J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
昨日(5月17日)、怪物ベストセラー本のシリーズ最新刊
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(邦訳版)が、遂に
英語版発売から10カ月遅れで発売された。

原題は『Harry Potter and the Half-Blood Prince』で、
正確に邦訳するなら「ハリー・ポッターと混血の王子」
となる。その方が風情はあるよね。でも、まあ、この程度
の変更なら許せる範囲かな?

小説の場合、日本では10万部で「ヒット」と呼ばれるなか、
初版200万部は驚異的。しかも、シリーズ4作目以降は、
上下巻セットで単価が普通の本の2~3倍と高額。さらに、
委託販売(売れなかった分は返品すれば代金が書店に戻る)
が常識の業界で、買い切り制(20冊以上の注文なら5%まで
は返品可能)という異例ずくめの販売形態だ。これは小さな
書店にも本が並ぶよう配慮されてのことらしいが、この方法
が前作では、過剰在庫(売れ残り)問題にも発展した。

2004年発売の第5弾『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
(邦訳版)が初版290万部だったのに比べ、90万部も数字
が落ちているのは、前作で懲りた書店の対応のせいだろう。



J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)
同シリーズ旧作は、いまだ売れ続けているので、実売部数は
よくわからないが、初めて上下巻セットで買い切り制が導入
された2002年発売の邦訳シリーズ第4弾『ハリー・ポッター
と炎のゴブレット』は、350万部出荷のうち、10%相当の
約35万部がまだ在庫として書店に存在しているようだ。

とはいえ、シリーズ累計2000万部の売り上げを突破している
ことは確実で、邦訳版のみで平均しても300万部超の実売
は間違いないところだろう。

一方、先月(4月)中旬にDVD発売されたシリーズ4作目
となる映画の最新版『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
の売れ行きも絶好調で、すでに100万セットを売り上げた
らしい。これで、シリーズ1作目から全作100万枚を突破
したことになり、もちろん史上初の快挙。シリーズトータル
でのDVD売上も、歴代トップの記録というから、とにかく
凄い。まさに、怪物シリーズだ……。ただし!

唯一、問題と思われる点は、映画の興行成績が日米ともに、
いまだ1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』を超えるもの
がない、という大問題である。単行本の実売部数も、累積で
1作目が一番多いのではないだろうか(本の場合、販売年月
が最も長い1作目が一番でも仕方ないとは思いますが……)

実際、映画の出来としては、どうなんだろう……やっぱり、
1作目が一番良かった?

全米では4作目が1作目に次ぐ興行成績(歴代トータル25位
の約2億9000万ドル)を記録しているけど、これが2番目に
出来が良かった?……かっていうと、一概に興行成績どおり
というわけでもないようで……。

現在までの最新作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を
観た、詳細はそのうち……なんて書いておきながら、またも
半年が過ぎてDVDまで発売となってしまいました(笑)。

そこで、これを機に過去4作を順次、語り尽くされていない
部分を探しながら、振り返ってみようかなあと思います……
(トビトビでの更新になるかもしれませんが、気長にどうぞ
よろしく……笑)



J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)




ピアノソロ 中級 ハリーポッターと炎のゴブレット 豪華カラ



ワーナー・ホーム・ビデオ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版



ワーナー・ホーム・ビデオ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (UMD Video)



「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)/J. K. ローリング

¥3,990
Amazon.co.jp

ハリー・ポッターシリーズ全巻セット/J. K. ローリング

¥22,155
Amazon.co.jp

AD

コメント(6)