴史もの)
のプロデュース作品だったんじゃないかな。
歌手を夢見てニューヨークへ単身乗り込んだ主演の彼女は、
どこへ行ってしまったんだろう?
「bar m」も、そんな女性たちに会える場所なのかもしれない。
彼女たちにはメニューにないカクテルばかり注文して、
ホントにどうもすみませんでした……!

ちなみに、ご招待してくれた社長さんは、
監獄レストラン「アルカトラズ」で話題となり、
人気番組「マネーの虎」にも出演されていた安田久さん。
このバーの資金提供者なのか、プロデューサーなのか、
どうもそうではないらしいんだけど、その日は会えずじまい。
「さっきまでいたんですけどね」
と、安田さんとは20年来の付き合いがあるという男性スタッフ
(通常はお店にはいませんので、ご安心を……)。

安田久さんについては単行本の処女作『一攫千金』
を読めば、たいがいのことがわかる。
実に面白い本ですよ、お世辞じゃなく。
テレビドラマ化される、なんて話も進行してるそうな。
楽しみですね。また今度、そのうちお会いしましょう。



安田 久
一攫千金―なにをやってもサイテーな男の成功術

「bar m」の場所・詳細はこちらから
AD

いくら井筒監督が『Shall we Dance?』のことを
「嫌い」だの「くだらない」だのとボロカスにけなしたところで、
実害のない一般視聴者は「また、あのオッサン、ホザいてるわ」
と笑って聞き流せる。が、関係者となるとそうはいかないようだ。
モロに実害が及んでくるため、そんな井筒監督の暴言にマジで
激怒している人もいる。少なくとも二人の業界関係者から直接、
チョーお怒りのグチを聞かされたことがある。


あんまり詳しく書くと、その関係者が誰だかわかってしまう
かもしれないのでボカしておくが、一人はベテランの宣伝マン。
「こちトラ自腹じゃ」で宣伝中の映画が相当けなされたらしく、
抗議の手紙を実名の署名入りで書いて送った、と言っていた。


「どんな映画でも、0点はないでしょ。しかも、スタッフの苦労を
知っているはずの同業者が、同じ仕事をしている仲間たちに対して
0点をつけるとは許せない!」と、かなりお怒りの様子だった。


確かに、関係者にとって井筒監督のコメントは芸風とは言え、
ある意味、仲間うちによる裏切り行為的営業妨害ととられても
仕方ない。関係者のお怒りは、ごもっとも……のように思う。


だから、ハリウッド映画はケチョンケチョンにけなす井筒監督も、
こと日本映画に関しては、ややコメントの歯切れが悪い気もする。
やっぱり少しは知り合いが絡んでくるから、なんでしょうか?


もっともテレビ局のスタッフ中心で製作された『踊る大走査線』
に関しては、ケチョンケチョンだったけどね。ただ、まあ実際、
「なんでそんなにヒットしたんだろう」と『踊る大走査線』を
見てみたけど、確かにあまり面白くなっかた(総合評価★★)。

タイトル: 踊る大捜査線 THE MOVIE ~湾岸署史上最悪の3日間!~

しかし、それにしても井筒監督が言うように、主人公の刑事に
「自宅でセンズリ」のシーンが必要だったとは決して思わない。
すべてを見せるのが映画じゃなく、どこを見せるのかによって
何を描きたいのか、決まってくるのが映画ってもんだからね。
織田裕二の「自宅でセンズリ」シーンなんかあったら、
(マニア受けはするかもしれないけど…)
間違いなくヒットしてなかっただろうな。
発言の発想としては面白いけどね。


もう一人、井筒監督への怒りをブチまけていたのは、
監督の下で働いていた若いスタッフだ。
撮影現場で彼は、なんやかんやと細かいことまで相当
監督にどやされまくっていたらしい。それが突然、
自分の幼い娘からかかってきた携帯電話に出た途端、
「元気でちゅか?」というような赤ちゃん言葉になって
ニヤついていた、という監督のあまりの態度の落差に
「ハラワタが煮えくり返った」と話していた。


何がそんなにムカついたのかは現場で一緒に働いていた人にしか
実際問題わからないとは思うが、おそらく撮影現場での監督は、
例の調子で相当スタッフに怒鳴りまくっているんでしょうな。
そんな姿は容易に想像がつく。もう数年前の話だから、
今ではどうだか、よく知らないけど。
井筒監督の罵声や態度に怒っている人は、
決して少なくなさそうだから、
しっぺ返しが来たら、怖いね。

AD