malpaso

(前回の続き……写真は、この映画とは関係ありませんが、
このマルパソのロゴの帽子が欲しいなあ、と思って……笑)

今、全米で最も売れているクリント・イーストウッド関連
(監督のみ、出演のみも含む)作品のDVDは?

これが実に意外な結果で驚いている。答えは、
『荒鷲の要塞』(1968年)という戦争映画だ。

なんと40年近く前の主演作……驚いたのは、それだけじゃない。
正確にはリチャード・バートンが主演で、イーストウッドは二番目
という映画だからだ。今となっては、イーストウッドの名前が
最初に出て来ない極めて珍しい映画とも言える。最近の監督作
と『ダーティ・ハリー』シリーズ程度しか見たことのない人には、
特にこの結果を知ってほしい。つまり、いかにイーストウッド
というスーパースターがどういうところで支持されているのか、
DVDの売れ筋で窺い知ることができるからだ。ちなみに、
一位は『荒鷲の要塞』、二位は『マディソン郡の橋』(1995年)、
三位は『アウトロー』(1976年)、というのがTOP3。

二位の『マディソン郡の橋』は一応、10年以上前の映画だが、
イーストウッドのキャリアの中では、まだ最近の映画、って感じ。
それほどイートウッドのキャリアは深遠で、適当に数本見たぐらいで
いい加減なこと書いてるような記事を見ると腹が立ってくる。
この映画に関しては、これまでの彼のキャリアの中では異色な
感じだが、これ以降の彼の作品を見ていると異色な感じはあまり
しないかもしれない。詳しくは、またの機会にゆっくり話そうと思う。

三位の『アウトロー』は、イーストウッド監督主演の西部劇の代表作
だから、当然の結果!……南北戦争のドサクサで軍隊に一家を惨殺
された男が、戦争が終わってからも一人軍隊に対して戦争を続ける
という、全盛期のイーストウッドが堪能できるアクション映画だ。
そういう意味で、この映画は大好きだ…(総合評価★★★★!)
当時はアメリカ建国200年記念作品の一本として公開された。



ワーナー・ホーム・ビデオ
アウトロー 特別版

一位の『荒鷲の要塞』も、当然のことながら面白い。第二次大戦中の
ドイツを舞台に繰り広げられるスパイ・アクション的なノリの話だ。

1968年といえば、ハリウッドで仕事にあぶれたイーストウッドが、
イタリアに渡ってマカロニウェスタン・ブームの顔となり、
主演スターとして逆輸入される形でハリウッドに迎えられた年。

相手役のリチャード・バートンは、50年代から約30年間にわたって
ハリウッドで主役を張ってきた英国を代表するスター。特に60年代
は、エリザベス・テイラーと『クレオパトラ』で共演後、結婚・離婚を
繰り返す世紀のロマンスでゴシップを騒がせ、まさにキャリアの
最盛期にあった頃の主演作。
対するイーストウッドは、人気急上昇中とはいえ、初のハリウッド
大作への出演で、まだまだ初々しさが残っている頃。

そんな二人が、英米混成チームの代表として特殊任務を果たすべく
ドイツの要塞へ潜入する。目的は二重スパイを割り出すこと……が、
潜入チームにも二重スパイがいると知って、「なんじゃ、そりゃ?」
と、困惑するイーストウッドの顔がアクションより笑わせてくれる。
イーストウッドはいつも理性を失うことなく、困惑する演技がいい!

しかし、ネタバレなしに、この物語を紹介するのは難しいなぁ(笑)。

とにかくイーストウッドは撃ちまくる、そのケーブルカーでの戦いは
特に有名(特撮は40年近くも前の映画なので、文句は言うまい)。
最後に、イーストウッドが「今度こういう複雑な作戦をやる時は、
イギリス人だけでやってくれよな」と吐き捨てる、それがまた
いいんだよね、バリバリのイーストウッド的な発言で!(笑)

この複雑な戦争スパイ映画の脚本を書いたのは、イギリスの著名な
ベストセラー作家、アリステア・マクリーン。彼の小説は、60年代~
70年代にかけて十数本も映画化されているが、『荒鷲の要塞』は
初めて最初から映画のために書かれた物語で、小説になったのは
映画化の後だ。とは言え、彼の小説で最も英米で売れたのが、
この小説なのだ。間違いなく、映画も小説も、最も彼らしい傑作と
言えるだろう。彼の最も有名な作品『ナバロンの要塞』(1961年)と
同じく、戦争冒険小説的な色合いが強い作品で、そういう映画が
70年代以降(ベトナム戦争以降)、ほとんど製作されなくなり、
ヒット作の続編として作られても『ナバロンの嵐』(1978年)の
ように、オールスターキャストでもヒットしなくなってしまった
のは、寂しい限り。時代の要請で仕方がないんだろうとは思う
けど、今、戦争映画と言えば、ほぼ100%、反戦映画だからね。
たまには冒険アクション的な戦争映画も見たいと思ってしまう。

『荒鷲の要塞』は、戦争冒険映画というジャンルが成立し得た
最後の時代の傑作ではないだろうか(総合評価★★★★!)……



Alistair MacLean
Where Eagles Dare (Adrenaline Classics Series)



Alistair MacLean
Where Eagles Dare
特にオープニング、小太鼓の音が次第に高鳴り、
ブラスの音が重厚にかぶさるメインタイトルの音楽は、迫力満点!
あまりにその音楽が好きで、昔レコードを買ってしまったぐらい…
(笑)。日本ではCD化されていないのではないかと思うけど、
重苦しいサスペンス音楽と派手なアクションシーンの音楽の対比が
強烈で、しかもアルバムの最後には劇中に使われた第二次大戦当時の
ムード音楽なども入っていて、なかなか楽しめる出来の一枚でしたヨ。

作曲のロン・グッドウィンは、後に『ナバロンの嵐』でも
快活な戦争冒険映画的音楽で楽しませてくれた人。実は、
このテーマ曲、公開当時から結構好きで、レコード化されなかったのが
残念でならなかった。その後、CDにはなったのかな?
しかし、なぜかカセットテープで、この音楽を持っている。
不思議だ。どうしてなんだか、いまだによく憶えてないけど(笑)
……今でも、たまにこのテーマ曲が頭の中を過ったりする。
『荒鷲の要塞』とは全然、違うタイプの曲なんだけどね。



ワーナー・ホーム・ビデオ
荒鷲の要塞
AD

コメント(5)